本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "ごみ・リサイクル" 【137 件中 41 件から 60 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q G30とは何ですか?
平成22年度における全市のごみ排出量を13年度に対し30%削減する「横浜G30プラン」の目標達成に向けた、減量・リサイクル行動のことです。  Gは、ローマ字のごみ(Gomi)、英語のごみ(Garbage)、ローマ字の減量(Genryou)の頭文字をとって、30は、ごみ削減目標の30%をとっています。 平成22年度には、目標を大幅に上回る43.2%のごみ減量を達成することができ、「横浜市一般廃棄物処…
 
Q 神明台スポーツ施設ではどのようなスポーツができるのですか。
 廃棄物の埋立処分が終了し、地盤が安定した区域を利用してスポーツ施設等を整備し、地域の方々へ開放しています。現在開設している施設は次のとおりです。    〇第1軟式野球場     軟式野球、ソフトボール      〇第2軟式野球場     軟式野球、ソフトボール                 (抽選日において利用申し込みがない場合、ゲートボール利用可)    〇サッカー場      …
 
Q われたもの(ガラス・陶器など)の出し方
 散乱すると危険ですので、厚紙などで包み、「ガラス」「陶器」などと品物名を表示して、週2回の「燃えないごみ」としてお出しください。  なお、一番長いところの長さが50cm以上の場合は、「粗大ごみ」としてお出しください。
 
Q 粗大ごみが収集されずに残っている。(粗大ごみが回収されていない。)
粗大ごみ受付センターへお電話でお問合せください。 電話番号は、一般加入電話などからは、0570-200-530、携帯電話やIP電話などの定額制や無料通話などの通話料割引サービスを利用される方は、045-330-3953になります。
 
Q 自宅前に不法投棄物がありすぐ処理してほしい
ご自宅の前が集積場所の場合はお住まいの区の資源循環局収集事務所、道路上(公道)の場合は土木事務所へご相談ください。 なお、道路上や集積場所等にある不法投棄物については、原則として投棄した人に片付けてもらうことになります。そのため警告書等を貼り、おおむね1週間程度、警告および自主的に片付けてもらうためその場所に置かせてもらいます。その後、撤去されていない物については随時回収を行っていますので、ご理…
 
Q 収集時間が一定でないのはなぜか(早い、遅い)
 家庭ごみを収集するにあたっては、限られた人員や機材を効率よく運用し、確実に収集するため収集計画をたて、それに基づいて作業を行っております。  収集時間は午前8時過ぎから夕方までとなっており、収集車1台が1日に数十か所の集積場所を巡回し収集を行っております。  朝8時までにごみを出していただく理由ですが、 (1)曜日によって出されるごみの量が違い、1台の収集車が担当する区域が異なります。 …
 
Q 古布の出し方
古布は、洗濯して乾いているものを中身がはっきりと確認できる半透明の袋に入れて出してください。 なお、雨に濡れるとリサイクルできませんので、雨の日には出さないでください。次回の収集日に出すか、資源回収ボックスなどをご利用ください。 お問い合せ【資源循環局業務課分別・リサイクル推進担当】 (TEL 671−3819) (FAX 662−1225) (eメール sj-gyomu@city.yokoha…
 
Q 傘の出し方
 まず、金属製の骨組と布部分に分けてください。そして、金属製の骨組みは、週1回の「小さな金属類」で、布部分は、週2回の「燃やすごみ」で出してください。
 
Q 粗大ごみの手数料を教えてほしい。
粗大ごみの処理手数料は、次の手段で知ることができます。 (1)区役所等で配布している「ごみと資源物の分け方・出し方」パンフレット (2)横浜市資源循環局ホームページの「粗大ごみ処理手数料表」 (3)粗大ごみ受付センターに問い合わせる。
 
Q 集積場所へのごみの出し方(マナー)が悪い
 ごみの出し方については、排出マナーの向上に向けて、パンフレットの配布やごみ出しのルール(収集日以外や収集後にごみを持ち出さないなど)を記載したマナー看板の設置及び、収集車による広報等のPRを図っています。  なお、パンフレットおよびマナー看板については、収集事務所からお渡しできますので、そちらへご連絡ください。 (お住まいの区の収集事務所の電話番号をご案内してください)
 
Q 家電リサイクル法対象品目のリサイクル料金はいくらですか。
家電リサイクル法の対象品目の廃棄には、「リサイクル料金」と「収集運搬料金」がかかります。 ・リサイクル料金や郵便局での振込方法等については、家電リサイクルセンター 0120-319640にご確認ください。 (午前9時から午後6時まで。日・祝除く) ・収集運搬料金については、それぞれの申込先にご確認ください。  
 
Q 横浜市が収集しない品目はどのようなものがあるか
 横浜市で収集しないごみは次のようなものです。 ・処理が困難なもの…タイヤ、原動機付自転車、オートバイ、ガスボンベ(カセット式ガスボンベを除く。)、消火器、化学薬品、農薬、自動車用鉛蓄電池、耐火金庫、ピアノ、石油類、塗料等  ※「タイヤ・バッテリー・消火器・金庫・ピアノ・塗料・薬品など収集しないものの処理方法」を参照 ・事業者がリサイクルを行うべきもの…エアコン、テレビ、電気冷蔵庫、電気洗濯機…
 
Q 資源選別センターを見学したい
見学希望の人は、各施設へ直接お電話でお問い合わせください。 【緑資源選別センター】 所在地 横浜市緑区上山1−3−1 問合せ先 (TEL 045−935−0098) 【戸塚資源選別センター】 所在地 横浜市戸塚区上矢部町1921−12 問合せ先 (TEL 045−813−7174) 【鶴見資源化センター】 所在地 横浜市鶴見区区末広町1−15−1(鶴見工場内) 問合せ先 (T…
 
Q プラスチック製容器包装は週1回の収集では少ない。
 プラスチック製容器包装の収集回数については、他のほとんどの都市でも週1回収集であるということや、週2回収集にすることで経費が増え、市民の皆さまに新たな費用負担となることなどから、現在のところ、週1回収集で対応したいと考えています。  また、プラスチック製容器包装の保管に際しましては、ごみと資源物の分け方・出し方等でお知らせしている、ハサミで切ったり、重ねてつぶすなどの容量を減らすための工夫をお…
 
Q 工場の煙突から煙が出ているが公害ではないか。
白い煙は焼却炉の排ガスに含まれている「水蒸気」であり、有害ではありません。 また、焼却炉の運転は、法の基準(※)を遵守した運転管理を行い、公害の未然防止を図っています。 排ガスの測定結果については、関連ホームページ「焼却工場」の工場データ「維持管理記録票」をご覧ください。 ※法の基準:廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則第4条(一般廃棄物処理施設の技術上の基準)
 
Q 新築マンションなどのごみ置き場の事前協議
 横浜市では、10戸以上の共同住宅、長屋又はワンルーム形式集合建築物は、ごみ集積場所について、建築確認申請前に、各区にございます資源循環局事務所と事前に協議していただくことになっていますので、そちらにお問い合わせください。
 
Q 産業廃棄物の積替・保管又は中間処理施設を設置する際の手続きについて教えてください。
 収集運搬業で、積み替え又は保管を含む場合  処分業(中間処理・最終処分)  の場合は、許可申請前に「横浜市産業廃棄物処理用地の設定等に関する指導要綱」に基づく事前協議が必要です。また、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)」第15条に規定する「産業廃棄物処理施設」に該当する場合は、産業廃棄物処理施設設置許可申請も必要となります。産業廃棄物対策課施設指導係あて電話連絡をいただき、事…
 
Q 一般廃棄物の収集運搬業の新規許可について教えてください。
 横浜市としては、一般廃棄物収集運搬業について、現行の体制で適正な処理を継続的かつ安定的に確保することができると判断されるため、今後は、一部を除き新たな許可は行わないこととする基本方針を平成29年8月31日に制定しました。(基本方針は局ホームページに掲載)  この基本方針の制定に伴い、一般廃棄物収集運搬業の新規許可の申請受理は、平成29年末をもって終了しました。  不明な点等ありましたら、…
 
Q 港北区内で古着をリサイクルに出すにはどうしたら良いか
現在、古着をリサイクルに出すには、主に下記の方法があります。  出された古着は、衣料品として需要があるものは主に海外で再利用され、そうでないものは繊維加工品の原材料となります。 (1)資源集団回収 お住まいの地域の自治会・町内会や子ども会等で、定期的に資源物を自主回収しています。回収量に応じて奨励金が交付され、回収を行っている団体の活動資金の一部にもなっています。回収日については回収場所の青い…
 
Q 産業廃棄物処理業の許可を取りたいのですが、どうしたらいいですか。
 産業廃棄物処理業の許可には、「産業廃棄物収集運搬業」、「産業廃棄物処分業」、 「特別管理産業廃棄物収集運搬業」、「特別管理産業廃棄物処分業」の4種類があります。  許可申請が行われてから、許可までに約2ヶ月かかります。                                      許可申請にあたっては、無償で配布している産業廃棄物対策課発行の申請書類を使用してください。   …
 
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.