本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "ごみ・リサイクル" 【137 件中 121 件から 137 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 資源循環局の取組全般が分かるパンフレットはないか。
市民啓発向けパンフレット「きれいなまちに」 ・内  容 資源循環局が行う事業全般をわかりやすく紹介するパンフレット。 ・お問合せ 【資源循環局3R推進課】       (TEL 671−2530)
 
Q 工場に1年に集まるごみ量はどれくらいか。工場で1年にどれくらいのごみを燃やすのか。
関連ホームページ「ごみの処理について」をご覧ください。
 
Q 「ヨコハマ3R夢」推進会議・各区推進会議の違いは何か
 「ヨコハマ3R夢プラン」の推進に向けて市全体の推進会議として設置しているのが「ヨコハマ3R夢」推進会議です。「ヨコハマ3R夢」推進会議は市長を委員長として、各区局・統括本部長が構成員となっています。  「ヨコハマ3R夢プラン」の推進は、各区の地域特性等も考慮しながら実施していくことが効果的であると考えられるため、各区役所の区長を本部長とし、区民・事業者・行政が構成員なる推進会議等を設置し、区ご…
 
Q 「○○区○○町○○番地」が廃棄物埋立処分場跡地に該当するか教えてください。
 個別の土地が廃棄物埋立処分場跡地に該当するかどうかについては、お電話ではお答えしておりません。お手数をおかけしますが、産業廃棄物対策課の窓口にて御確認ください。  また、廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく指定区域に該当するかどうかについては、跡地関連のウェブページで御確認になるか、産業廃棄物対策課の窓口にて指定区域台帳により御確認ください。 〈関連ホームページ〉 産業廃棄物最終処…
 
Q 産業廃棄物処理業の変更届を出したいのですが、どうしたらいいですか。
<届出書類入手方法>  廃止・変更届出書は、産業廃棄物対策課発行の届出書類を使用してください。   ◆ホームページからダウンロード   産業廃棄物対策課のホームページ内「産業廃棄物処理業の許可申請及び廃止変更届について」からダウンロードできます。   ◆直接入手   産業廃棄物対策課窓口までご来庁ください。 <来庁又は問い合わせ先>   〒231-0013 横浜市中区住吉町1−…
 
Q 放置自動車の撤去に日数がかかりすぎる
 放置自動車の撤去・処理につきましては、「横浜市放置自動車及び沈船等の発生の防止及び適正な処理に関する条例」に基づき実施しています。  処理にあたっては、市民の方々からの通報等をもとに各行政機関への照会を行い、所有者の判明した車両については所有者に撤去させ、所有者が判明しない車両については、廃物判定委員会で廃物と判定後、公告をした後に横浜市で撤去しています。また、あわせて警察でも調査を行っているた…
 
Q 動物の骨の持ち帰りや個別火葬を希望するとき
【戸塚斎場】(TEL 045−864−7001)にお問い合わせください。
 
Q 家電リサイクル券の使用方法について
郵便局に所定の料金振込用紙がありますので、リサイクル料金を振込でいただきます。 なお、リサイクル料金は、メーカーや製品の大きさにより異なりますので、必ず確認した上で振込んでください。
 
Q (港北区)近所にごみが放置されているので何とかしてほしいのですが。
港北区役所地域振興課資源化推進担当に連絡ください。 電話540−2244
 
Q 家電リサイクル法の対象品は何ですか。
エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。これらは市では収集しません。出し方の詳細は下記HPを参照下さい。
 
Q 廃棄物交換システムについて教えてください。
(1)廃棄物交換システムについて ・事業所から発生する廃棄物の中には、他の事業所で資源として有効に再利用できるものがあります。それらの廃棄物についての情報を広く集め事業者に提供し、事業者が希望する廃棄物をあっせんすることにより、廃棄物の再利用を促進しようとする制度です。 (2)対象となる事業所 ・市内の事業所で、提供する廃棄物を直接排出する事業所及び自らその廃棄物を利用する事業所が対象となり…
 
Q 小型家電回収ボックスにより回収した小型家電は、どのように処理するのですか。
法律に基づき国の認定を受けた事業者に売り払い、リサイクル事業者において有用金属等を資源化するなど、適正に処理します。 なお、個人情報保護の観点からリユースは行いません。
 
Q 許可業者に対する苦情についてはどうすればよいですか。
一般廃棄物処理業者に関するご意見については、 資源循環局一般廃棄物対策課(電話:045−671−3814)に御連絡をお願いいたします。 許可業者への確認や現地調査などを行い、適切な指導をいたします。
 
Q “ヨコハマR(リデュース)ひろば”、“ヨコハマR(リデュース)委員会”とはなんですか。
 “ヨコハマR(リデュース)ひろば”は、市民・事業者・行政の3者が協力してリデュースをはじめとした3Rの取組を推進していくためのしくみとして、平成22年10月に設置されました。  具体的には、ウェブサイトなどを活用して情報受発信を行うほか、市民・事業者・行政の3者により構成される推進組織、“ヨコハマR(リデュース)委員会”において、提案された新たな取組について支援を行い、その成果を検証した上で、…
 
Q 引っ越してきたがごみは「いつ」、「どこへ」出したらよいか
 ごみ集積場所の設定や維持管理については、そこを利用される地域の皆様方の相互協力により行っておりますので、収集日も含め近所の方にご確認ください。  なお、近所の方に確認できないような場合には、お住まいの区の資源循環局事務所にお問い合わせください。  (お住まいの区の収集事務所の電話番号をご案内してください)
 
Q 自動販売機に併設する回収容器の大きさに決まりはありますか。
自動販売機1台につき30リットル以上のものを設置することが義務づけられています。 ただし、1台あたりに換算して30リットル以上であれば、複数台に1個の回収容器でも結構です。(例:2台で60リットルの回収容器1個)また、それぞれの販売機から回収容器までの距離は5m以内である必要があります。   ※電子申請あり
 
Q 今の『「ヨコハマ3R夢(スリム)!」広報大使』は誰がいるのか?
現在、横浜F・マリノスの皆さまに「ヨコハマ3R夢(スリム)!」広報大使としてご活動いただいております。 【問い合わせ先】  ・資源循環局3R推進課  ・所在地:中区住吉町1−13 松村ビル5階  ・電話番号:045-671-2530  ・ファクシミリ:045-663-5834  ・電子メール:sj-3rsuishin@city.yokohama.jp
 
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.