本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "ごみ・リサイクル" 【137 件中 81 件から 100 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 事業用大規模建築物の該当基準は?
「横浜市廃棄物等の減量化、資源化及び適正処理等に関する条例」及び「横浜市廃棄物等の減量化、資源化及び適正処理等に関する規則」により、次のいずれかに該当する建築物となります。 (1)大規模小売店舗立地法に規定する大規模小売店舗 (2)小売店舗のうち小売業を行う延べ床面積が500平方メートルを超え1,000平方メートル以下のもの (3)事業の用に供する延べ床面積が3,000平方メートル以上の…
 
Q 引っ越してきたがごみは「いつ」、「どこへ」出したらよいか
 ごみ集積場所の設定や維持管理については、そこを利用される地域の皆様方の相互協力により行っておりますので、収集日も含め近所の方にご確認ください。  なお、近所の方に確認できないような場合には、お住まいの区の資源循環局事務所にお問い合わせください。  (お住まいの区の収集事務所の電話番号をご案内してください)
 
Q 横浜市南本牧廃棄物最終処分場で処分できる産業廃棄物について教えてください。
<発生場所>  原則的に「横浜市内で発生する産業廃棄物」を受け入れています。  [※ 市外で発生するものは受入れ不可です] <利用できる事業者>  南本牧処分場を利用できる事業者は、条例の規定によって限られています。主なものは以下のとおりですが、その他については【産業廃棄物対策課】(TEL 671-2515)までお問い合わせください。 ★ 横浜市内の中小企業の事業者 ★ 横浜市が発…
 
Q 古布の出し方
古布は、洗濯して乾いているものを中身がはっきりと確認できる半透明の袋に入れて出してください。 なお、雨に濡れるとリサイクルできませんので、雨の日には出さないでください。次回の収集日に出すか、資源回収ボックスなどをご利用ください。 お問い合せ【資源循環局業務課分別・リサイクル推進担当】 (TEL 671−3819) (FAX 662−1225) (eメール sj-gyomu@city.yokoha…
 
Q 他の地区からごみを持ち込まれている
 横浜市では、地域の住民の方々が具体的にどこのごみ集積場所を利用するかについては、各家庭からごみ集積場所までの距離等を考えて、常識的と考えられる場所にお出しいただいています。  そのため、周辺以外の方がマナーを守らずにごみを出すことは、適切なことではありませんが、現状では、取り締まるのがなかなか難しい状況です。  ごみの出し方については、排出マナーの向上に向けて、パンフレットの配布やごみ出しのルー…
 
Q 最終処分場にはどんなものが埋立処分されるのですか。
 南本牧廃棄物最終処分場では、年間に13~14万m3ほどの廃棄物の埋め立てを行っています。  埋め立てられる主なものは、横浜市の焼却工場から搬入される一般廃棄物の焼却灰で、全体の85%(約11~12万千m3)ほどです。この他には、同じく一般廃棄物の不燃物(ガラス、陶器など)が5%(6~7千m3)ほどあります。残りの約10%(1~2万m3)が産業廃棄物※となっています。
 
Q 栄区に設置している資源回収ボックスについて
関連ホームページのとおりです。
 
Q 工場に1年に集まるごみ量はどれくらいか。工場で1年にどれくらいのごみを燃やすのか。
関連ホームページ「ごみの処理について」をご覧ください。
 
Q 空き地に雑草が生えていて、まちの美化の観点上、また不法投棄を誘発するので困っている。(青葉区)
私有地の管理について、区役所では強制的な指示はできません。しかし、青葉区役所では連絡を受けた段階で、現地を調査し、法務局(登記所)で土地の所有者を調べて、雑草を刈り取るようにお願いする手紙を送付しています。土地の所在と、お宅様のお名前、ご住所、ご連絡するための電話番号をお知らせください。
 
Q 傘の出し方
 まず、金属製の骨組と布部分に分けてください。そして、金属製の骨組みは、週1回の「小さな金属類」で、布部分は、週2回の「燃やすごみ」で出してください。
 
Q 粗大ごみの手数料を教えてほしい。
粗大ごみの処理手数料は、次の手段で知ることができます。 (1)区役所等で配布している「ごみと資源物の分け方・出し方」パンフレット (2)横浜市資源循環局ホームページの「粗大ごみ処理手数料表」 (3)粗大ごみ受付センターに問い合わせる。
 
Q 不用品回収業者が小型家電を集めていますが、出しても良いですか。
家庭から排出される小型家電を収集するには、一般廃棄物収集運搬業の許可又は、小型家電リサイクル法に基づく国からの認定を受けている必要があります。許可等を持っていない業者には回収を依頼しないでください。トラブルにつながる恐れがあります。
 
Q 小型家電を回収ボックスに出す際に、携帯電話等に含まれる個人情報の扱いが不安です。どのような対策をしているのですか。
携帯電話・パソコン等に含まれる個人情報は、消去してからお出しください。なお、回収ボックスについては、常時施錠しているほか、投入口から抜き去りができないよう、内部に返しをつけるなど、本市としても対策を講じております。
 
Q 廃棄物交換システムについて教えてください。
(1)廃棄物交換システムについて ・事業所から発生する廃棄物の中には、他の事業所で資源として有効に再利用できるものがあります。それらの廃棄物についての情報を広く集め事業者に提供し、事業者が希望する廃棄物をあっせんすることにより、廃棄物の再利用を促進しようとする制度です。 (2)対象となる事業所 ・市内の事業所で、提供する廃棄物を直接排出する事業所及び自らその廃棄物を利用する事業所が対象となり…
 
Q ごみが収集されずに残っている
 (午後4時45分まで)収集を担当している事務所で対応しますので、直接収集事務所へご連絡ください。(お住まいの区の収集事務所の電話番号をご案内してください)  (午後4時45分以降)資源循環局業務課(671−2551)へご連絡ください。(もしくは、資源循環局業務課へ転送してください。)
 
Q 納豆の容器がきれいに洗えないがそのままでよいか
完全にきれいに落とす必要はありませんが、臭いなどを防ぐため、さっと洗って水切りをしてお出しいただきますようお願いいたします。 お問い合せ【資源循環局業務課資源化係】 (TEL 671−3819) (FAX 662−1225) (eメール sj-gyomu@city.yokohama.jp)
 
Q 産業廃棄物を排出しますが、どのように処理すればよいのですか。
 産業廃棄物は事業活動に伴って生じたものであるため、その処理については排出事業者の責任において適正処理すべきことが定められています。排出事業者自らが基準に適合した処理を行えない場合は委託による処理が認められていますが、この場合には産業廃棄物処理業者との委託契約と産業廃棄物管理票(マニフェスト)の運用が必要となります。  1 まず、産業廃棄物を処理業者に引き渡すまで保管する場所には掲示板を設置…
 
Q 小型家電回収ボックスに入らないものを、小型家電として集めないのは何故ですか。
収集・運搬やリサイクル等にかかる費用など本市としての財政負担等を総合的に検討した結果、ボックスの投入口に入る有用金属等を含む資源性の高い小型家電を回収することとしたためです。
 
Q 「マイボトルスポット」とはなんですか。
持参したマイボトルに飲み物を販売または無料提供する店舗、事業所、施設等を指すもので、具体的には、店舗に置いてマイボトルでのコーヒー等のテイクアウトや、施設等でのお水の無料提供など、有償無償を問わず、使い捨て容器ではなくマイボトルに対して飲料を提供するスポットのことです。
 
Q 粗大ごみをリユースしてほしい場合はどうすればいいのか。
粗大ごみ受付センターにお申込みの際にリユースをご希望の旨をお伝えください。なお、費用については、他の品物と同様にご負担いただきます。また、リユースをご希望と受け付けてもリユースしない場合がございますのでご了承ください。
 
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.