本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > その他
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "その他" 【412 件中 61 件から 80 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 港北区役所の駐車場は、どのように利用したらよいですか。
駐車場は59台分あります。ご利用の際には、入口で駐車券をお受け取り下さい。区役所に手続、相談等で来庁する方につきましては、駐車料金が1時間まで減免になりますので、用事をお済ませになった課で減免処理を受けて下さい。なお、窓口混雑等があった場合でも、減免時間を超えた分は有料となります。駐車場が満車の際、道路に停車して待機いただけませんので、区役所へお越しの際は、出来るだけ公共交通機関のご利用をお願いし…
 
Q 横浜市のパートナー都市はどこですか。パートナー都市の提携を行ったのはいつですか。
(1)北京市   ・2006年5月17日提携 (2)台北市   ・2006年 5月22日提携 (3)釜山広域市   ・2006年6月26日提携 (4)ホーチミン市   ・2007年10月23日提携 (5)ハノイ市   ・2007年11月16日提携 (6)仁川広域市   ・2009年12月23日提携 (7)フランクフルト市   ・2011年9月27日提携  問合せ先 …
 
Q 横浜市内にある国際機関を知りたい
横浜市内には下記の国際機関があります。 (1)国際熱帯木材機関(ITTO)    国際熱帯木材協定に基づいて設立された国際機関 (2)国際連合世界食糧計画日本事務所(WFP)    食糧援助と緊急援助を通じて経済、社会開発を促進するための国連機関 (3)国際連合食糧農業機関駐日連絡事務所(FAO)    食糧事情の改善を通じた、世界経済の発展及び人類の飢餓からの解放を目指す    国…
 
Q 1 市長・副市長と会うにはどうすればいいですか。 2 市長・副市長と電話で話すにはどうしたらいいですか。
市政(区政)への御意見や御提案、困り事や問題の御相談については、その内容を担当する部署が、責任を持ってお話しをお聞きし対応いたしますので、各担当部署にお話しください。
 
Q 消防学校へは、どの位の期間入校するのですか。
横浜市消防職員採用試験に合格すると、翌年の4月1日から横浜市消防訓練センターに入校し、6か月間の全寮制による訓練を受けますが、金曜日の授業(訓練)終了後には、自宅等に帰り、月曜日の朝に訓練センターに出勤します。原則として、金曜日の夜から月曜日の朝までは訓練センターの寮には、宿泊できません。また、訓練センター入校時から給与は支給されます。 なお、詳細につきましては、下記までお問い合わせください。 …
 
Q 定期監査(財政援助団体等監査)とは、どのような監査か教えてください。
(1)定期監査(地方自治法第199条第4項)とは、市の財務事務の執行、公営企業等の事業の管理に関し、予算の執行、工事の施行等が適正かつ効率的に行われているかについて、事務監査と工事監査に分け、毎年度監査計画を定めて定期的に監査するものです。 (2)財政援助団体等監査(地方自治法第199条第7項)とは、市が財政的援助を与えている団体、出資・支払保証団体、信託の受託者及び公の施設の管理を行わせている者…
 
Q 「市民からの提案」「市長陳情」は、市長が読んでいるのですか
「市民からの提案」や「市長陳情」では、皆様からのご提案・ご意見を受け付け、いただいたお手紙やEメール等の原文も含めてデータ入力し、市長はパソコンからいつでも、その内容と回答を見ることができるシステムとなっています。  なお、いただいたご提案・ご意見への回答は、その内容の事業を所管する部署が真剣に受け止め、横浜市として責任を持って対応しています。  また、いただいたご提案・ご意見は、類型的に蓄積…
 
Q 開示請求をした後、開示の実施まで何日くらいかかるのですか
到達日の翌日から14日以内に市で開示・非開示等の決定を行い、通知書を郵送でお送りします。開示する場合は、通知書発送前に所管課から日時確認の連絡が行きます。 なお、文書が大量の場合や、開示・非開示の判断に時間を要する場合には期限の延長の決定をすることがあります。 詳しい内容については、関連ホームページをご覧いただくか、市民情報課にお問い合わせください。
 
Q 戸塚区総合庁舎における遺失物ついて
戸塚区総合庁舎(地下駐車場、地下1階戸塚駅西口第17自転車駐車場、1階第2交通広場、1階店舗、3階レストラン、3階地産地消PR・直売コーナー、3階多目的スペース、3階子育て応援ルーム、3階情報コーナー、3・4階区民文化センターの各施設、2階行政サービスコーナー、区役所)における遺失物は、1階中央管理室(電話番号045-862-3107)へ問合せいただき、遺失物の保管状況を確認してください。 …
 
Q 法律相談ではどこまで相談できるか
 市役所1階市民相談室では、横浜市民(横浜市在住)を対象に、法的な問題を抱えた市民の皆様が問題解決の参考にできるよう、法律の専門家である弁護士による法律相談を行っております。  問題に対しての対処方法や法的手段の手続きの仕方、解決に向けて専門家に依頼するべきかどうかなど、今後の対応について弁護士からアドバイスを受けられます。  この法律相談においては、契約書や答弁書等書類の作成は行いません。また、…
 
Q 消防設備士の再講習を受けるには、どうしたらいいですか。
消防設備士の再講習業務は(一財)神奈川県消防設備安全協会にて行っています。 日程、手続き等詳細については、(一財)神奈川県消防設備安全協会に問い合わせしてください。なお、講習受付期間中であれば講習案内等が消防機関に配布されていますので、最寄りの消防署に問い合わせ願います。 問い合わせ先 (一財)神奈川県消防設備安全協会 (TEL 045−201−1908)
 
Q 市民意識調査とは何ですか。どのようなことを聞かれますか。
 市民意識調査は、横浜市が昭和47年度から毎年行っているアンケート調査です。この調査では、生活意識や市政に対する満足度・要望などをお伺いします。調査の結果は、今後の市政運営や政策立案の基礎資料として活用しています。
 
Q 雨水流出抑制施設を設置しなければならない場所はどこですか。
 横浜市域の内、臨海部に接する一部区域を除いた地域が、雨水調整池等雨水流出抑制施設の設置必要区域となっています。  ただし、既に開発された区域や土地区画整理事業が完了した区域等で既に雨水調整池が設置されている場合は、雨水調整池が不要となることがあります。詳細については、開発区域図を持参の上、担当部署【道路局河川部河川計画課】で確認してください。 問合せ先【道路局河川部河川計画課開発協議担当】 (…
 
Q 法律相談の弁護士について
・特定分野の専門の弁護士に相談したい。  市の法律相談の弁護士は、神奈川県弁護士会から輪番制で派遣され、専門分野に関係なく一般的な法律の相談に応じるものです。 ・法律相談の弁護士に仕事を受けてもらえるか。弁護士を紹介してもらえるのか。  市の法律相談の弁護士は、皆様の法律に関する疑問や悩みに対して、法律の専門家としての立場から助言(アドバイス)しますが、仕事の依頼を受けることはできません…
 
Q (青葉区)法律相談(弁護士相談)を受けたい
【相談日時】火・水曜日 13:00〜16:00予約が混んでおりまして、キャンセルが出ていない限り、1ヶ月ほど先になる場合があります。予約・問合せ先 【青葉区広報相談係】(TEL 978−2221)(FAX 978−2411)なお、横浜市役所や神奈川県でも法律相談を行っています。横浜市役所(予約制、月〜金曜日、9:00〜12:00、13:00〜16:00 夜間相談もあります。)予約・問合せ先【横浜市…
 
Q 横浜市の統計に関する資料が欲しい
ウェブページ「横浜市統計ポータルサイト」では、横浜市の統計データを掲載しています。 (1)人口  各月1日の総人口、区別男女別人口、世帯数等を掲載した「人口ニュース」をはじめ、町丁別年齢別男女別人口や、外国人人口等の各種人口データを掲載しています。 (2)インデックス「区別」(区別統計ポータルサイト)  その区の面積、人口、国勢調査結果、事業所数など、主な統計情報を区ごとに閲覧でき…
 
Q 仮設トイレ(工事現場・イベント会場)のくみ取りをお願いしたい。
 仮設トイレのくみ取りは資源循環局北部事務所で行っています。  お申込みについては、下記関連ホームページをご覧いただくか、 資源循環局北部事務所にお問い合わせください。 問い合わせ先 【資源循環局北部事務所】 (TEL 045-953-0941) 問い合わせ時間 8:00~16:45(日曜日・年末年始を除く)
 
Q 「広報よこはま」市版に広告を掲載したいのですが。
「広報よこはま」に広告を掲載できるのは民間企業等(法人格をもつ)に限って掲載しています。そのため、個人主催の事業等については掲載できません。 広告の掲出については、平成29年度「広報よこはま」広告取扱事業者である、株式会社横浜メディアアド 広報よこはま担当(TEL 450−1804)または、【政策局共創推進室共創推進課】の広告担当(TEL 671-3959)までお問合せください。
 
Q 青葉区役所の税務相談を受けたい
第4木曜の午後1時から4時まで行っております。予約制です。電話または青葉区役所1階窓口1番広報相談係でお申し込み下さい。なお、2月と3月はお休みです。連絡先 【青葉区広報相談係】(TEL 978−2221)(FAX 978−2411)
 
Q 横浜市の広報紙の発行について確認したいのですが。
「広報よこはま」は毎月1日に発行しています。市版部分と区版部分に分かれており、自治会町内会を通して1~10日に配布しています。市のホームページにも掲載しています。
 
Q&Aよくある質問集 > その他

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.