本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【227 件中 81 件から 100 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 歯周疾患検診の対象年齢について教えてほしい
歯周疾患検診受診対象者は、市内在住の満40歳、50歳、60歳、70歳の市民です。 (該当年齢の期間に1回受診できます。) <問い合わせ> 健康福祉局保健事業課 電話 671-2453 FAX 663-4469 横浜市歯科医師会 電話 681-1553 FAX 212-4618
 
Q 民泊サービスの提供を始めたいが、どうしたらいいですか。
 自宅の一部やマンションの空き室などを活用して宿泊施設を営業する場合、旅館業法に基づく旅館業の許可を受けるか、住宅宿泊事業法に基づく宿泊事業の届出を行う必要があります。  旅館業の営業許可については、宿泊サービスを提供する施設の所在地の【区福祉保健センター生活衛生課】にお問い合わせください。  なお、住宅宿泊事業法の届出については【健康福祉局生活衛生課】が窓口ですので、お問い合わせください。
 
Q 水洗化のため浄化槽の廃止工事を行なうにはどのようにしたらよいでしょうか。
(1)浄化槽を廃止して公共下水道に直接放流できるようにする工事は、横浜市の指定工事店でなければできません。契約にあたっては、必ず、工事費、施工時期、助成金・貸付金利用の有無等を確認してください。 指定工事店は、「横浜市管工事協同組合」にお問い合わせください。  【横浜市管工事協同組合】(TEL 045-681-6631) 問合せ先【各区土木事務所】  連絡先は関連ホームページを参照…
 
Q 現在入院中の病院から脳卒中・神経脊椎センターへリハビリ目的で転院するにはどうすればよいですか?
<手続き>  現在ご入院中の病院の医療ソーシャルワーカーなど退院支援スタッフから、当院の医療ソーシャルワーカーにお電話にてご相談ください。その後病院間で診療情報提供書等の提供を受け、入院の適否を判断させていただきます。  また、転院の手続きを行うにあたりましては、現在ご入院中の病院等の医師やソーシャルワーカー等と事前によくご相談いただきますようお願いいたします。
 
Q 小児慢性特定疾病医療給付において、受診できる医療機関は決まっていますか。
 小児慢性特定疾病医療受給者証に記載された医療機関でのみ受診することができます。  指定医療機関の場合、医療受給者証を窓口に提示することで医療保険適用範囲内の自己負担に上限額が適用されます。  受信する医療機関が指定医療機関として指定されていることについては、医療機関所在地の自治体にお問い合わせください。  なお、指定医療機関以外で受診した場合、小児慢性特定疾病医療費支援を受けることはできま…
 
Q 浄化槽の清掃をしたいのですが教えてください。
浄化槽の清掃は、市の許可を受けている浄化槽清掃業許可業者に委託してください。 「浄化槽清掃許可業者」については、資源循環局一般廃棄物対策課へお問い合わせください。 問合せ先【資源循環局一般廃棄物対策課】 (TEL 045-671-2547)
 
Q 浄化槽を廃止したので手続きを教えてください。
浄化槽を廃止したときは「浄化槽使用廃止届出書」を提出してください。 「浄化槽使用廃止届出書」については、資源循環局一般廃棄物対策課へお問い合わせください。 問合せ先 【資源循環局一般廃棄物対策課】 (TEL 671−2547) <送付先> 〒231-0013 横浜市中区住吉町1−13 松村ビル 資源循環局一般廃棄物対策課 届出書は持参又は郵送ください。
 
Q 浄化槽を設置する地域かどうか教えてください。
下水道が整備され、下水を水再生センターで処理できるようになった地域を「処理区域」といいます。 下水道処理区域以外は、浄化槽の設置が必要です。 お住まいの地区が処理区域かどうかは、住所地の土木事務所および 環境創造局管路保全課の地図で確認できます。 問合せ先 【各区土木事務所】 連絡先は関連ホームページを参照してください。 【環境創造局管路保全課】 (TEL 045-6…
 
Q 小児慢性特定疾病医療給付では、転院等で受診する医療機関を変更・追加することはできますか。
 医療機関の変更・追加を行うことはできますが、その医療機関にかかる前に小児慢性特定疾病医療給付医療機関追加変更届の提出が必要となります。この場合、医療意見書の添付は不要です。  必要事項を記載の上、お住まいの区の区役所こども家庭支援課に提出してください。  また、主治医の指示により他の医療機関で受診する場合も事前に追加変更届の届出が必要です。  追加・変更する医療機関で給付を受けられるの…
 
Q 近所に迷惑な犬や猫の飼い方をしている人がいる、虐待している人がいるので指導して欲しい
区福祉保健センター生活衛生課がお話を伺うので区福祉保健センター生活衛生課に相談してください。
 
Q 浄化槽が壊れた(ブロワが止まったなど)ので修理したいのですが。
浄化槽の修理は、装置・付属機器について専門的知識や技能を持った浄化槽管理士に 委託することができます。 浄化槽管理士は、「(社)神奈川県生活水保全協会」にお問い合わせください。 【(社)神奈川県生活水保全協会】 (TEL 045-830-5720) 問合せ先 【資源循環局一般廃棄物対策課】 (TEL 045-671-2547)
 
Q 歯周疾患検診実施医療機関を教えてほしい
<受診場所> 『横浜市歯周疾患検診実施医療機関』プレートがかかった医療機関となります。 実施医療機関名簿は横浜市ホームページ及び横浜市歯科医師会ホームページに掲載されています。 また、横浜市健康福祉局及び横浜市歯科医師会にお問い合わせください。 <問い合わせ>  健康福祉局保健事業課 電話 671-4040 FAX 663-4469 横浜…
 
Q 23価肺炎球菌ワクチンの助成は、誰が受けられますか?
23価肺炎球菌ワクチン接種には、定期接種と任意接種があります。それぞれ条件が異なりますので、ご自身がどちらに該当するかをご確認ください。 【定期接種対象者】  市内に住民登録がある次の①又は②の方   ① ■平成30年度まで■ 各年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、 95歳、100歳になる方     ■平成31年度以降■ 国において検討中   ② 接種日現在60…
 
Q 重度障害者医療費助成対象者がやむを得ず医療費を支払った場合の、払い戻しの手続きについて教えて下さい。
医療証を提示できなかったときや、神奈川県外の医療機関やこの制度を扱わない医療機関を受診したときなどは、窓口で一部負担金をお支払いいただいたのち、払い戻しの手続きが受けられます。 <申請に必要なもの> 健康保険証 横浜市重度障害者医療証 印鑑(朱肉を使うもの) 医療費領収書(患者氏名、保険診療の総点数、診療期間、領収金額、医療機関名が明記されているもの) 振込先金融機関口座のわかるも…
 
Q 外出支援サービス事業(難病患者)とはどのようなものなのでしょうか。
■対象者  市内に居住し、一般の交通機関を利用しての外出が困難(車いすを利用している方)で、障害者総合支援法で定める332疾病にり患している方。 ■サービス内容  一般の交通機関を利用しての外出に困難を伴う難病患者に対し、区社会福祉協議会のボランティアの運転で、専用車両により居宅から医療機関等へ送迎を行います。 ただし、高齢者施策(介護保険の制度の通院等乗降介助、高齢者外出支援サービス…
 
Q 肺炎球菌ワクチンのクーポン券が送られてきましたが、必ず受けなくてはならないのですか?
いいえ。任意接種ですので、必要と思う場合には、かかりつけ医とよく相談して、納得した上で接種をしてください。
 
Q 浄化槽を設置する場合の手続きを教えてください。
 浄化槽を設置する場合の手続きについて (1) 建築確認申請を行なう場合は、建築確認申請を行う前に 「浄化槽設置計画書」 を提出してください。 (2) 建築確認申請を行なわない場合は 「浄化槽設置届出書」 を提出してください。  浄化槽設置計画書(浄化槽設置届出書)の提出の際には、事前にご予約をお願いしております。 書類の記入方法および添付書類、予約については資源循環局一般廃棄物対策課へ …
 
Q 未熟児で入院している指定養育医療機関を変更(転院)する場合の手続きについて教えて下さい。
基本的には新規の申請と同じです。養育医療給付申請書、養育医療意見書をそえて、お住まいの区の区役所こども家庭支援課で申請の手続きをお願いいたします。世帯調書、所得証明については、異動がなければ必要ありません。 詳しくは、お住まいの区の区役所こども家庭支援課までお問い合わせ下さい。
 
Q 診療所・施術所の開設をしたいが、どこに問合せをすればよいか。
横浜市内に診療所を開設される方は、事前に健康福祉局医療安全課へご相談ください。 (TEL 671−2414) 施術所を開設される方は、当該区の福祉保健センターで手続ができます。詳しくは以下にお問い合わせ下さい。 <連絡先> 青葉区福祉保健センター生活衛生課(医務薬務担当)(TEL 978−2463) 旭区福祉保健センター生活衛生課(医務薬務担当)(TEL 954−6166) 泉区福…
 
Q ひとり親家庭等医療費助成の対象の母子がともに住所変更をしますが手続きについて教えて下さい。
<市内>  区内で転居をするときは、福祉医療証、健康保険証及び印鑑をもってお住まいの区の区役所保険係へ届け出て下さい。 他の区に転出するときは、転入する区の保険年金課に、福祉医療証、健康保険証及び印鑑をもって届け出て下さい。 <市外>  市外に転出するときは、転出する前に福祉医療証、健康保険証及び印鑑をもってお住まいの区の区役所保険係への届け出て下さい。 届け出先は関…
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.