本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "ごみ・リサイクル" 【134 件中 21 件から 40 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q ごみを燃やした灰はどこへ行くのか。
 家庭や事業所から出されたごみは、資源化されたものを除き、最新の公害防止設備を備えた焼却工場で焼却処理されますが、最終的には焼却灰が残ります。  この焼却灰は、南本牧第5ブロック廃棄物最終処分場へ搬送され、埋立処分しています。  また、現在、最終処分場の延命化と環境負荷の低減を図るため、焼却灰の有効利用を進めており、焼却灰の一部を民間事業者へ委託して資源化しています。
 
Q 粗大ごみの手数料の減免について教えてほしい。
ご家庭から排出される粗大ごみに関しましては、本市では有料制としていますが、 一定の要件を満たす方には減免制度があります。 減免制度が適用される方は次のとおりです。 1 生活保護世帯 2 身体障害1級または2級の認定を受けている方が属する世帯 3 知的障害A1またはA2の認定を受けている方が属する世帯 4 精神障害1級の認定を受けている方が属する世帯 5 重複障害(身体障害3級かつ…
 
Q 使用済み乾電池・ボタン電池の出し方
週2回、乾電池の収集日(燃やすごみと同じ収集日)に収集しますので、乾電池は乾電池で一つにまとめて、中身の見える半透明の袋に入れて出してください。ボタン電池・充電式電池(小形二次電池)は、協力店の「回収箱」「リサイクルボックBOX」へ入れてください。
 
Q 粗大ごみの申込みの追加や変更・キャンセルをしたい。
粗大ごみ受付センターへお電話でお問合せください。
 
Q 小型家電は、どのような製品をどこで出すことができるのですか。
市庁舎及び各区総合庁舎、資源循環局収集事務所、焼却工場(保土ケ谷工場を除く)、各区区民利用施設、民間小売店等77箇所に回収ボックスを設置しております。 回収ボックスの投入口(30cm×15cm)に入る、長さ30cm未満の、電気・電池で動作する製品が対象となります。なお、電球及び蛍光灯は対象外となります。 また区民まつり等の一部のイベントでも回収しています。 最新の回収場所やイベント情報につい…
 
Q 事業系ごみは、どのように分別したらよいか
 事業系ごみは、「事業系一般廃棄物」と「産業廃棄物」に大別されます。  排出事業者は、それぞれ種類ごとに分別し処分する必要があります。  具体的な分別については、横浜市資源循環局ホームページ内にある「事業系ごみのごみと資源の分け方」を参考にしてください。(家庭ごみの分別ルールとは違いますので、御注意ください。)  業者へ処理を委託する場合は、許可を受けた業者(許可業者)と契約してくだ…
 
Q 収集時間が一定でないのはなぜか(早い、遅い)
 家庭ごみの収集にあたっては、限られた人員や機材を効率よく運用し、確実に収集するため、策定した収集計画に基づき作業を行っております。  また、収集時間は午前8時過ぎから夕方4時過ぎ頃までとなっており、収集車1台が1日に数十か所の集積場所を巡回し、収集しております。  朝8時までにごみを出していただく理由ですが、 (1)曜日によって出されるごみの量が違い、1台の収集車が担当する区域が異なります…
 
Q 年末年始のごみ収集日程
 平成30年度のごみと資源物の収集は、平成30年12月30日(日)から平成31年1月3日(木)までお休みとなります。具体的な収集日程は、毎年12月に日程表を町内会等で回覧していただいたり、集積場所に貼るなどしてご案内しています。また、市の広報紙やポスター等にも掲載しております。
 
Q 動物の死体処理はどのようにしたらよいか。また、時間はどのくらいかかるか。
各区にある資源循環局事務所に連絡してください。収集に伺います。 ・路上や空き地で死体を見つけたとき(無料) ・ペットの合同火葬を希望の方(費用6,500円がかかります。お骨は返せません。) その他、お骨の持ち帰りや個別の火葬をご希望の方は、戸塚斎場(TEL864−7001)にお問い合わせください。 なお、動物の死体は横浜市が契約している委託業者により収集ルートに沿った効率的な収集を…
 
Q 粗大ごみが収集されずに残っている。(粗大ごみが回収されていない。)
粗大ごみ受付センターへお電話でお問合せください。 電話番号は、一般加入電話などからは、0570-200-530、携帯電話やIP電話などの定額制や無料通話などの通話料割引サービスを利用される方は、045-330-3953になります。
 
Q 粗大ごみ受付センターに電話がつながらない。
・粗大ごみ受付センターは、曜日や時間帯によってはお申込みの電話が集中し、つながりにくい場合があります。(特に、月曜日・火曜日や祝日の翌日は、電話が大変込み合います。) ・混雑時も話し中にはならず、長く呼び出していただいている電話から順におつなぎしますので、切らずにお待ちいただくか、お日にちや時間帯を変えておかけ直しくださいますようお願いします。 ・インターネットからもお申込みできますので、ご利…
 
Q 「ヨコハマ3R夢プラン」とは何ですか?
平成23年1月に策定した、「横浜市一般廃棄物処理基本計画(ヨコハマ3R夢プラン)」のことです。  3R(?リデュース(Reduce発生抑制)・?リユース(Reuse再使用)・?リサイクル(Recycle再生利用))を進めることによって、更なるごみ減量と脱温暖化に取り組み、豊かな環境を後世に引き継ぐことで、子どもたちが将来に「夢」を持つことができるまち・横浜の実現を目指します。 ■「ヨコハマ…
 
Q ラップ(プラスチック製容器包装)などの値段シールがはがれないがどうしたらよいか
プラスチック製容器包装のラップ類に貼ってある金額などが表示されたシールについては、はがしたり切り取るなどしてお出しいただくのが望ましいですが、はがしにくい場合は、貼ってあるままお出しいただいて結構です。なお、はがしたシールは燃やすごみへお出しください。 お問い合せ【資源循環局業務課】 (TEL 671−3816) (FAX 662-1225) (eメール sj-gyomu@city.y…
 
Q 資源回収ボックスの設置場所
数は約91か所と多いため、横浜市資源循環局のホームページ「資源回収ボックス」の項目を参照していただくか、当課またはお住まいの区の収集事務所にお問合せ下さい。 【資源循環局業務課資源化係】 (TEL 045−671−3816)
 
Q カラスネットの購入には助成金制度があるのか
 カラスネットの購入など、ごみ集積場所の維持管理につきましては、利用される方々により行っていただいております。  一方で、地域だけでは解決することが難しい課題に対しては、集積場所の改善に向けて地域の方々と協同して取り組むため、各区の資源循環局事務所にてご相談を受け付けております。  なお、資源循環局事務所では、取組の一つとして、(在庫の範囲内で)カラスよけのネットボックスの貸出を行っております…
 
Q プラスチックの商品(おもちゃ、文具など)はプラスチック製容器包装の収集日に出してよいか。
横浜市では、容器包装リサイクル法に基づいて、生鮮食料品のトレイやシャンプーのボトルなど、プラスチック製の容器や包装だけを収集の対象としています。従って、プラスチック製のおもちゃや文具など商品そのものは対象になりませんのでご了承ください。なお、プラスチック製の商品は燃やすごみとしてお出しください。 お問い合せ【資源循環局業務課資源化係】 (TEL 671−3816) (FAX 662−12…
 
Q 廃棄物管理責任者の役割はどのようなことか
 廃棄物管理責任者とは、所有者に代わってその建築物から発生する廃棄物の減量化、資源化及び適正処理を実質的に推進していく人です。  廃棄物管理責任者には所有者自身を選任するか、あるいは所有者としての権限を委任できる人で、建築物全体の廃棄物について管理できる人を建築物ごとに1名ずつ選任してください。なお選任にあたって、条例等による資格要件はありません。 <管理責任者の役割> (1)廃棄物処理…
 
Q 花火の出し方
 まだ使っていない場合は、水に浸すなどして燃えないようにして、週2回の「燃やすごみ」で出してください。
 
Q 分別したものはどのようにリサイクルされるのか。
● プラスチック製容器包装については、異物除去や圧縮・梱包などの処理を行い、その後、再商品化事業者に引き渡され、ガス・油などの燃料やプラスチック製品の材料などにリサイクルされます。 ● 古紙・古布については、市内のリサイクル事業者へ引き渡したのち、古紙は製紙会社で新聞紙やダンボールなどの原料に、古布は古着として再利用されるほか、工業用の雑巾(ウエス)などとしてリサイクルされます。 ● スプレー…
 
Q 店舗や事務所等から出るごみは、どう処理したらいいですか。
 横浜市では原則として事業活動(営利・非営利を問わず)に伴って生じる廃棄物(事業系ごみ)は収集しません。  自己処理するか、許可を持った業者に委託して処分してください。  家庭ごみの集積場所に事業系ごみを排出すると、法令により罰せられることがあります。  資源循環局ホームページ内の「事業系ごみのごみと資源の分け方」を参考にしていただき、分別を徹底してください。  (家庭ごみの分別ルール…
 
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.