本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "ごみ・リサイクル" 【134 件中 121 件から 134 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 神明台スポーツ施設ではどのようなスポーツができるのですか。
 廃棄物の埋立処分が終了し、地盤が安定した区域を利用してスポーツ施設等を整備し、地域の方々へ開放しています。現在開設している施設は次のとおりです。    〇第1軟式野球場     軟式野球、ソフトボール      〇第2軟式野球場     軟式野球、ソフトボール                 (抽選日において利用申し込みがない場合、ゲートボール利用可)    〇サッカー場      …
 
Q (港北区)近所にごみが放置されているので何とかしてほしいのですが。
港北区役所地域振興課資源化推進担当に連絡ください。 電話540−2244
 
Q 自動販売機に併設する回収容器の大きさに決まりはありますか。
自動販売機1台につき30リットル以上のものを設置することが義務づけられています。 ただし、1台あたりに換算して30リットル以上であれば、複数台に1個の回収容器でも結構です。(例:2台で60リットルの回収容器1個)また、それぞれの販売機から回収容器までの距離は5m以内である必要があります。   ※電子申請あり
 
Q 市内に事業所(工場、店舗、診療所、建設現場等)を設置し産業廃棄物を排出しますが、届出は必要ですか。
・市内において、産業廃棄物を排出する事業所を設置する事業者の方は、事業所毎に、「横浜市廃棄物等の減量化、資源化及び適正処理等に関する規則」第40条に基づき、「産業廃棄物排出事業所届出書」(第44号様式)を提出することが必要です。 (1)届出対象となる「事業所」    産業廃棄物を排出する事業場全てが対象です。産業廃棄物の種類数や量の多少によりません。ただし、建設業等に関しては特別管理産業廃…
 
Q ごみの飛散や臭気、ダイオキシン等周辺環境への影響はないのですか。
 最終処分場では、周辺環境への影響を考慮し、次のような環境保全対策を行っています。 (1)飛散・臭気対策(埋立てが終了した処分場)    廃棄物の上を50cm以上覆土を行っています。 (2)飛散・臭気対策(南本牧第5ブロック廃棄物最終処分場)    焼却工場から搬送される焼却灰は充分に加湿し、集じん灰はセメントで固化処理した後に処分場へ搬入   されます。また、処分場の周囲に高…
 
Q 産業廃棄物処理業の変更届を出したいのですが、どうしたらいいですか。
<届出書類入手方法>  廃止・変更届出書は、産業廃棄物対策課発行の届出書類を使用してください。   ◆ホームページからダウンロード   産業廃棄物対策課のホームページ内「産業廃棄物処理業の許可申請及び廃止変更届について」からダウンロードできます。   ◆直接入手   産業廃棄物対策課窓口までご来庁ください。 <来庁又は問い合わせ先>   〒231-0013 横浜市中区住吉町1−…
 
Q “ヨコハマR(リデュース)ひろば”、“ヨコハマR(リデュース)委員会”とはなんですか。
 “ヨコハマR(リデュース)ひろば”は、市民・事業者・行政の3者が協力してリデュースをはじめとした3Rの取組を推進していくためのしくみとして、平成22年10月に設置されました。  具体的には、ウェブサイトなどを活用して情報受発信を行うほか、市民・事業者・行政の3者により構成される推進組織、“ヨコハマR(リデュース)委員会”において、提案された新たな取組について支援を行い、その成果を検証した上で、…
 
Q 焼却工場の見学をしたいが、どうしたらいいか。
関連ホームページ「焼却工場」の見学案内をご覧ください。
 
Q 今の『「ヨコハマ3R夢(スリム)!」広報大使』は誰がいるのか?
現在、横浜F・マリノスの皆さまに「ヨコハマ3R夢(スリム)!」広報大使としてご活動いただいております。 【問い合わせ先】  ・資源循環局3R推進課  ・所在地:中区住吉町1−13 松村ビル5階  ・電話番号:045-671-3593  ・ファクシミリ:045-550-3510  ・電子メール:sj-3rsuishin@city.yokohama.jp
 
Q 届出済証が古くなり、散乱防止責任者などの表示が読みとれなくなりましたが、どうすればいいですか。
再度記入していただくか、「届出済証亡失・汚損・き損届出書」を提出して、再交付を受けてください。   ※電子申請あり
 
Q 廃棄物交換システムについて教えてください。
(1)廃棄物交換システムについて ・事業所から発生する廃棄物の中には、他の事業所で資源として有効に再利用できるものがあります。それらの廃棄物についての情報を広く集め事業者に提供し、事業者が希望する廃棄物をあっせんすることにより、廃棄物の再利用を促進しようとする制度です。 (2)対象となる事業所 ・市内の事業所で、提供する廃棄物を直接排出する事業所及び自らその廃棄物を利用する事業所が対象となり…
 
Q 「ヨコハマ3R夢」推進会議・各区推進会議の違いは何か
 「ヨコハマ3R夢プラン」の推進に向けて市全体の推進会議として設置しているのが「ヨコハマ3R夢」推進会議です。「ヨコハマ3R夢」推進会議は市長を委員長として、各区局・統括本部長が構成員となっています。  「ヨコハマ3R夢プラン」の推進は、各区の地域特性等も考慮しながら実施していくことが効果的であると考えられるため、各区役所の区長を本部長とし、区民・事業者・行政が構成員なる推進会議等を設置し、区ご…
 
Q 『「ヨコハマ3R夢(スリム)!」広報大使』の活動内容について知りたい
「ヨコハマ3R夢!」広報大使である横浜F・マリノス様には、10月の3R推進月間を中心にポスターや音源による広報・啓発に出演いただいているほか、日産スタジアムのトリコロールランド内での啓発活動にご協力いただいております。また、「3R夢(スリム)!フェスタ」などのイベントで、3R夢(スリム)プランをPRしていただいております。 【問い合わせ先】  ・資源循環局3R推進課  ・所在地:中区…
 
Q 許可業者に対する苦情についてはどうすればよいですか。
一般廃棄物処理業者に関するご意見については、 資源循環局一般廃棄物対策課(電話:045−671−3814)に御連絡をお願いいたします。 許可業者への確認や現地調査などを行い、適切な指導をいたします。
 
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.