本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【227 件中 61 件から 80 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 市民病院では入院時に連帯保証人が必要ですか
 入院時の連帯保証人については、入院申込書にてご申告いただくことが必要です。  入院決定時にお渡しする「入院のご案内」の中に入院申込書が添付してあります。入院申込書には連帯保証人の記入欄がありますので、必要事項をご記入・押印のうえ入院日当日に1階総合案内へご提出ください。  なお、連帯保証人は患者さんとは別に生計を営まれる成年の方に限ります。  < 受付時間 >     午前9時〜…
 
Q ひとり親家庭等医療費助成の対象の子供は何歳まで助成が受けられますか。
18歳になった日以後最初の3月31日までです。 ※その児童が中程度以上の障害を有する場合、高等学校等に在学中の場合は20歳未満です。   詳しくはお住まいの区の区役所保険年金課保険係にお問い合わせください。 問い合わせ先は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 肺炎球菌ワクチンを接種したいのですが、いくらかかりますか?
ワクチンの接種費用は医療機関によって異なりますが、おおよそ5,000〜10,000円といわれています。
 
Q 横浜市立大学附属病院に受診の際に、必要なものは何ですか。また初診の際に特に注意することはありますか。
紹介状(保険医療機関発行のもの)、保険証、その他医療証(お持ちの方)、診察券(再診の方)が必要です。 本院は、他の病院や診療所からの紹介状(保険医療機関発行のもの)をお持ちいただくことを原則としています。 なお、紹介制以外の診療科は紹介状のない場合も受診できますが、診療費の他に初診料非紹介患者加算として選定療養費(5,400円)をいただくこととなります。これは、本院と地域医療機関が相互…
 
Q 難病患者が受けられる医療費助成や福祉サービスの受付窓口はどこですか。
お住まいの区役所の高齢・障害支援課が、ご相談や手続きの窓口となります。 医療費助成(指定難病医療費助成制度)については、お住まいではない(お勤め先や学校の近くなど)区役所の高齢・障害支援課でも書類を受け付けることができます。郵送で申請手続きをする場合は、神奈川県庁に送ってください。 更新の手続きも同様です。 送り先 〒231-8588(住所の記載は不要です)     神奈川県がん・疾病…
 
Q 精神科クリニックにかかっていますが、医療費の助成制度はありますか。
 指定医療機関において、精神疾患の継続的な通院治療を行う場合に、医療費の一部が公費で負担されます。(ただし、所得に応じて月額の自己負担額に上限が設けられます。)   自己負担は原則1割です。(ただし、所得に応じて月額の自己負担額に上限が設けられます。)   なお、一定所得以上の世帯(市町村民税額(所得割)23万5千円以上)に属する方で「重度かつ継続」に該当しない場合には、公費負担の対象外となり…
 
Q 重度障害者医療費援助事業に所得制限はありますか。
所得制限はありません。
 
Q エイズの即日検査を受けたいのですが。
(1)即日検査とは何か?    検査当日に結果がわかります。    専用シートに少量の血液をたらし感染を判定します。 (2)申込方法は?    事前電話予約制です。    専用番号【045−664−2525】8:00〜21:00年中無休    ※検査直前の平日(金曜)16時までに予約。(金曜日が祝日の場合はその前日)    検査当日の流れは『1.検査説明 2.採血 3.結果の説明…
 
Q 医療費の支払いに困っています。分割払い等はできますか
 医療費の支払いについてお困りの場合には、医事課の事務スタッフ、または、患者総合相談室のケースワーカーが相談に応じております。  各種の補助制度の紹介や手続きについての案内等を行っております。   また、一度に入院費の全額を支払うことが困難な場合には、分割払いのご相談を受けることもできますので、医事課収納担当へお問い合わせください。 < 問い合わせ先 >    【総合相談室 医療相談担…
 
Q 犬・猫のマイクロチップ装着費用の補助制度について教えてください
横浜市民が飼養する飼い猫及び飼い犬のマイクロチップ装着施術1件につき1,500円(上限)を補助します。 補助の対象は、4月1日以降に登録動物病院で施術をし、AIPO(動物ID普及推進会議)への登録を済ませたものとなります。(なお、犬の場合、狂犬病予防法に基づく登録及び平成30年度の狂犬病予防注射が済んでいることも条件となります。) …
 
Q 横浜市立大学附属市民総合医療センター(市大センター病院)にはどのような診療科がありますか。
【診療体制】10の疾患別センターと20の専門診療科があります。 ◆疾患別センター 高度救命救急センター、総合周産期母子医療センター、リウマチ膠原病センター、炎症性腸疾患(IBD)センター、精神医療センター、心臓血管センター、消化器病センター、呼吸器病センター、小児総合医療センター、生殖医療センター ◆専門診療科 総合診療科、血液内科、腎臓・高血圧内科、内分泌・糖尿病内科、神経内科、…
 
Q 小児慢性特定疾病医療給付において、受診できる医療機関は決まっていますか。
 小児慢性特定疾病医療受給者証に記載された医療機関でのみ受診することができます。  指定医療機関の場合、医療受給者証を窓口に提示することで医療保険適用範囲内の自己負担に上限額が適用されます。  受信する医療機関が指定医療機関として指定されていることについては、医療機関所在地の自治体にお問い合わせください。  なお、指定医療機関以外で受診した場合、小児慢性特定疾病医療費支援を受けることはできま…
 
Q 食品衛生責任者となった者が受講する講習会について教えてください
食品衛生責任者指定講習会は、各区の福祉保健センター等で実施しております。 福祉保健センター生活衛生課食品衛生係へお問い合わせください。 問合せ先は、関連ホームページを参照してください。
 
Q 横浜市立大学附属病院の診療受付は何時からですか。
【診療時間】午前9時〜午後4時 【診療受付時間】初診 午前8時30分〜午前10時30分 再診 <予約あり>指定時間(診療予約票の記載時間) <予約なし>午前8時〜午前11時 休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日〜1月3日)問合せ先 【横浜市立大学附属病院代表電話】(TEL 787−2800)
 
Q 難病患者向けの相談会などはありませんか。
■難病相談事業(難病講演会・交流会の実施)  各区役所(福祉保健センター)で、専門医や福祉関係者を講師とした難病医療講演会や、患者と家族同士の情報交換のための交流会を実施しています。  日程が決まり次第、開催予定を下記ホームページに掲載しています。 【横浜市難病講演会・交流会】  http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/nanbyo/kouenkai/…
 
Q 心身障害児・者歯科診療事業について教えてほしい。
<概 要> 心身障害児・者の歯科治療を、横浜市歯科保健医療センター及び横浜市歯科医師会に所属している歯科診療所(心身障害児・者歯科診療協力医療機関)の協力を得て実施しています。 <対象者> 心身障害児および心身障害者 <内  容> (1) 横浜市歯科保健医療センターで、毎週月~土曜日の午前9時から午後5時まで診療を実施しています。 (2) 各区の…
 
Q 飼っていた犬が行方不明になったのですが?
できるだけ早く次の機関などに問い合わせてください。 確認できないときは2〜3日に1回は問い合わせてください。 (1)お住まいの区や隣接する区の福祉保健センター生活衛生課 (2)横浜市動物愛護センター(TEL 045−471−2111) (3)最寄りの警察署 (4)横浜市外の行政機関 ・大和市、鎌倉市、逗子市など    神奈川県動物保護センター(TEL 0463−58−34…
 
Q 更生医療は自己負担がありますか。
 世帯の収入に応じた自己負担があります。    問い合わせ等詳細は関連ホームページを参照してください。
 
Q 育成医療給付は自己負担がありますか。
あります。所得に応じた自己負担金負担上限月額までは、医療機関の窓口に支払う必要があります。 詳しくは、お住まいの区の区役所こども家庭支援課までお問い合わせください。 問い合わせ等詳細は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q 横浜市健康診査の検査内容はどうなっていますか。
以下の必須項目と医師が必要と認めた場合に実施する選択項目があります。 必須項目 問診 視診、胸部聴打診、腹部触診 身体計測 血圧測定 尿検査 血液検査(肝機能、腎機能、脂質異常、糖尿病、尿酸) 腹囲(40歳~74歳の方のみ) 選択項目(医師が必要と認めた場合) 心電図検査 眼底検査 貧血検査
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.