本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 税金
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "税金" 【162 件中 121 件から 140 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 課税処分や差押処分について不服がある場合はどうしたらよいですか。
 区長が行った課税処分や差押処分について疑問があるときは、該当の区の税務課までお尋ねください。詳しく御説明します。 また、課税処分や差押処分について不服があるときには、納税通知書や差押通知書を受け取った日の翌日から起算して3か月以内に、市長に対して文書で審査請求をすることができます。(1)審査請求をすることができる方 納税者(代理人によることもできます。)(2)審査請求をすることができる事項 納税…
 
Q 郵送で固定資産税の証明を申請することはできますか。
 固定資産税の証明は郵送でも取得することができます。   <送付いただく物>    ・証明申請書       次の必要事項を便箋等にご記入ください。         請求される方の現住所とお名前、生年月日         電話番号(昼間連絡できる番号)         必要とする証明の種類(必要な年度など)     必要な部数         固定資産の所在地(地番)、所有者のお名…
 
Q ペイジーを利用し、ATMから納付する方法を教えてください
 金融機関等のATMの画面からペイジーのメニューを選択して納付してください。  ペイジーのメニューを選択後に、納付書に記載されている「収納機関番号」「納付番号」「確認番号」「納付区分」の4種(計30桁)の番号を入力していただくと、税目と税額、氏名の頭2文字が納付書の情報として表示されます。  内容が納付書と同じである事をご確認のうえ、御納付ください。
 
Q サラリーマンは申告する必要はないですか。
サラリーマン(給与所得者)の場合は、  支払金額が2000万円を超える人  給与所得の他に所得があり、その所得金額が20万円を超える人  2カ所以上から給与を受けてる人  同族会社の役員  災害減免法によって源泉徴収の猶予を受けた人  源泉徴収の適用を受けない家事使用人等などが申告しなければなりません。 また、医療費控除や住宅借入金等特別控除(1年目のみ)など税金の還付を受ける人は、申告が必要です…
 
Q 市税の口座振替の申込期限はいつですか。
 市税の口座振替のお申し込み期限は、税目や申込方法により異なります。詳細は次のとおりです。 ■口座振替申し込み期限 固定資産税  金融機関等      郵送申込      ペイジー口座振替         窓口申込                   による申込 第1期    3月15日まで   3月10日必着     4月10日まで 第2期    6月15日まで   6月1…
 
Q 固定資産税とはどのような税金ですか。
 固定資産税は、土地や家屋、償却資産を毎年1月1日現在お持ちの方に、 その資産価値に応じて納めていただく税金です。固定資産税は市町村の主と なる税目であり、横浜市税の約4割を占め、横浜市が行う様々な行政サービ スのための貴重な財源となっております。 (1)固定資産税を納める方(納税義務者)   ・土地 登記簿(土地)又は土地補充課税台帳に所有者として登記又は登    録されている方 …
 
Q 数年前に新築した住宅の固定資産税が急に高くなったのですが、どうしてですか
 新築の住宅に対しては、固定資産税の減額制度があり、一定の要件を満たした家屋につきまして、新たに課税されることとなった年度から、一般の住宅などでは3年度分、3階建以上のマンションなどでは5年度分に限り、税額が2分の1に減額されます。したがって、この期間を過ぎたことにより、減額措置がなくなったためです。 なお、減額のなくなる前の年度となくなった年度には、納税通知書の1枚目にその旨を記載してありますの…
 
Q 年の途中で家屋を取り壊した又は建て替えた場合、固定資産税を払う必要はありますか
 固定資産税は、毎年1月1日現在に家屋を所有している方に対して課税されますので、年の途中で取り壊した場合でも、その年度の固定資産税は全額課税されることとなります。また、新築した家屋は、完成した翌年から課税されることとなります。 なお、翌年の1月1日現在、新築中の家屋が未完成であれば、家屋に対する固定資産税は課税されませんが、土地の固定資産税については税額が上がることがありますので、詳しくはお持ちの…
 
Q 地方税の電子申告ができる自治体はどこですか。
 詳細は地方税ポータルシステム(eLTAX)ホームページ(http://www.eltax.jp/outline/service.html)でご確認ください。
 
Q 軽自動車取得税について教えてください。
軽自動車取得税については神奈川県の管轄となります。 自動車税の制度や手続きに関するお問い合わせは  自動車税コールセンター (045)973-7110 【受付時間】月曜から金曜(祝日・年末年始(12月29日から1月3日)を除きます。) 午前8時30分から午後5時15分(5月中は午後6時まで) (間違い電話が多くなっています。お電話をいただく際には、もう一度番号をご確認のうえ、お…
 
Q 市たばこ税とは、どんな税金ですか?
市たばこ税は、日本たばこ産業株式会社(たばこの製造者)や、外国産たばこの輸入を取扱う特定販売業者、又は卸売販売業者が市内のたばこ小売販売業者に売り渡した製造たばこに対してかかる税金で、日本たばこ産業株式会社、特定販売業者又は卸売販売業者に課税されます。市たばこ税の事務は、【財政局法人課税課市たばこ税担当】が取り扱っております。
 
Q コンビニエンス・ストアで市税を納付することができますか。
固定資産税・都市計画税、市県民税(普通徴収)、軽自動車税については、納付書裏面に記載のある全国のコンビニエンスストアで納付いただけます。お持ちの納付書にコンビニエンス・ストア収納用のバーコードが印刷されている場合は、最寄のコンビニエンス・ストア各店舗へお持ちください。納付書にバーコードが印刷されていない納付書はお取扱いできませんので、お手数ですが、納付書裏面に記載のある金融機関か郵便局で納付してい…
 
Q 固定資産税の口座振替で、いくつかある土地・家屋のうち、一部だけ別の口座で振替したいのですが。
 1通の納税通知書につき1つの口座からの振替になります。  納税通知書の「課税明細書」に記載してある土地家屋のうち、一部だけ別の口座にすることはできません。(納税通知書が複数ある場合は、それぞれ別の口座にすることができます。)  【問い合わせ先:財政局納税管理課 電話番号:045-671-3747】
 
Q キャッシュカードを利用した市税の口座振替申込について知りたい。
横浜市で導入している「ペイジー口座振替受付サービス」では、市税の口座振替のお申し込みについて、区役所税務課にキャッシュカードをお持ちいただければ、簡単に手続きできます(通帳届出印が不要となります)。  受付は各区役所税務課窓口でできます。窓口では、口座振替依頼書をご記入いただき、キャッシュカードを専用端末に読み込ませ、暗証番号を入力していただきます。  なお、キャッシュカードのうち、法人カ…
 
Q インターネットバンキングを利用して納税したいのですが、どうしたら良いですか。
 市税のペイジーに対応している金融機関のインターネットバンキングを御利用の方は、市税を納税いただく事ができます。  金融機関のインターネットバンキング等からペイジーのメニューを選択し納付してください。  ペイジーのメニューを選択後、納付書に記載されている「収納機関番号」「納付番号」「確認番号」「納付区分」の4種(計30桁)の番号を入力していただくと、税目と税額、氏名の頭2文字が納付書の情報とし…
 
Q ペイジーとは何ですか
 ペイジーとは、金融機関とインターネットバンキングやモバイルバンキングをお申込みいただくと、パソコンや携帯電話から、いつでもどこからでも、税金を納められる便利なサービスです。また、金融機関等の窓口まで行くことなく、ATMから直接市税を納めることができます。  また、現金を持ち歩かなくても納税が可能となるため、現金の盗難や紛失等の危険性も少なく、安心して納めていただけます。
 
Q 入湯税の納税証明はどこでとれますか
 入湯税の納税証明の発行は、財政局納税管理課にて行っております。 納税証明の発行を申請される場合は「代表者印」または「代表者印の押印のある委任状」をお持ちください。 また、受任者本人の確認をさせていただく場合がございますので、本人確認ができるもの(運転免許証等)をお持ちください。 市たばこ税・入湯税の納税証明は区役所・行政サービスコーナーでは発行いたしておりませんのでご注意ください。
 
Q 災害にあった場合、固定資産税はどうなりますか。
 火災や風水害、震災などで固定資産(土地、家屋、償却資産)に被害を受けた場合、その被害の程度に応じて固定資産税・都市計画税が全部または一部免除(減免)になる制度が設けられています。下記「お問い合わせ先」に減免申請されますと、災害発生の日以降の納期分の税額が、その被災の程度に応じて減免されます(被災が軽微な場合には、減免の対象とならないこともあります。)。 減免申請書は、各区役所税務課及び横浜市償却…
 
Q 地価は下がっているのに土地の固定資産税が下がらない場合があるのはなぜですか。
 土地の固定資産税は、資産価値(土地の評価額)に応じて税額を納めていただいており、本来、同じ資産価値であれば同じ税額を納めていただくことになりますが、過去の経緯から、現状ではまだ本来納めるべき税額に達していない土地があります。 このような土地については、税負担の均衡化を図るため、税額が据置きになる場合や上がる場合もあります。 なお、本来納めるべき水準に達した後は、地価の下落に応じて税額も下がること…
 
Q 原動機付自転車を廃車した場合、手続はどのように行うのですか?
標識、標識交付証明書、印鑑及び本人であることを確認できるもの(運転免許証等)をお持ちになり【区役所市民税担当】で手続をしてください。
 
Q&Aよくある質問集 > 税金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.