本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【224 件中 141 件から 160 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 横浜市における被爆者援護事業について教えてもらいたい。
 本市では、被爆者の方に対する援護費の支給(10,000円/年)、はり・きゅう・マッサージ療養費の助成(3,000円/月額が限度)及び被爆者の子に対する医療費助成を行っております。  詳しくはホームページをご確認いただくか、各区福祉保健センター健康づくり係もしくは健康福祉局保健事業課へお問い合せ下さい。  なお、被爆者健康手帳に関する事項や各種手当など、その他の援護事業については神奈川県にて所…
 
Q 横浜市外へ犬を連れて転出した場合の手続きについて教えてください。
新所在地(転出先)の市町村に、横浜市で交付された「犬鑑札」をお持ちになり手続きを行ってください。 ・手続きの詳細については、各区福祉保健センター生活衛生課にお問合せくだ  さい。
 
Q 医療ミスを受けたのだが、どうすればいいか。
治療行為等に過失があったか否かの判断は、裁判(訴訟・調停・仲裁)で行うしかなく、行政で適否の判断はできません。 横浜市内の医療機関に関する相談、苦情は「医療安全相談窓口」(TEL671−3500)で受け付けています。 法的な解決を希望される相談の場合は、弁護士会等の連絡先をご紹介させていただきます。
 
Q 難病患者やその家族等が情報を得られる機会や相談ができるところはありませんか。
■難病講演会・交流会の実施  各区役所(福祉保健センター)で、専門医や福祉関係者を講師とした難病医療講演会や、患者と家族同士の情報交換のための交流会を実施しています。日程が決まり次第、開催予定をホームページに掲載しています。  また、講演会・交流会の実施場所、開催日、内容等については、メールマガジンで月2回配信しています。 ■訪問相談  保健師が面接相談や訪問相談を行っています。 …
 
Q 横浜市外から犬を連れて転入した場合の手続きについて教えてください。
旧所在地の市町村で交付された「犬鑑札」をお住まいの区の福祉保健センターまでご持参いただき、手続きを行なってください。 ・手続きの詳細については、各区福祉保健センター生活衛生課にお問合せくだ  さい。
 
Q 「浄化槽工事完了届出書」の「工事施工者」及び「登録番号」について教えてください。
 横浜市内に浄化槽を設置する場合は、神奈川県に登録又は届出をしている工事業者でなければ浄化槽の設置工事はできません。 このため、設置工事が可能な業者であることを確認するため、工事施工者名及び登録番号を記載していただいております。  「浄化槽工事完了届出書」については、資源循環局一般廃棄物対策課へお問い合わせください。  問合せ先【資源循環局一般廃棄物対策課】  (TEL 045-671…
 
Q 小児慢性特定疾病医療給付を受けているが、病院で一部負担金を払いました。払い戻しは受けられますか。
 小児慢性特定疾病医療受給者証に記載されている医療機関、有効期間内のものについては、払い戻しの請求ができます。  診療報酬明細書(保健点数の記載がある領収書でも可)、小児慢性特定疾病医療受給者証、健康保険証、通帳、印鑑をお持ちいただき、お住まいの区の区役所こども家庭支援課で手続きして下さい。  詳しくは、お住まいの区の区役所こども家庭支援課までお問い合わせ下さい。  問い合わせ先等は…
 
Q 脳卒中・神経脊椎センターについて教えてください。
 横浜市立脳卒中・神経脊椎センターは、脳卒中・神経疾患と脊椎脊髄・膝関節疾患、リハビリテーションの病院です。  脳卒中を中心とした脳血管疾患やパーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経疾患、学齢期から成人期までの脊柱側弯症を含む脊椎脊髄疾患、高齢者に多い膝関節疾患等に対して、高度で専門的な治療を行っています。  また、入院直後からのリハビリテーションの実施や、患者さんの状態にあわせ…
 
Q 横浜市内の診療所及び病院の一覧が見たいのですが。
各区福祉保健センター及び市庁舎1階市民局市民情報センターで、「横浜市の医療施設(名簿編)・(資料編)」の閲覧ができます。配布及び販売はしておりません。下記の健康福祉局のホームページからも医療施設の名簿等をご覧いただけます。 最新の情報は【健康福祉局健康安全部医療安全課】までお問い合わせ下さい。 <問合せ先> 健康福祉局健康安全部医療安全課 (TEL 671−3651)
 
Q ○○科を標榜している医療機関はありますか。
(1)「横浜市医師会地域医療連携センター」へ電話でお問い合わせください。地域や診療科目などから医療機関の御案内をいたします。ご希望に応じてFAXで医療機関の地図や情報をお送りいたします。また、インターネットによる「かかりつけ医の検索」を利用し、ご自身で検索していただくこともできます。 <受付時間>午前9時〜12時/午後1時〜5時          月曜日〜金曜日(土・日・祝日及び年末年始(…
 
Q 脳卒中・神経脊椎センターで実施している脳ドック・もの忘れドックについて教えてください。
<手続き>  お電話(045-753−2500:医事課予約受付)でお問い合わせいただき、ご都合のよろしい日をご予約ください。また、インターネットでも予約ができます。 <実施日>  ○脳ドック  ・標準コース  月・水〜金曜日(祝祭日を除く)  ・MRコース  第2・4土曜日  ○もの忘れドック   火曜日(祝祭日を除く) <コース及び料金>  ○脳ドック  ・標準コース(54,…
 
Q 「サロン」って何のことでしょう?(南区)
 身近な地域で様々な人が気軽に集える“場” のことです。  町内会館を始め、空き家や空き店舗、自宅の一室など、様々な場所で開くことができます。サロンに通うことによって、ご近所づきあいが始まったり、元気なお年寄りが増えたりしている例が多く見られます。また、子育て中のお母さんの憩いの場になっているサロンもあります。  このような、地域での場づくりは「南区地域福祉保健計画(関連ホームページ参照)」に…
 
Q 薬局(医薬品販売業含む)開設の手続を教えてほしい。
横浜市内に薬局等を開設される方は、当該区の福祉保健センターで手続ができます。詳しくは以下にお問い合わせ下さい。 <連絡先> 青葉区福祉保健センター生活衛生課食品衛生担当 (TEL 978-2464) 旭区福祉保健センター生活衛生課食品衛生係 (TEL 954-6166) 泉区福祉保健センター生活衛生課生活衛生係 (TEL 800-2451) 磯子区福祉保健センター生活衛生課食品衛生係…
 
Q 小児慢性特定疾病医療費支援には所得制限はありますか。
所得の制限はありません。
 
Q 【精神通院医療】自分の病気が「重度かつ継続」該当するかどうかわからないが?
自立支援医療診断書(精神通院医療用)の用紙をお持ちになって、かかりつけの医療機関(指定医療機関として指定を受けている医療機関)でご確認ください。
 
Q 小児慢性特定疾病医療費支援には自己負担はありますか。
医療保険適用範囲内については所得に応じた自己負担があります。 入院時の食事代(標準負担額)についても給付の対象になります。
 
Q 横浜市立大学附属センター病院で受けた診療に対する疑問や不安に関する相談、医療スタッフ等について意見がある。
センター病院では、かかりつけ医・患者相談窓口を設置しております。 医療コーディネーター(看護師)2名が常駐し、患者さんやご家族の様々なご相談をお聞きしています。 【受付時間】平日 8:45~17:00 【受付場所】センター病院 本館1階ロビー
 
Q 浄化槽を設置する地域かどうか教えてください。
下水道が整備され、下水を水再生センターで処理できるようになった地域を「処理区域」といいます。 下水道処理区域以外は、浄化槽の設置が必要です。 お住まいの地区が処理区域かどうかは、住所地の土木事務所および 環境創造局管路保全課の地図で確認できます。 問合せ先 【各区土木事務所】 【環境創造局管路保全課】 (TEL 045-671-2828) 浄化槽を設置する場合の問合…
 
Q メモリアルグリーンにはお寺にあるような墓地はないのですか。
墓石(石塔)を立てる墓地はありません。
 
Q 肺炎球菌ワクチンの助成クーポンをなくしてしまいました。再び発行してもらえますか。
過去に、横浜市からクーポン券を受け取られた方で、現在も助成の対象者にあたる場合は、クーポン券の再交付を受けることができます。 クーポン券の紛失、破損、汚損、有効期限切れ又は5年以上の間隔を空けての再接種希望などの理由により、クーポン券の再交付を希望する場合は、再交付申請書に身体障害者手帳のコピーを添えて、健康福祉局障害福祉課へ申請してください。 対象者の条件や、くわしい申請の方法などは直接担当…
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.