本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   年金受給者の現況届の提出が不要になると聞いたのですが、本当でしょうか。
回答
日本年金機構では、平成18年10月(12月生まれの方から省略の対象)より、原則として、住民基本台帳ネットワークシステムを活用して現況確認を実施することになりました。12月生まれの方から現況届の提出は原則として不要となります。ただし、次の方などは現況届の提出が必要なため、現況届の用紙が送付されます。

1 日本年金機構で保有している本人確認情報(氏名、性別、生年月日、住所)と住民基本台帳ネットワークシステム上の情報が相違し、住民票コードを確認できない方
2 初診日が20歳前の障害基礎年金を受給している方
3 外国籍の方
4 外国に居住している方また、次の場合は、現況届以外の届が引き続き必要です。(提出が必要な届出は、日本年金機構から受給者の皆様へ送付されます。)
 ア 加給年金額を受けられている場合は「生計維持確認届」
 イ 障害の程度の確認のために診断書の提出が必要なとき

<お問い合わせ先>
〔各年金事務所〕
問い合わせ先は、関連ホームページを参照してください。

<関連ホームページ>
横浜市内年金事務所連絡先一覧

Q&A番号:1065
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.