本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > その他
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   外部監査人になりたい。
回答
(1)外部監査人になれる方につきましては、地方自治法第252条の28で、弁護士、公認会計士、行政の実務精通者及び税理士と規定されています。横浜市では、外部監査人の選定手続は、次のようになっています。

・選定手続の方法
 ア 3団体に対する推薦依頼(各3名程度の推薦)
依頼対象団体
 日本公認会計士協会神奈川県会
     横浜弁護士会
 日本税理士連合会東京地方税理士会
 イ 3団体から推薦等
 団体からの推薦書
  候補者本人からの意向書(包括外部監査に対する意向書)
 ウ 横浜市外部監査人選定委員会による審査 
選定委員会において、提出された推薦書及び意向書に基づき、専門能力、監査の実施体制、監査方針等について総合的に評価します。
 エ 選定委員会の選定結果の扱い
選定委員会の結果を市長に通知します。
市長は、この通知に基づき包括外部監査人を選定します。
 オ 外部監査契約を締結するに当たっては、議会の議決が必要となります。


(2)問い合わせ先  【監査事務局 監査管理課】
       (TEL 045−671−3360) 
        (FAX 045−664−2944)

<関連ホームページ>
外部監査制度

Q&A番号:1501
Q&Aよくある質問集 > その他

アクセシビリティについて
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.