本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【209 件中 161 件から 180 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 民泊サービスの提供を始めたいが、どうしたらいいですか。
 自宅の一部やマンションの空き室などを活用して宿泊施設を営業する場合、旅館業法に基づく旅館業の許可を受けるか、住宅宿泊事業法に基づく宿泊事業の届出を行う必要があります。  旅館業の営業許可については、宿泊サービスを提供する施設の所在地の【区福祉保健センター生活衛生課】にお問い合わせください。  住宅宿泊事業法の届出については【健康福祉局生活衛生課】が窓口ですので、お問い合わせください。
 
Q 薬局(医薬品販売業含む)開設の手続を教えてほしい。
横浜市内に薬局等を開設される方は、当該区の福祉保健センターで手続ができます。詳しくは以下にお問い合わせ下さい。 <連絡先> 青葉区福祉保健センター生活衛生課食品衛生担当 (TEL 978-2464) 旭区福祉保健センター生活衛生課食品衛生係 (TEL 954-6166) 泉区福祉保健センター生活衛生課生活衛生係 (TEL 800-2451) 磯子区福祉保健センター生活衛生課食品衛生係…
 
Q 衛生研究所は見学できますか
(1)見学を希望される場合は、原則として見学希望日の1か月前までにお電話にてお問い合わせください。 (2)施設公開を開催しています。(年1回) 問合せ先 【衛生研究所管理課】 (TEL 045−370−8460)
 
Q 市民病院女性総合外来を受診したい。
市民病院では、女性の「男性医師には相談しにくい」、「検査を受けたいが恥ずかしい」といった悩みや、女性特有の症状について気兼ねなく相談したい、理解された診療を受けたい、など性差によるプライバシーを踏まえた医療要望に応えるため、女性総合外来を2003年5月から開設しています。 医療知識、経験が豊富な女性医師が対応します。(1人1回あたり20分を目安とさせていただきます。)  第3火曜日 午後3…
 
Q 休日に診察を行っている診療所・病院はありますか。
「横浜市救急相談センター」へ電話でお問い合わせてください。その時受診可能な医療機関を24時間年中無休で御案内します。聴覚障害者の方はFAXでお申し込みください。 <連絡先> TEL(局番なし)#7119(携帯電話、PHS、プッシュ回線)または045-232-7119(すべての電話でご利用できます)(FAX 242−3808) なお、横浜市内には各区に休日急患診療所があり日曜・祝日・年末年始…
 
Q 免許申請(または進学、就職活動)のために健康診断書(医師の証明書)がほしいのですが。
診断書発行業務は、平成17年3月までは各区福祉保健センターで行っておりましたが、平成17年4月より廃止いたしました。診断書が必要な方はお近くの医療機関をご利用ください。
 
Q 交通事故や労務災害の場合の保険の取扱はどうなるのですか
<交通事故の場合>   交通事故における診療については、基本的には自費扱いとして、交通事故のための保険(自賠責保険・任意保険)を使用し、お支払をしていただきます。  ①自賠責保険を使用する場合   診療点数1点20円として計算し、診療された患者さんに対して診療費を請求いたします。  ②損害保険会社の一括支払を利用する場合   入院費のみ、加害者が任意保険に加入している場合、診療費の支払を…
 
Q 肺炎球菌ワクチンの対象者ですが、かかりつけの病院が市外にあります。担当医に相談し、そちらの病院でワクチン接種を受けようと思いますが、クーポン券を利用して接種を受けられますか。
内部機能障害の方を対象にしたクーポン券(任意接種)は横浜市内の協力医療機関でのみご利用いただくことができます。 ただし、市外の医療機関で接種した場合と、協力医療機関で接種した際にクーポン券を忘れてしまった場合には、窓口で全額お支払いいただいた後、ご本人から横浜市に助成費を直接請求することができます(市内でも協力医療機関でない場合は請求できません。)。 詳しくは、健康福祉局障害福祉課にお問い合わ…
 
Q 石綿による健康被害の救済制度の申請をしたいのですが。
(1)石綿による健康被害の救済制度の対象となる疾病は、次のとおりです。     ・中皮腫     ・石綿による肺がん     ・著しい呼吸機能障害を伴う石綿肺   ・著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚 (2)申請に必要な書類は次のとおりです。      治療中の方: 認定申請書、住民票等、診断書及び療養手当請求書など    遺族の方:特別遺族弔慰金・特別葬祭料請求書、死亡診…
 
Q 療育医療給付を受ける場合、所得制限がありますか。
所得制限はありません。  詳しくはお住まいの区の区役所こども家庭支援課までお問い合わせください。
 
Q 買ってきた食品を帰宅後開封したところ中に異物が入っていた場合、どうすればよいですか?
原因究明と再発防止などのため、最寄りの福祉保健センター生活衛生課食品衛生係に、現物をそのままの状態ですみやかに届け出てください。 問合せ先は、関連ホームページを参照してください。
 
Q 医療機関に診療費を支払ってしまったが、育成医療で払い戻しは受けられますか。
受けられません。ただし育成医療給付のうち、治療用装具費については、償還払いとなります。
 
Q 医療機関の診療時間と休診日について知りたいのですが。
(1)「横浜市医師会地域医療連携センター」へ電話でお問い合わせください。地域や診療科目などから医療機関の診療時間や休診日の情報について御案内をいたします。ご希望に応じてFAXで医療機関の情報をお送りいたします。また、インターネットによる「かかりつけ医の検索」を利用し、ご自身で検索していただくこともできます。 <受付時間>午前9時〜12時/午後1時〜5時             月曜日〜金曜…
 
Q 育成医療給付は所得制限がありますか。
あります。市民税所得割額(住宅借入金等特別税、寄付金等控除前の金額)23万5千円以上で「重度かつ継続」に該当しない場合には、公費負担の対象外になります。 問い合わせ等詳細は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 横浜市立大学附属センター病院で受けた診療に対する疑問や不安に関する相談、医療スタッフ等について意見がある。
センター病院では、かかりつけ医・患者相談窓口を設置しております。 医療コーディネーター(看護師)2名が常駐し、患者さんやご家族の様々なご相談をお聞きしています。 【受付時間】平日 8:45~17:00 【受付場所】センター病院 本館1階ロビー
 
Q クリーニング師の免許申請等については、どうしたらいいですか。
クリーニング師の免許申請等については、お住まいの区の福祉保健センター生活衛生課にお問い合わせください。
 
Q メモリアルグリーンは誰でも応募できますか。
メモリアルグリーンの使用者募集は、平成25年度で終了し、現段階では再募集の予定はありません。今後再募集する場合は、「広報よこはま」や横浜市ホームページでご案内させていただきます。
 
Q 脳卒中・神経脊椎センターでリハビリテーション(又はMR検査等)のみを受けることはできますか?
 医療保険を適用するためには、医師の診断が必要となりますので、リハビリテーション(又はMR検査等)のみを受けることはできません。医師の診察を受けていただき、必要があればリハビリテーション(又はMR検査等)を行います。なお、MR検査をご希望であれば、脳ドックでも実施しております。
 
Q メモリアルグリーンにはお寺にあるような墓地はないのですか。
墓石(石塔)を立てる墓地はありません。
 
Q 管理理容師又は管理美容師の資格取得等については、どうしたらいいですか。
管理理容師又は管理美容師の資格取得等については、『公益財団法人理容師美容師試験研修センター』にお問い合わせください。                                      <問い合わせ先>  公益財団法人 理容師美容師試験研修センター 東京都江東区有明3-7-26有明フロンティアビルB棟9階 (TEL 03-5579-0911)
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.