本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > その他
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "その他" 【413 件中 81 件から 100 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 公証相談を受けたいのですが
 市役所1階の市民相談室で、横浜市民(横浜市在住)を対象に、公正証書(遺言、任意後見契約、賃借契約など)について、公証人による面接での相談を行っております。 ・相談時間は25分以内で、相談料は無料です。 ・第1・3金曜日(祝日及び年末年始の休庁日を除く)の午後1時〜3時で実施しています。 ・相談予約は、相談したい日の1週間前の金曜日(祝日の場合は翌日以降の平日)から電話及び市民相談室窓口で受…
 
Q 雨水流出抑制施設はどのような場合に設置しなければならないのですか。
 「横浜市開発事業の調整等に関する条例」で規定された一定の行為を行おうとする場合、雨水調整池等雨水流出抑制施設の設置が義務付けられています。 問合せ先【道路局河川部河川計画課開発協議担当】 (TEL045−671−2898)
 
Q 消防設備士の再講習を受けるには、どうしたらいいですか。
消防設備士の再講習業務は(一財)神奈川県消防設備安全協会にて行っています。 日程、手続き等詳細については、(一財)神奈川県消防設備安全協会に問い合わせしてください。なお、講習受付期間中であれば講習案内等が消防機関に配布されていますので、最寄りの消防署に問い合わせ願います。 問い合わせ先 (一財)神奈川県消防設備安全協会 (TEL 045−201−1908)
 
Q 戸塚区総合庁舎における遺失物ついて
戸塚区総合庁舎(地下駐車場、地下1階戸塚駅西口第17自転車駐車場、1階第2交通広場、1階店舗、3階レストラン、3階地産地消PR・直売コーナー、3階多目的スペース、3階子育て応援ルーム、3階情報コーナー、3・4階区民文化センターの各施設、2階行政サービスコーナー、区役所)における遺失物は、1階中央管理室(電話番号045-862-3107)へ問合せいただき、遺失物の保管状況を確認してください。 …
 
Q 選挙公報について教えてください。
(1)選挙公報の配布について・選挙公報は、投票日の2日前までに各世帯あて自治会等を通じて配布します。・選挙公報は、実施される選挙の種類によって、配布部数等が異なりますので、詳しくは、お住まいの区の選挙管理委員会(区役所内)にお尋ねください。(2)選挙公報が届かない場合について・選挙公報が、前回、投票日前までに届かなかったなどの場合は、お住まいの区の選挙管理委員会にお申し出ください。(3)配布以外の…
 
Q 「広報よこはまみどり区版」にお知らせを掲載してほしい。
広報よこはまの各区版の編集方針は、各区で少しずつ異なります。 緑区では後援などで区が関わっている事業については、所管課経由でお申し込みいただいています。 限られた紙面のため、市の事業の記事の掲載分量が多い場合は、不掲載になることがあります。 ご了承いただきますようお願いします。 なお、区民の地域活動および文化・スポーツ等の推進に関する情報を掲載するコーナーの「区民のまど」は、2018年…
 
Q (港北区)家の前(付近)に放置自転車があるのですが、どうしたらいいですか?
盗難車両の可能性があります。防犯登録シールがあるかを確認し、貼ってある場合は警察に連絡してください。盗難届が出ていた時は警察から連絡します。 盗難車両でない場合は、放置場所により連絡先が異なります。 放置自転車禁止区域に放置されている場合 連絡先:横浜市道路局交通安全・自転車政策課 電話番号:671-3644 処理方法:警告した後、保管場所へ移動します。 放置自転車禁止区域以…
 
Q 人権相談を受けたいのですが
 市役所1階の市民相談室で、横浜市民(横浜市在住)を対象に、いやがらせ、人権侵害などについて、人権擁護委員による面接での相談を行っております。 ・相談時間は40分以内で、相談料は無料です。 ・水曜日(祝日及び年末年始の休庁日を除く)の午後1時〜4時で実施しています。 ・相談予約は、相談したい日の1週間前の水曜日(祝日の場合は翌日以降の平日)から電話及び市民相談室窓口で受付をしています。受付時…
 
Q 「広報よこはま」区版にお知らせ情報を掲載して欲しいのですが。
(1) 「広報よこはま」区版は各区役所の区政推進課広報相談係が発行しています。区ごとに掲載の基準が異なりますので、直接区役所に相談してください。 【各区役所区政推進課広報相談係】  青葉区役所(TEL 978−2221)  旭区役所(TEL 954−6022)  泉区役所(TEL 800−2335)  磯子区役所(TEL 750−2335)  神奈川区役所(TEL 411−7021) …
 
Q 法律相談ではどこまで相談できるか
 市役所1階市民相談室では、横浜市民(横浜市在住)を対象に、法的な問題を抱えた市民の皆様が問題解決の参考にできるよう、法律の専門家である弁護士による法律相談を行っております。  問題に対しての対処方法や法的手段の手続きの仕方、解決に向けて専門家に依頼するべきかどうかなど、今後の対応について弁護士からアドバイスを受けられます。  この法律相談においては、契約書や答弁書等書類の作成は行いません。また、…
 
Q 仮設トイレ(工事現場・イベント会場)のくみ取りをお願いしたい。
 仮設トイレのくみ取りは資源循環局北部事務所で行っています。  お申込みについては、下記関連ホームページをご覧いただくか、 資源循環局北部事務所にお問い合わせください。 問い合わせ先 【資源循環局北部事務所】 (TEL 045-953-0941) 問い合わせ時間 8:00~16:45(日曜日・年末年始を除く)
 
Q 青葉区役所に要望・提案をしたい
 区政に対するご提案・ご意見をお聴きするため、「市民からの提案」や「市長陳情」、「区長陳情」などの広聴事業を実施しています。  また、他区・局・統括本部においても、ホームページや担当部署の窓口・電話などで皆様のご意見をお聴きしています。   ・ 市民からの提案  青葉区役所ホームページトップページ右上部の「ご提案・ご質問」のリンクをクリックして、横浜市ホームページの「市民からの提案」投稿フ…
 
Q 横浜市職員採用試験に関する質問(技能職員・アルバイト・教員・埋蔵文化財専門職員・嘱託職員・看護師・助産師・医療技術職員・保健行政医師・交通局職員・水道局職員を除く)
人事委員会事務局任用課にお問い合わせください。(TEL 671−3347〜8)(FAX 641−2757)
 
Q 横浜市立大学大学院入試要項の取り寄せ方法
1 国際総合科学研究科 (1)返信用の封筒(A4判・角形2号)に390円分の切手を貼り、返送先の宛名を記入してください。 (2)(1)を折りたたんで大学宛の封筒に入れ、表書きの左下に「大学院○○専攻募集要項請求」と朱書きし、アドミッションズセンター宛に送付してください。過去問題が必要な方は、あわせて「過去問題請求」と記載してください。 【アドミッションズセンター】(TEL 045−787−2054…
 
Q 開示請求をした後、開示の実施まで何日くらいかかるのですか
到達日の翌日から14日以内に市で開示・非開示等の決定を行い、通知書を郵送でお送りします。開示する場合は、通知書発送前に所管課から日時確認の連絡が行きます。 なお、文書が大量の場合や、開示・非開示の判断に時間を要する場合には期限の延長の決定をすることがあります。 詳しい内容については、関連ホームページをご覧いただくか、市民情報課にお問い合わせください。
 
Q 電子申請・届出サービスに関することを教えて欲しい。
電子申請・届出サービスの操作方法等に関することは、専用のヘルプデスクまでお問い合わせください。 手続の内容についてのお問合わせは担当部署へお願いします。 電子申請・届出サービス:http://www.e-shinsei.city.yokohama.lg.jp/yokohama/navi/index.html 専用ヘルプデスク  1 電話:0120-45-0288(9時から17時…
 
Q 請願・陳情の記入方法(要件・様式)について教えてください。
様式は決まっていませんが、ホームページ上に参考様式がありますのでご参照願います。なお、請願書又は陳情書には、以下の記入が必要になります。(1)あて先(横浜市会議長)(2)請願書又は陳情書との明記(3)請願には紹介議員が1人以上必要になります。(紹介議員本人の自署と押印が必要。1人でも構いません。)(4) 提出年月日、請願者又は陳情者の住所(市外にお住まいの方でも提出できます。)・氏名及び押印(印鑑…
 
Q 「市民からの提案」「市長陳情」は、市長が読んでいるのですか
「市民からの提案」や「市長陳情」では、皆様からのご提案・ご意見を受け付け、いただいたお手紙やEメール等の原文も含めてデータ入力し、市長はパソコンからいつでも、その内容と回答を見ることができるシステムとなっています。  なお、いただいたご提案・ご意見への回答は、その内容の事業を所管する部署が真剣に受け止め、横浜市として責任を持って対応しています。  また、いただいたご提案・ご意見は、類型的に蓄積…
 
Q 消火器の有効期限はありますか
 業務用消火器の標準的な使用期限は、製造からおおむね10年です。消火器を安全にお使いいただくために、10年を経過した消火器は交換するか、耐圧性能点検(水圧試験)を行ってください。  一般住宅用の住宅用消火器の標準的な使用期限は、業務用消火器とは異なり、製造からおおむね5年です。本体に使用期間または使用期限が表示されていますので、期間内での交換を行ってください。
 
Q 栄区役所に食堂はありますか
栄区役所の食堂は、平成29年3月24日をもって終了いたしました。
 
Q&Aよくある質問集 > その他

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.