本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   戸籍全部事項証明書(謄本)・個人事項証明書(抄本)の郵送請求の手続きについて
回答
 横浜市内に本籍地がある場合は、郵送で請求できます。    
 
 請求する場合は、請求用紙、手数料分の定額小為替(郵便局で発行)返信用封筒(返信先を記入し、切手を貼付)を同封のうえ、横浜市郵送請求事務センターに送ってください。
<送付先>
〒231-8307 横浜市中区尾上町1丁目6番地 横浜市郵送請求事務センター
 
<送付物>
・請求用紙

・住所が記載された本人確認資料(運転免許証、健康保険証など)のコピー

・手数料分の「定額小為替」(定額小為替は郵便局で発行)又は「現金」(現金書留)
 ※手数料は1通につき 450円
 ※国外から請求する場合は送料を加えた国際郵便為替
 ※手数料は市区町村によって異なる場合がありますので、横浜市外の市区町村に請求する場合は、請求先の市区町村役場にお問い合わせください
   
・返信用封筒(返信先を記入し、返信用の日本切手を貼付)
     
・この他、請求者本人から頼まれた場合は、委任状(請求者が自署押印したもの)が必要です。


◆請求用紙の記載内容
・請求する戸籍の本籍の表示(本籍の番地まで記載してください)

・戸籍筆頭者の氏名(請求する戸籍のなかで最初に記載されている人の氏名)

・請求する証明書の種類及び必要数(戸籍全部事項証明書(謄本)、個人事項証明書(抄本)の別。個人事項証明書(抄本)の場合は、証明する人の氏名)

・請求者の氏名、住所及び昼間ご連絡可能な電話番号・請求者と必要な戸籍との関係

・使用目的(本人請求による場合は、使用目的の記載は不要です。法令の規定により、手数料を免除できる場合がありますので、年金受給のために年金事務所に提出する場合などは使用目的を記載してください。)

・第三者の方(請求されている戸籍に記載されている人及び戸籍に記載されている人の直系親族である人を除く方)が請求者の場合は、請求理由等を詳しく記載していただきます。
 請求理由等が明らかでない場合には資料の提供を求めることがあります。
 なお、正当な理由があると認められない場合は、証明書を発行することができません。


※請求書は、各区長宛として作成をお願いします。
 また、請求書は請求1件毎に作成していただくようのお願いします。


 問合せは、関連ホームページを参照してください。

<関連ホームページ>
横浜市郵送請求事務センターについて

Q&A番号:153
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.