本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 子育て・赤ちゃん・子ども
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "子育て・赤ちゃん・子ども" 【89 件中 41 件から 60 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 母子家庭等で疾病や出張等により、一時的に保育等のサービスを利用したい。
(1)対象は母子家庭、寡婦、父子家庭(以下、「母子家庭等」といいます。)で、  ・技能習得のための通学、就職活動等自立促進に事由  ・疾病、出産、看護、冠婚葬祭、転勤、出張、学校等の公的行事の参加等  社会通念上必要と認められる事由で一時的に生活援助や保育サービスが必要な方  ・生活環境が激変し(離婚等)、日常生活を営むのに特に大きな支障が生じている家庭                (2…
 
Q 【保育所入所】延長保育を希望する場合、利用料はかかりますか?
 支給認定区分によって異なります。保育標準時間認定の方は、施設が定める保育標準時間(11時間)を超える場合に、別途利用料がかかります。保育短時間認定の方は、施設が定める保育短時間(8時間)を超える場合に別途利用料がかかります。  なお、利用料につきましては、各施設で定めていますので、各施設にお問い合わせください。ご利用を希望される場合は、直接施設にお申し込みください。
 
Q (緑区)みどりっこ親子の居場所はなまるはどんなところですか。
親子が気軽に集まり、自由に時間を過せる場所です。また、子育てに関する情報収集・交換もできます。(1)所在地   横浜市緑区三保町2160-5 第二旭屋ビル2階   電話/ファックス 045−932−9122    JR横浜線・市営地下鉄グリーンライン 中山駅 南口 徒歩5分(2)開館時間   10:00〜16:00(3)休館日   土、日、祝日、年末年始ほか(4)対象者   未就学児(おもに0〜3…
 
Q 先天性代謝異常症等の検査について教えてください
横浜市では、平成23年10月1日から19疾患の検査を行っています。  先天性代謝異常等を持った赤ちゃんは、生まれたときは全く健康に見えても、放っておくと知的障害が発生したり、時には生命の危険にさらされる場合もあります。 検査を行い、これらの病気を早期に発見し、適切な治療を続ければ障害などの発症を未然に防ぐことができます。 検査の方法は、生後5〜8日の間に新生児の足裏から少量の血液を採取して行います…
 
Q (港北区)乳幼児の歯科検診をやっているそうですが、どうすれば利用できますか?
 「乳幼児歯科相談」(http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/sabisu/kodomo/nyusika.html) があります。予約は045−540−2340。福祉保健センターこども家庭支援課へ。内容の問合せは540−2362〜2363にお願いします。
 
Q 市外から転入してきました。子どもの予防接種に関する手続はどうしたらよいですか。
横浜市が実施する予防接種を無料で受けるためには、横浜市発行の「予診票(接種券)」が必要です。 ・住所地の福祉保健センターで、未接種の予防接種の予診票をお渡しします。 ・予防接種の記録を確認しますので、「母子健康手帳」または「接種歴が確認できる書類」及び「年齢の確認できる書類(健康保険証等)」をご持参ください。なお、母子健康手帳等を紛失された場合は、接種歴を口頭でお伝えください。 …
 
Q 子育てサポートシステムとはどのような事業ですか?
子育てサポートシステムは、市民同士が会員として登録し、子どもを預けたり預かったりすることで、地域での子育てをサポートしていく事業です。預かって欲しい人は利用会員として、預かってくれる人は提供会員として登録します。利用会員は預けたい日時を各区の地区リーダー(コーディネーター)に申し込みます。地区リーダー(コーディネーター)は申込みを受けられそうな提供会員を探して利用会員に紹介し、事前打合せで双方の合…
 
Q 妊婦健康診査を受診しました、領収書でお金を戻してもらえますか。
妊婦健康診査の公費負担は、母子健康手帳交付時にお渡しする妊婦健康診査費用補助券を委託医療機関で利用していただくようになります。横浜市と未契約の市外医療機関で受診された場合や妊婦健診費用が補助券額面金額に満たず医療機関で補助券をご利用できなかった場合につきましては助成制度をご利用ください。   問い合わせ先  【こども青少年局こども家庭課】 (TEL 045−671−2455)
 
Q 市外からの里帰り出産をしますが先天性代謝異常症等検査は受けられますか
受けられます。 横浜市民と同様に先天性代謝異常症等検査を受診できます。  <申込書> 各関係医療機関に申込書が備え付けられておりますので、御利用ください。 <検査費用> この検査の費用のうち、採血にかかる費用については、自己負担となりますので医療機関にお支払いただきますが、検査にかかる費用については、横浜市が負担します。 問い合わせ先  【こども青少年局こども家庭課】 (TEL 045−671−2…
 
Q 瀬谷区内の放課後児童クラブについて
 瀬谷区内には、現在7ヶ所のクラブがあります。入所については、各クラブへ直接連絡して下さい。 【瀬谷区内放課後児童クラブ】 (1)瀬谷子供ホーム     瀬谷3−10−24(TEL:489-9406) (2)瀬谷第二学童保育    下瀬谷2−25−4(TEL:302-8988)  (3)南瀬谷なかよしホーム  宮沢1−26−2 (TEL:303-9336)  (4)三ツ境なかよし学童…
 
Q 放課後キッズクラブやはまっ子ふれあいスクールの参加対象児童は?
参加できるのは、原則としてその学校に通っている1〜6年生です。学区内に在住していれば、私立、国立等の他校に通学するお子さんも参加できます。特別支援学校等に通学するお子さんの参加については、個別に対応させていただいているので、【こども青少年局放課後児童育成課】(TEL 671−3587)へ御相談ください。
 
Q 保育所以外の保育サービスは?
○家庭保育福祉員   産休明けから3歳未満児までを対象に、お父さんお母さんが仕事や病気等で昼間お子さんを保育できないときに、福祉員の自宅で、少人数で家庭的な雰囲気で保育します。 平成31年4月1日現在、30人の方が横浜市から家庭保育福祉員として認定を受けています。 希望される方は、お住まいの区のこども家庭(障害)支援課または福祉員に直接お申し込みください。 家庭保育福祉員の…
 
Q 育児に関する相談をしたい
○保育所での育児相談   市立保育所と、一部の私立保育所で育児相談を行っています。しつけ、遊び方、発育のことなど、日々の子育ての心配ごとに園長や保育士がアドバイスします。   育児支援センター園一覧    ★市立は24か所(各区1〜3か所)、私立は12か所を指定       その他の市立保育所でも育児相談を実施しています。
 
Q 放課後キッズクラブやはまっ子ふれあいスクールへの参加はどのようにすればよいのですか。
参加できるのは、原則としてその学校に通っている1〜6年生です。事前に各放課後キッズクラブまたは、はまっ子ふれあいスクールに申込みをしてください。参加当日は受付を済ませてから遊びます。授業終了後にそのまま参加することもできますし、一時帰宅してから参加することもできます。帰宅するときには、帰宅する旨をスタッフに伝えてから帰ります。ただし、地域の事情等により一時帰宅が認められない場合等もありますので、申…
 
Q 母子健康手帳が欲しいのですが。
窓口本館2階26番 電話894-8410 交付の対象となる人は栄区に住所のある人で医療機関で妊娠が確認されている人です。 交付の際には現在の体調や、通院先の医療機関名、医師または助産師の氏名などを所定の用紙に記入していただきますのでなるべくご本人(妊婦)がお越しください。ご家族でも交付することができます。印鑑や証明書などは不要です。市外から栄区に転入された方には、横浜市や栄区の育児情報、妊婦…
 
Q 養護学校には、はまっ子ふれあいスクールはありますか。
本郷特別支援学校  栄区小菅ケ谷3丁目37-12(TEL 894-3019) 盲特別支援学校  神奈川区松見町1丁目26(TEL 432-7517) 県立金沢養護学校  金沢区富岡東2丁目6-1(TEL 771-1500) ろう特別支援学校  保土ケ谷区常盤台81-1(TEL 336-1181) 港南台ひの特別支援学校  港南区港南台5丁目3-2(TEL 832-3677) で開設…
 
Q 放課後キッズクラブやはまっ子ふれあいスクールではおやつの提供はありますか。
放課後キッズクラブと充実型のはまっ子ふれあいスクールでは、17時以降も参加する児童に対して、おやつの提供があります。従来型のはまっ子ふれあいスクールではおやつの提供はありません。運営委員会の判断により持参することができる場合がありますので、確認してください。
 
Q (港北区)乳幼児健診の手続き方法を知りたい。
ご自宅に通知が届きます。転入されてきた場合には通知が間に合わないことがあります。お問い合わせください(こども家庭支援課 電話 045-540-2340)。
 
Q (緑区)「ふたごの会」の内容について教えてください。
(1)対象   3歳未満のふたごとその家族が対象です。ふたごを妊娠中の方も参加できます。(2)内容   隔月に一度、開催しています。   ふたごの子育ての悩み相談や情報交換などを実施しています。(3)お問い合わせ 緑区こども家庭支援課 電話 045−930−2361  ファックス 045−930−2435
 
Q (緑区)イベントや講座等を企画した時、一時保育を依頼できる区内の団体を教えてください。
緑区一時保育を依頼できる団体は、次の2団体です。 地域で行う行事や育児サークル活動で一時保育が必要な時に依頼することができます。 料金等条件の詳細については、直接保育ボランティア団体にお問い合わせください。 ●「まんまるちゃん」   所在地:緑区中山町93-1 緑区市民活動支援センター(みどりーむ)内   連絡先:938−0631(みどりーむ ちょっと先生担当)   ※一時保育のほ…
 
Q&Aよくある質問集 > 子育て・赤ちゃん・子ども

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.