本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   訓練・介助器具助成事業の申請手続きはどうしたらいいですか。
回答
次の各取扱機関に事前にご相談ください。
・中部地域療育センター      (TEL 253−0358)
・西部地域療育センター      (TEL 353−6933)
・南部地域療育センター      (TEL 774−3831)
・北部地域療育センター      (TEL 942−3451)
・戸塚地域療育センター      (TEL 825−1181)
・東部地域療育センター      (TEL 441−7711)
・地域療育センターあおば     (TEL 978−5112)
・よこはま港南域療育センター   (TEL 882−1210)
・横浜市リハビリテーションセンター(TEL 473−0666)
・県立こども医療センター     (TEL 711−2351)(※1)
・横浜療育医療センター      (TEL 352−6551)(※1)
・横浜医療福祉センター港南    (TEL 830-5763)(※1)
・重症心身障害児(者)施設サルビア(TEL 576−3000)(※1)

(※1)当該施設利用の児童に限ります。

○手続きの流れ
1 取扱機関において、助成希望器具の効果と必要性について相談し、助成の要否判定を受けます。
2 必要と判断された場合は、事業者に見積書を依頼し、申請書とともに取扱機関に提出します(提出書類:見積書、申請書、必要に応じて処方箋、医師の意見書等)
3 取扱機関が申請書類をこども青少年局障害児福祉保健課に送付します。
4 横浜市が助成を決定した場合、助成決定通知書と助成券を発行し、取扱機関を通じて利用者あてに送付します。
5 申請者は助成券に署名、受領印を押した上で事業者に提出をします。自己負担を支払い、器具を受領してください。

<関連ホームページ>
訓練・介助器具の作成・購入費の助成

Q&A番号:1627
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.