本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【224 件中 81 件から 100 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 未熟児養育医療給付を受ける場合、自己負担がありますか。
所得に応じた自己負担額はありますが、医療保険加入者であれば本市小児医療費助成事業で助成ができますので、結果として医療機関窓口での自己負担は生じません。 詳しくは、お住まいの区の区役所こども家庭支援課、もしくは区役所保険年金課保険係までお問い合わせ下さい。 本市小児医療費助成事業については関連ホームページを参照して下さい。
 
Q (自身・家族等が)こころの健康問題・病気で悩んでいます。
1 平日昼間について (月から金 午前8時45分から午後5時)【お住まいの区の福祉保健センター高齢・障害支援課 障害者支援担当】にお問い合わせ下さい。  鶴見  (TEL 510−1848)  金沢 (TEL 788−7848)  神奈川 (TEL 411−7115)  港北 (TEL 540−2377)  西   (TEL 320−8450 )  緑 (TEL 930−2434)  …
 
Q 小児慢性特定疾病医療給付では、転院等で受診する医療機関を変更・追加することはできますか。
 医療機関の変更・追加を行うことはできますが、その医療機関にかかる前に小児慢性特定疾病医療給付医療機関追加変更届の提出が必要となります。この場合、医療意見書の添付は不要です。  必要事項を記載の上、お住まいの区の区役所こども家庭支援課に提出してください。  また、主治医の指示により他の医療機関で受診する場合も事前に追加変更届の届出が必要です。  追加・変更する医療機関で給付を受けられるの…
 
Q 飲食店で食事をしたら下痢をしてしまいました。お店を調査してほしいのですが。
 飲食店等を利用して下痢、嘔吐など食中毒が疑われる症状が現れた場合は、お住まいの区の福祉保健センター生活衛生課にご相談ください。
 
Q 横浜市立大学附属病院にはどのような診療科がありますか。
【診療体制】 血液・リウマチ・感染症内科、 呼吸器内科、 循環器内科、 腎臓・高血圧内科、 消化器内科、 内分泌・糖尿病内科、 神経内科、 脳卒中科、 精神科、 小児科、 一般外科、 心臓血管外科・小児循環器科、 消化器・肝移植外科、 臨床腫瘍科・乳腺外科、 整形外科、 皮膚科、 泌尿器科、 産婦人科、 眼科、 耳鼻いんこう科、 放射線科、 歯科・口腔外…
 
Q 近くの医療機関を教えてほしい。
(1)身近なかかりつけ医をお探しの場合 「横浜市医師会地域医療連携センター」へ電話でお問い合わせください。地域や診療科目などから医療機関の御案内をいたします。ご希望に応じてFAXで医療機関の地図や情報をお送りいたします。また、インターネットによる「かかりつけ医の検索」も行っていますのでご利用ください。 <受付時間>午前9時〜12時/午後1時〜5時 月曜日〜金曜日(土・日・祝日及び年末年始(12…
 
Q 未熟児で入院している指定養育医療機関を変更(転院)する場合の手続きについて教えて下さい。
基本的には新規の申請と同じです。養育医療給付申請書、養育医療意見書をそえて、お住まいの区の区役所こども家庭支援課で申請の手続きをお願いいたします。世帯調書、所得証明については、異動がなければ必要ありません。 詳しくは、お住まいの区の区役所こども家庭支援課までお問い合わせ下さい。
 
Q 精神科クリニックにかかっていますが、医療費の助成制度はありますか。
 指定医療機関において、精神疾患の継続的な通院治療を行う場合に、医療費の一部が公費で負担されます。(ただし、所得に応じて月額の自己負担額に上限が設けられます。)   自己負担は原則1割です。(ただし、所得に応じて月額の自己負担額に上限が設けられます。)   なお、一定所得以上の世帯(市町村民税額(所得割)23万5千円以上)に属する方で「重度かつ継続」に該当しない場合には、公費負担の対象外となり…
 
Q 市民病院に入院しました。医療費の支払いに困っています。分割払い等はできますか。
 医療費の支払いについてお困りの場合には、入院中から患者総合サポートセンターの医療ソーシャルワーカーが相談に応じていますのでお申し出ください。各種の補助制度の紹介や手続きについての案内等を行っております。   また、一度に入院費の全額を支払うことが困難な場合には、お支払方法のご相談を受けることもできますので、会計窓口にてご相談ください。医事課の事務スタッフが対応いたします。 < 問い合わせ…
 
Q 犬・ねこを飼いたいのですが、どこかで譲ってもらえますか。
横浜市動物愛護センターで譲渡しています。                   詳細はお電話でお問い合わせください。 問合せ先  【横浜市動物愛護センター】 (TEL 045-471-2111) (FAX 045-471-2133)
 
Q 交通事故や労務災害の場合の保険の取扱はどうなるのですか(市民病院)
<交通事故の場合>   交通事故における診療については、基本的には自費扱いとして、交通事故のための保険(自賠責保険・任意保険)を使用し、お支払をしていただきます。  ①自賠責保険を使用する場合   診療点数1点20円として計算し、診療された患者さんに対して診療費を請求いたします。  ②損害保険会社の一括支払を利用する場合   入院費のみ、加害者が任意保険に加入している場合、診療費の支払を…
 
Q 18歳未満で障害を持っていますが、医療費の援助はありますか。
 指定医療機関において、身体の障害を軽くしたり、回復させる治療を行う場合に、公費負担で必要な治療が受けられる「自立支援医療(育成医療)の給付事業」があります。  指定の医療機関で育成医療受給者証を提示することで、保険診療の自己負担の一部(生活保護の方は入院時食事代も対象)が公費で負担されます。 ※原則として事前申請が必要です。  育成医療の自己負担は原則1割です。ただし、所得に応じて…
 
Q 23価肺炎球菌ワクチンの助成は、誰が受けられますか?
23価肺炎球菌ワクチン接種には、定期接種と任意接種があります。それぞれ条件が異なりますので、ご自身がどちらに該当するかをご確認ください。 【定期接種対象者】  過去に23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがなく、市内に住民登録がある、以下の①または②方   ①■平成31年度(2019年度)■      各年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、 95歳、100歳…
 
Q 心身障害児・者歯科診療事業について教えてほしい。
<概 要> 心身障害児・者の歯科治療を、横浜市歯科保健医療センター及び横浜市歯科医師会に所属している歯科診療所(心身障害児・者歯科診療協力医療機関)の協力を得て実施しています。 <対象者> 心身障害児および心身障害者 <内  容> (1) 横浜市歯科保健医療センターで、毎週月~土曜日の午前9時から午後5時まで診療を実施しています。 (2) 各区の…
 
Q 医療費について教えてください。
(1)診療報酬制度及び診療報酬に伴う医療機関の指導等に関するご相談    社会保険の場合:関東信越厚生局(電話045-270-2053)    国民健康保険、後期高齢者医療保険の場合:神奈川県医療保険課高齢者医療対策グループ                                (電話045-210-4885) (2)レセプト開示等のご相談:お客様の加入している健康保険組合 (3…
 
Q 放れている犬、遺棄された、もしくは怪我をしている犬や猫、親からはぐれた子猫を収容して欲しい。
遺棄された犬猫については警察に連絡したうえで、区福祉保健センター生活衛生課に連絡し収容を依頼してください。放れている犬、怪我をしている犬猫、親からはぐれた子猫は区福祉保健センター生活衛生課に連絡して収容の相談をしてください。
 
Q 飼っていた犬が行方不明になったのですが?
できるだけ早く次の機関などに問い合わせてください。 確認できないときは2〜3日に1回は問い合わせてください。 (1)お住まいの区や隣接する区の福祉保健センター生活衛生課 (2)横浜市動物愛護センター(TEL 045−471−2111) (3)最寄りの警察署 (4)横浜市外の行政機関 ・大和市、鎌倉市、逗子市など    神奈川県動物保護センター(TEL 0463−58−34…
 
Q 浄化槽を廃止したので手続きを教えてください。
浄化槽を廃止したときは「浄化槽使用廃止届出書」を提出してください。 「浄化槽使用廃止届出書」については、資源循環局一般廃棄物対策課へお問い合わせください。 問合せ先 【資源循環局一般廃棄物対策課】 (TEL 671−2547) <送付先> 〒231-0013 横浜市中区住吉町1−13 松村ビル 資源循環局一般廃棄物対策課 届出書は持参又は郵送ください。
 
Q 休日に診察を行っている診療所・病院はありますか。
「横浜市救急相談センター」へ電話でお問い合わせてください。その時受診可能な医療機関を24時間年中無休で御案内します。聴覚障害者の方はFAXでお申し込みください。 <連絡先> TEL(局番なし)#7119(携帯電話、PHS、プッシュ回線)または045-232-7119(すべての電話でご利用できます)(FAX 242−3808) なお、横浜市内には各区に休日急患診療所があり日曜・祝日・年末年始…
 
Q 子どもが生まれたのですが、医療費助成の手続きについて教えてください。
 お子様のお名前が載った健康保険証と印鑑(朱肉を使うもの)を持って、お住まいの区の区役所保険年金課保険係に小児医療費助成の申請をしてください。   これまでに医療機関の窓口で支払った医療費がある場合は、保険診療の総点数、診療期間、領収金額、医療機関名の明記された領収書・金融機関の預金通帳も一緒にお持ちいただけば、払い戻しの申請もできます。  申請後、お子さんが1歳になられたときには、1歳の誕生…
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.