本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【209 件中 121 件から 140 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 犬・ねこを飼いたいのですが、どこかで譲ってもらえますか。
横浜市動物愛護センターで譲渡しています。                   詳細はお電話でお問い合わせください。 問合せ先  【横浜市動物愛護センター】 (TEL 045-471-2111) (FAX 045-471-2133)
 
Q 休日に診察を行っている診療所・病院はありますか。
「横浜市救急相談センター」へ電話でお問い合わせてください。その時受診可能な医療機関を24時間年中無休で御案内します。聴覚障害者の方はFAXでお申し込みください。 <連絡先> TEL(局番なし)#7119(携帯電話、PHS、プッシュ回線)または045-232-7119(すべての電話でご利用できます)(FAX 242−3808) なお、横浜市内には各区に休日急患診療所があり日曜・祝日・年末年始…
 
Q 民泊サービスの提供を始めたいが、どうしたらいいですか。
 自宅の一部やマンションの空き室などを活用して宿泊施設を営業する場合、旅館業法に基づく旅館業の許可を受けるか、住宅宿泊事業法に基づく宿泊事業の届出を行う必要があります。  旅館業の営業許可については、宿泊サービスを提供する施設の所在地の【区福祉保健センター生活衛生課】にお問い合わせください。  住宅宿泊事業法の届出については【健康福祉局生活衛生課】が窓口ですので、お問い合わせください。
 
Q 小児慢性特定疾病医療給付の対象者ですが、住所や加入保健を変更しましたが手続きは必要ですか。
 住所、氏名、電話番号、加入している健康保険、同じ健康保険に加入している方を変更した場合には、小児慢性特定疾病医療給付変更届の届出が必要です。  お住まいの区役所のこども家庭支援課の窓口で、お手続きして下さい。  また、市外への転出、治癒及びその他の理由により受給資格を喪失した場合には、医療受給者証を返還していただきます。  詳しくは、お住まいの区役所のこども家庭支援課までお問い合わせ下…
 
Q 免許申請(または進学、就職活動)のために健康診断書(医師の証明書)がほしいのですが。
診断書発行業務は、平成17年3月までは各区福祉保健センターで行っておりましたが、平成17年4月より廃止いたしました。診断書が必要な方はお近くの医療機関をご利用ください。
 
Q 保険証が手元にないのですが、受診できますか(市民病院)
 保険証がお手元にない場合、受診はできますが、診療費は全額自費(10割負担)となります。  受診した月の末日までに、当院1階3番「外来会計受付」窓口へ保険証をお持ちいただければ、保険適用額分を返金いたします。受診した月の末日を過ぎた場合は、当院からの返金は行いません。加入している健康保険組合等にご相談ください。
 
Q 「サロン」って何のことでしょう?(南区)
 身近な地域で様々な人が気軽に集える“場” のことです。  町内会館を始め、空き家や空き店舗、自宅の一室など、様々な場所で開くことができます。サロンに通うことによって、ご近所づきあいが始まったり、元気なお年寄りが増えたりしている例が多く見られます。また、子育て中のお母さんの憩いの場になっているサロンもあります。  このような、地域での場づくりは「南区地域福祉保健計画(関連ホームページ参照)」に…
 
Q 小児慢性特定疾病医療給付では、転院等で受診する医療機関を変更・追加することはできますか。
 医療機関の変更・追加を行うことはできますが、その医療機関にかかる前に小児慢性特定疾病医療給付医療機関追加変更届の提出が必要となります。この場合、医療意見書の添付は不要です。  必要事項を記載の上、お住まいの区の区役所こども家庭支援課に提出してください。  また、主治医の指示により他の医療機関で受診する場合も事前に追加変更届の届出が必要です。  追加・変更する医療機関で給付を受けられるの…
 
Q 浄化槽を設置する地域かどうか教えてください。
下水道が整備され、下水を水再生センターで処理できるようになった地域を「処理区域」といいます。 下水道処理区域以外は、浄化槽の設置が必要です。 お住まいの地区が処理区域かどうかは、住所地の土木事務所および 環境創造局管路保全課の地図で確認できます。 問合せ先 【各区土木事務所】 【環境創造局管路保全課】 (TEL 045-671-2828) 浄化槽を設置する場合の問合…
 
Q 18歳以上で障害を持っていますが、医療費の援助はありますか。
 横浜市在住で身体障害者手帳を持っている18歳以上の方を対象にした、障害の除去・軽減を目的にした更生医療給付制度があります。 (1)対象者   横浜市在住の18歳以上で障害者手帳を持っている方 (2)助成の範囲  指定医療機関で提供される障害の除去・軽減が認められる保険医療について、医療機関窓口での負担を軽減しています。  (角膜手術、関節形成手術、外耳形成手術、心臓手術、人工透…
 
Q 中古の家を買ったら浄化槽があったがどうしたらよいでしょうか。
 浄化槽管理者(所有者)に変更があったときは、新たに浄化槽管理者になった方が、 変更の日から30日以内に、浄化槽管理者変更報告書を提出してください。  また、浄化槽を使用する場合には、保守点検及び清掃の実施、並びに法定検査の受検が必要です。 (1)保守点検 浄化槽の装置・付属機器の点検を専門的知識や技能を持った浄化槽管理士に委託することができます。 問合せ先 …
 
Q 調理師、製菓衛生師、ふぐ包丁師免許の試験について教えてください
調理師、製菓衛生師、ふぐ包丁師免許などの試験に関する事務は、神奈川県が行っています。 各資格の担当部署にお問い合わせください。 1 調理師  神奈川県 健康医療局 生活衛生部 生活衛生課 団体指導グループ  (電話 045-210-4936) 2 製菓衛生師  神奈川県 健康医療局 生活衛生部 生活衛生課 食品衛生グループ  (電話 045-210-4940) 3 ふぐ包丁師  …
 
Q (都筑区)介護を実施している家族の情報交換や悩みを気軽に出し合える場がないか
 在宅の要介護高齢者の家族同志が情報交換できる場として、茶話会や講座などを各地域ケアプラザで、「介護者のつどい」として開催している。 〔開催日時と会場等:問い合わせ先〕  葛が谷地域ケアプラザ  都筑区葛が谷16−3      tel 943−5951  fax943−5961   東山田地域ケアプラザ  都筑区東山田町270      tel 590−3788  fax592−59…
 
Q 小児慢性特定疾病医療費支援の有効期間が切れそうですが、どのような手続きをすればいいでしょうか。
 継続して小児慢性特定疾病医療費支援を受けようとする方は、小児慢性特定疾病医療受給者証に記載されている有効期間が終了する2か月前までに、お住まいの区の区役所こども家庭支援課で申請をしてください。  詳しくは、お住まいの区の区役所こども家庭支援課までお問い合わせ下さい。  問い合わせ先等は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 急な病気やけがで、医療機関へ行くか救急車を呼ぶか迷っています。
「横浜市救急相談センター」へ電話でお問い合わせください。音声案内に従って番号を押すと、次のサービスにつながります。(24時間・年中無休) プッシュ1番 医療機関案内 その時受診可能な、医療機関案内を行います。 聴覚障害者の方は専用ファックス 045-242-3808に送付してください。FAX受付後に医療機関と調整の上、折り返しいたします。 プッシュ2番 救急電話相談  看護師が、症状に基…
 
Q 脳卒中・神経脊椎センター介護老人保健施設ではどんなサービスが提供されるのですか。
・施設サービス(入所)  日常生活のお世話を中心にレクリエーション、リハビリテーション生活指導等を通じて、ご利用者様の1日も早い家庭 復帰を目指し、身体及び精神の回復、安定を図ります。 ・短期入所療養介護(ショートステイ)  看護・介護を行っているご家族の方の病気、休養、様々な理由によりご家庭での看護・介護が一時的に困難になった場合、短期間ご利用いただけます。 ・通所リハビリテー…
 
Q 横浜市における被爆者援護事業について教えてもらいたい。
 本市では、被爆者の方に対する援護費の支給(10,000円/年)、はり・きゅう・マッサージ療養費の助成(3,000円/月額が限度)及び被爆者の子に対する医療費助成を行っております。  詳しくはホームページをご確認いただくか、各区福祉保健センター健康づくり係もしくは健康福祉局保健事業課へお問い合せ下さい。  なお、被爆者健康手帳に関する事項や各種手当など、その他の援護事業については神奈川県にて所…
 
Q 難病患者やその家族等が情報を得られる機会や相談ができるところはありませんか。
■難病講演会・交流会の実施  各区役所(福祉保健センター)で、専門医や福祉関係者を講師とした難病医療講演会や、患者と家族同士の情報交換のための交流会を実施しています。日程が決まり次第、開催予定をホームページに掲載しています。  また、講演会・交流会の実施場所、開催日、内容等については、メールマガジンで月2回配信しています。 ■訪問相談  保健師が面接相談や訪問相談を行っています。 …
 
Q 飼っていた犬が行方不明になったのですが?
できるだけ早く次の機関などに問い合わせてください。 確認できないときは2〜3日に1回は問い合わせてください。 (1)お住まいの区や隣接する区の福祉保健センター生活衛生課 (2)横浜市動物愛護センター(TEL 045−471−2111) (3)最寄りの警察署 (4)横浜市外の行政機関 ・大和市、鎌倉市、逗子市など    神奈川県動物保護センター(TEL 0463−58−34…
 
Q 未熟児養育医療給付を受ける場合、自己負担がありますか。
所得に応じた自己負担額はありますが、医療保険加入者であれば本市小児医療費助成事業で助成ができますので、結果として医療機関窓口での自己負担は生じません。 詳しくは、お住まいの区の区役所こども家庭支援課、もしくは区役所保険年金課保険係までお問い合わせ下さい。 本市小児医療費助成事業については関連ホームページを参照して下さい。
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.