本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
 
質問   駐車禁止除外指定車の標章(ステッカー)が欲しいのですが。
回答
下記の対象者が現に使用・利用中の車両で、「駐車禁止除外指定車(歩行困難者使用中)」の標章を掲出している場合には、次の場所で駐車できます。駐車禁止除外指定車標章は、対象者本人に対して交付されます。
(1)道路標識又は道路標示で駐車が禁止されている場所
(2)パーキング・メーター、パーキング・チケット設置区間(枠内に限る)

{対象者}対象となる方は次のとおりです。
身体障害者手帳を持っている方で、次のいずれかに該当する方
 ア 視覚障害1級から3級までの各級及び4級の1
 イ 聴覚障害2級及び3級
 ウ 平衡機能障害3級
 エ 上肢不自由1級、2級の1及び2級の2(上肢障害は両上肢2級以上、片上肢2級は対象となりません)
 オ 下肢不自由1級から4級までの各級
 カ 体幹不自由1級から3級までの各級
 キ 運動機能障害
  ・上肢機能1級及び2級
  ・移動機能1級及び2級
 ク 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう又は直腸、小腸機能障害1級及び3級
 ケ 免疫機能障害1級から3級までの各級
 コ 肝臓機能障害1級から3級までの各級
愛の手帳等(療育手帳)A1またはA2を持っている方
戦傷病者手帳の交付を受けている方のうち、指定項症に該当する方
精神障害者保健福祉手帳1級を持っている方
色素性乾皮症患者と認定された方

{注意事項}
「駐車禁止除外指定車」の標章を掲出しても、次の場合は除外されません。
 ア 駐停車禁止場所の駐車(道路交通法第44条及び第75条の8)
 イ 法定駐車禁止場所の駐車(道路交通法第45条第1項各号及び第2項)
 ウ 停車又は駐車の方法に従わない駐車(道路交通法第47条第2項~第3項)
 エ 車庫代わり駐車及び長時間駐車(自動車の保管場所の確保等に関する法律第11条第1項及び第2項

標章の掲出は表の面を見えるようにして当該車両の前面ガラスの外部から見やすい箇所(ダッシュボードの中央部など)にしなければなりません。運転者が車両を離れて直ちに運転することができないときは、運転者の連絡先又は用務先を記載した書面を標章とともに掲出してください。

{受付窓口}
手続きは住所地を管轄する警察署交通課 
 ※駐車禁止除外指定に関することは、下記にお問い合わせください。
  神奈川県警 駐車対策課 駐車禁止除外担当(電話)211-1212 内線5274
 ※手続方法などについては、事前にお問い合わせください。

<関連ホームページ>
駐車禁止除外指定車の指定

Q&A番号:221
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
アクセシビリティについて
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.