本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 子育て・赤ちゃん・子ども
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "子育て・赤ちゃん・子ども" 【89 件中 21 件から 40 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 上の子が幼稚園に通っている場合、保育所等を利用している下の子の利用料は安くなりますか。
この場合において、下のお子さんの利用料はきょうだい児多子軽減が適用され第2子の利用料となります。利用が決まりましたら、保育所等のある区の区役所こども家庭支援課に、きょうだい児多子軽減届出書及び在籍等証明書を提出してください。(上のお子さんが1号幼稚園を利用している場合は不要です。)
 
Q 視聴覚検診について教えてください。
4歳児(当年度に5歳になる児童)を対象に、視覚及び聴覚異常を早期に発見するための検査を社会福祉法人青い鳥 小児療育相談センターに委託して無料で行っています。 <実施方法> 家庭でできる「視力と聴力の調査票」をお渡し、ご家庭で目と耳の検査をお願いしています。小児療育相談センターでは、この「視力と聴力の調査票」の書面診査を行い、その結果、要検査対象者については、ご連絡のうえ、小児療育相談センター検…
 
Q 子どもの予防接種を横浜市外で受けるには、どうしたらよいですか?
(1)予防接種法に基づく予防接種(ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合、三種混合、不活化ポリオ、BCG、麻しん風しん混合、水痘、日本脳炎、二種混合、子宮頸がん予防)を市外で受ける場合   横浜市長から、滞在先市町村長宛(又は接種を実施する医師宛)の「予防接種実施依頼書」が必要です。   (依頼書の提出先等については、あらかじめ滞在先市町村へお問合ください。)   ・申込先:住所地の福祉保健…
 
Q 子どものための手当はありますか。(児童手当はどんな制度ですか。)
市内に住所があり、中学校修了前までの児童を養育してしている方に児童手当を支給します。請求方法など詳しくは、関連ホームページをご参照ください。 【問合せ先】横浜市こども青少年局こども家庭課手当給付係 平日9:00〜17:00 TEL045-641-8411
 
Q 妊婦健康診査を受診したら有料でした。無料ではないのですか。
妊婦健康診査は、母子健康手帳交付時にお渡しする妊婦健康診査費用補助券(以下「補助券」)で健診費用補助を行っています。妊婦健康診査が有料だった場合は、次のことが考えられます。 (1) 補助券を使用しましたか。補助券を使用しないで受診された場合は全額自己負担となります。あらかじめ医療機関に補助券を使用することをお伝えください。 (2) 補助の対象 : どの回の健診にもご利用いただける補助券を14枚…
 
Q ひとり親家庭の場合、保育所の利用料は無料ですか?
保育所等の利用料は、保護者の市民税額によって決まりますので無料とは限りません。
 
Q 医療機関乳幼児健康診査を市外の医療機関で受診したいのですが(里帰り出産等)。
医療機関乳幼児健康診査は、市外の医療機関では、実施していません。 医療機関乳幼児健康診査は、医療機関乳幼児健康診査受診票に記載されている次の期間で、1歳までの間に3回受診することができます、横浜市内のお近くの乳幼児健康診査(無料育児相談)実施医療機関で受診してください。 (1) 1回目   生後0か月〜3か月(4か月未満) (2) 2回目   生後5か月〜8か月(9か月未満) (3) 3回目…
 
Q 保育所等の利用申請方法は? 利用の決定方法は?
まずは、各区役所こども家庭支援課で配布または横浜市ホームページに掲載の「横浜市保育所等利用案内」をご覧ください。 ○利用申請方法 ・利用を希望する月により申請締切日が異なります。 ・4月1次利用申請は、前年の10月から11月に一斉に受け付けます。原則専用封筒による郵送申請(認定利用調整事務センター宛)となります。 ・4月2次申請または5月以降の利用申請は、お住まいの区の区役所こども家庭…
 
Q 母子健康手帳(母子手帳)をなくしてしまいました。再度いただけますか。
横浜市に在住し、妊娠中から出産、就学前までのお子さんをお持ちの方であれば、お住まいの福祉保健センターで再交付します。 平日8:45〜12:00、13:00〜17:00に福祉保健センターこども家庭支援課までいらしてください。 なお、今まで受けた予防接種等の記録はできませんので、御了承ください。母子健康手帳再交付時に印鑑は必要ありません。 問い合わせ先  【こども青少年局こども家庭課】 (TEL 0…
 
Q 緊急に保育所で子供を預かってもらえますか?
保護者の病気やお仕事などで、緊急にお子さんを預けなければならなくなった時に、保育所で一時的にお預かりする24時間型緊急一時保育がございます。夜間・宿泊も含め、24時間365日対応します。ご利用を希望される場合は、実施施設へ直接お電話でお申し込み下さい。(定員等の状況によっては、園の判断でお断りさせていただく場合もあります。) 【実施施設】 あおぞら保育園 〒221-0802 横浜市神奈川区…
 
Q 緑区内の放課後児童クラブ(学童保育クラブ)について
緑区内には現在10カ所のクラブがあります。入所については、直接クラブへ連絡してください。 各クラブの連絡先 霧が丘学童保育クラブ  045−921−4231  竹山学童クラブ  090−4836−0838  十日市場学童保育所  045−982−5437  中山学童保育「なかよしの家」  045−933−8901  長津田学童保育クラブ  045−983−1383  長津田南学童保育…
 
Q (港北区)新しくできる保育園を教えてください。
 保育所の整備状況については、こども青少年局のページで見ることができます。(http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/incubator/20140522211949.html) なお、港北区内の新規開設園は、来年度の港北区版の保育所等利用案内にも掲載いたします。
 
Q 特別乗車券(母子支援施設入所・児童扶養手当受給要件)の交付希望届出書の提出期限を過ぎてしまったが、どうしたらよいか
○ お住まいの区のこども家庭支援課(瀬谷区は高齢・障害支援課)でお手続きをしてください。 ○ 手続きの際には、児童扶養手当受給世帯の方は、同封の交付希望届出書(提出用)のほかに、 児童扶養手当証書(有効期限内のもの)を、母子生活支援施設入所世帯の方は、母子生活支援施設所長が発行する在所証明書及び「4月1日以降特別乗車券を利用する方の写真(上半身、正面、無帽で縦30㎜、横24㎜のもの)」をご持参…
 
Q 一時的に保育所に預けたいときは?
保護者等のパート就労や疾病・入院等により一時的に家庭での保育が困難となる場合や、保護者の育児不安の解消を図り、負担を軽減するために児童をお預かり(保育)する制度として、一時保育がございます。対象児童は認可保育所(横浜保育室、家庭保育事業及び認定こども園の保育所部分も含む)に在籍していない、未就学児童です。ご利用を希望される場合は、横浜市ホームページ「一時保育のご案内」にある、実施施設一覧をご参照い…
 
Q 市外から転入してきました。子どもの予防接種に関する手続はどうしたらよいですか。
横浜市が実施する予防接種を無料で受けるためには、横浜市発行の「予診票(接種券)」が必要です。 ・住所地の福祉保健センターで、未接種の予防接種の予診票をお渡しします。 ・予防接種の記録を確認しますので、「母子健康手帳」または「接種歴が確認できる書類」及び「年齢の確認できる書類(健康保険証等)」をご持参ください。なお、母子健康手帳等を紛失された場合は、接種歴を口頭でお伝えください。 …
 
Q 放課後キッズクラブやはまっ子ふれあいスクールへの参加はどのようにすればよいのですか。
参加できるのは、原則としてその学校に通っている1〜6年生です。事前に各放課後キッズクラブまたは、はまっ子ふれあいスクールに申込みをしてください。参加当日は受付を済ませてから遊びます。授業終了後にそのまま参加することもできますし、一時帰宅してから参加することもできます。帰宅するときには、帰宅する旨をスタッフに伝えてから帰ります。ただし、地域の事情等により一時帰宅が認められない場合等もありますので、申…
 
Q (都筑区)区役所で用事を行う間、子どもを一時的に預かってくれる場所はありますか。
 お子さま連れの来庁者が各窓口で安心して手続きができるようにするために、都筑区役所2階、15番窓口隣に「つづきっ子ランド」というお子さまをお預かりするスペースがあります。利用時間は、平日9時30分~15時30分で、お預かりする時間は概ね30分間です。ご利用方法は、まず申込書を記入していただき、用件が終了したら引取証と引き換えにお子さまをお引き取りいただきます。なお、公会堂・図書館など区役所以外の施…
 
Q 保育所に申し込めるのはどんなとき?
小学校就学前のお子さんで、保護者が次のような状況にあり、保育所等での保育を必要とする場合に利用することができます。 1 会社や自宅を問わず、1日4時間以上かつ月16日以上働いているとき 2 出産の準備や出産後の休養が必要なとき 3 病気・けがや障害のため保育が困難なとき 4 病人や障害者を介護しているとき 5 自宅や近所の火災などの災害の復旧にあたっているとき 6 仕事を探しているとき…
 
Q 放課後児童クラブを新しく開設したい。手続き方法を教えてください。
放課後児童健全育成事業は、地域の理解と協力のもとに組織される、放課後児童クラブを運営する運営委員会等に補助をし、実施しています。運営委員会は、   自治会・町内会の代表者、民生委員・児童委員、青少年指導員、小学校の代表者 を必須構成員として組織していただいています。委託要件は次のとおりです。   ア 良好な衛生環境及び安全性を備えた、事業のための施設を確保していること。   イ 事業の委託…
 
Q 子育てについての相談はどこにすればよいのですか?
・お住まいの区の福祉保健センターの子ども・家庭相談事業の相談電話にお電話ください。 ・相談内容 乳幼児期から学童期・思春期までの幅広い相談について、保健・教育・福祉の各分野の専門スタッフが相談に応じます。 ・相談時間 月〜金(祝日・振り替え休日を除く)午前8時45分〜午後5時15分 ・子ども・家庭支援相談電話番号  鶴見区   (TEL 045−510−1840)  神奈川区  (TEL…
 
Q&Aよくある質問集 > 子育て・赤ちゃん・子ども

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.