本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 税金
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   固定資産税の証明書は誰が申請できますか。
回答
 固定資産税の証明書を申請できる方と、それぞれの方が申請できる証明書は次のとおりです。 なお、「物件証明」(未登記物件以外)及び「非課税証明書(土地)」はどなたでも申請できます。
(1)本人、合併により納税義務を承継する法人、納税管理人
   納税義務のある固定資産のすべての証明書
(2)相続人、相続財産法人管理人
   相続された固定資産のすべての証明書
(3)1月1日以降固定資産を購入された方など(現在の所有者)
   購入された固定資産の評価証明、公課証明
(4)固定資産の処分をする権利を有する方
   権利の目的である固定資産の評価証明、公課証明、土地・家屋総合名寄帳登録事項証明書
(5)訴訟等関係者
   訴訟等に関する固定資産の価格証明
(6)民事執行の申立てをしようとする方
   申立ての目的である固定資産の公課証明
(7)借地人・借家人
   借家及びその敷地である土地の評価証明、公課証明

<関連ホームページ>
固定資産証明申請書の使用方法

Q&A番号:1918
Q&Aよくある質問集 > 税金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.