本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【224 件中 181 件から 200 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 石綿による健康被害の救済制度の申請をしたいのですが。
(1)石綿による健康被害の救済制度の対象となる疾病は、次のとおりです。     ・中皮腫     ・石綿による肺がん     ・著しい呼吸機能障害を伴う石綿肺   ・著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚 (2)申請に必要な書類は次のとおりです。      治療中の方: 認定申請書、住民票等、診断書及び療養手当請求書など    遺族の方:特別遺族弔慰金・特別葬祭料請求書、死亡診…
 
Q 小児慢性特定疾病医療給付の対象者ですが、住所や加入保健を変更しましたが手続きは必要ですか。
 住所、氏名、電話番号、加入している健康保険、同じ健康保険に加入している方を変更した場合には、小児慢性特定疾病医療給付変更届の届出が必要です。  お住まいの区役所のこども家庭支援課の窓口で、お手続きして下さい。  また、市外への転出、治癒及びその他の理由により受給資格を喪失した場合には、医療受給者証を返還していただきます。  詳しくは、お住まいの区役所のこども家庭支援課までお問い合わせ下…
 
Q ひとり親家庭等医療費助成対象者が医療費を支払ってしまったが、払い戻しの手続きについて教えて下さい。
<申請に必要なもの> 健康保険証 福祉医療証 印鑑(朱肉を使うもの) 医療費領収書(患者氏名、保険診療の総点数、診療期間、領収金額、医療機関名が明記されているもの) 振込先金融機関口座のわかるもの(貯蓄預金口座には振り込めません) <申請先> お住まいの区の区役所保険年金課保険係  問い合わせ先は関連ホームページを参照して下さい。
 
Q メモリアルグリーンへは車ではどのように行くのですか。
国道1号線原宿交差点から横浜医療センター方面へ向かって、約1.5km先になります。
 
Q 【精神通院医療】非課税世帯で収入80万円以下の場合、収入のわかるものとはどのようなものか?
障害年金や遺族年金、特別障害者手当などの改定通知書や証書など、前年1年間の収入金額がわかるものが必要です。 ○対象となる収入 給与所得や事業所得、不動産所得などの所得、老齢を理由に支給される年金(厚生年金、国民年金、共済年金など)のほか (1) 障害年金(障害基礎年金、障害厚生年金、障害共済年金) (2) 遺族年金(遺族基礎年金、遺族厚生年金、遺族共済年金) (3) 特別障害者手当等(特…
 
Q クリーニング師の免許申請等については、どうしたらいいですか。
クリーニング師の免許申請等については、お住まいの区の福祉保健センター生活衛生課にお問い合わせください。
 
Q 衛生研究所では個別の医療に関する相談に応じてもらえますか。
衛生研究所は、医療機関ではありません。したがって、個別の医療に関する御質問には、応じることができません。かかりつけの医療機関または最寄りの医療機関の医師に御相談ください。
 
Q 更生医療の受給者ですが、住所や加入保険を変更しましたが手続きは必要ですか。
住所や加入保険が変更になった場合は、変更の申請が必要です。 必要書類やお手続きの詳細については、お住まいの区の区役所高齢・障害支援課へお問い合わせください。 なお、転居等によって世帯構成が変わる場合や、健康保険の変更で保険の世帯が変わる場合は、自己負担額が変わることがあります。 また、横浜市外への転居の場合は、転居先での申請が必要となります。   問い合わせ等詳細は関連ホームページを…
 
Q 浄化槽に関する届出書類中の「施設番号」について教えてください。
「浄化槽設置計画書」または「浄化槽設置届出書」を提出いただいた際に、申請書類に 施設番号を付記しています。お手元の「浄化槽設置計画書」または「浄化槽設置届出書」の上部をご確認ください。 「施設番号」については資源循環局一般廃棄物対策課へお問い合わせください。 問合せ先 【資源循環局一般廃棄物対策課】 (TEL 045-671-2547)
 
Q 更生医療の給付を受けている医療機関を変更する場合の手続きについて教えて下さい。
まず、変更後の医療機関における更生医療の指定医に、意見書及び医学的意見書の2通の記入を依頼してください。 次に、その2通とその他必要書類をお持ちのうえ、お住まいの区の区役所の高齢・障害支援課に医療機関の変更の申請をしてください。 なお、変更後の医療機関も指定医療機関である必要があります。 必要書類については、お住まいの区の区役所の高齢・障害支援課にご確認ください。 また、問い合わせ等詳…
 
Q メモリアルグリーンは誰でも応募できますか。
メモリアルグリーンの使用者募集は、平成25年度で終了し、現段階では再募集の予定はありません。今後再募集する場合は、「広報よこはま」や横浜市ホームページでご案内させていただきます。
 
Q 更生医療はどこの医療機関でも受けられますか。
障害者総合支援法の規定による各都道府県・政令市・中核市の指定を受けた医療機関でのみ、更生医療を受けることができます。 また、院外薬局や訪問看護ステーションをご利用になる場合も同様に、指定を受けたところに限られます。 問い合わせ等詳細は関連ホームページを参照してください。
 
Q 更生医療は自己負担がありますか。
世帯の収入に応じた自己負担があります。 問い合わせ等詳細は関連ホームページを参照してください。
 
Q 歯周病検診の対象年齢について教えてほしい
歯周病検診受診対象者は、市内在住の満40歳、50歳、60歳、70歳の市民です。 (該当年齢の期間に1回受診できます。) <問い合わせ> 健康福祉局保健事業課 電話 671-2453 FAX 663-4469 横浜市歯科医師会 電話 681-1553 FAX 212-4618
 
Q 浄化槽の管理(使い方)を教えてください。
 浄化槽を管理されている方は、保守点検、清掃、法定検査が義務づけられています。 (1)保守点検 浄化槽の装置・付属機器の点検を専門的知識や技能を持った浄化槽管理士に委託することができます。 問合せ先【(社)神奈川県生活水保全協会】 (TEL 045-830-5720) (2)清掃 定期的な清掃は横浜市の浄化槽清掃業許可業者に委託してください。 問合せ先 【資源循環局一…
 
Q 浄化槽の保守点検を頼みたいのですが。
 浄化槽の保守点検は、浄化槽の装置・付属機器について専門的知識や技能を持った 浄化槽管理士に委託することができます。 浄化槽管理士は、「(社)神奈川県生活水保全協会」にお問い合わせください。 【(社)神奈川県生活水保全協会】 (TEL 045-830-5720) 問合せ先 【資源循環局一般廃棄物対策課】 (TEL 045-671-2547)
 
Q 民泊サービスの提供を始めたいが、どうしたらいいですか。
 自宅の一部やマンションの空き室などを活用して宿泊施設を営業する場合、旅館業法に基づく旅館業の許可を受けるか、住宅宿泊事業法に基づく宿泊事業の届出を行う必要があります。  旅館業の営業許可については、宿泊サービスを提供する施設の所在地の【区福祉保健センター生活衛生課】にお問い合わせください。  住宅宿泊事業法の届出については【健康福祉局生活衛生課】が窓口ですので、お問い合わせください。
 
Q 薬と食品または食品の飲みあわせについて知りたいのですが。
以下の機関にて相談受付を行っています。 1神奈川県薬物情報電話サービス  (TEL 210−4969)(薬務課 薬事指導グループ)  受付時間 平日午前9時から11時30分、午後1時から4時 2医薬品医療機器総合機構 医薬品・医療機器相談室  (TEL 03−3506−9457)  受付時間 平日午前9時から午後5時
 
Q 療育医療には自己負担がありますか。
あります。 児童が退院後、入院治療費(保険診療費の自己負担分)および療養生活に必要な日用品等の費用が確定しましたら、所得に応じた自己負担分を本市発行の納入通知書に基づき支払ってください。  詳しくはお住まいの区の区役所こども家庭支援課までお問い合わせください。
 
Q タバコ、洗剤、化粧品などを飲み込んでしまったらどうしたらよいですか。
(公社)神奈川県医師会の中毒情報相談室にお問い合わせ下さい。24時間受付、年中無休です。 <連絡先> (TEL 045-262−4199)
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.