本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > その他
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "その他" 【410 件中 181 件から 200 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q ゆうちょ銀行の口座へ市からお金を振り込んでもらうことができますか。
横浜市では、公金の収納・支払事務を取り扱わせる金融機関として横浜銀行を指定しています。したがいまして、横浜市からの支払は、全て横浜銀行を通して行われる関係上、横浜銀行から振込ができる金融機関への口座振込に限らせていただいております。  お問合せのありましたゆうちょ銀行については、平成21年1月5日から振込ができるようになりました。 ただし、ゆうちょ銀行の通常の口座は、他の金融機関と店名や口座番号の…
 
Q 消防団員になる方法を教えて下さい。
消防団員になるには。横浜市内に居住し、勤務し、 又は在学している人ならば、男性でも女性でも入団できます。 問い合わせ・連絡先については、 ・必要資格等に関するお問合せは、 【消防局消防団課】(TEL 334−6403) ・入団手続きに関するものは、下記各区消防署庶務課まで。 【鶴見消防署】(TEL 503−0119) 【神奈川消防署】(TEL 316−0119) 【西消防署】(TE…
 
Q 「広報よこはま」区版にお知らせ情報を掲載して欲しいのですが。
(1) 「広報よこはま」区版は各区役所の区政推進課広報相談係が発行しています。区ごとに掲載の基準が異なりますので、直接区役所に相談してください。 【各区役所区政推進課広報相談係】  青葉区役所(TEL 978−2221)  旭区役所(TEL 954−6022)  泉区役所(TEL 800−2335)  磯子区役所(TEL 750−2335)  神奈川区役所(TEL 411−7021) …
 
Q 住民監査請求を行えば、請求対象となった財務会計上の事務は是正されるのか。
請求者の主張に理由があると認められると監査委員が判断したときは、市長その他の職員に対し、期間を示して必要な措置を講ずべきことを勧告します。市長その他の職員は、勧告を尊重する義務を負うものとされていますが、勧告には法的拘束力や強制力はありません。したがいまして、結果として、請求対象となった財務会計事務が是正されない場合も考えられます。このような場合には、住民訴訟を提起して事務の是正を図ることができま…
 
Q 消費生活相談を受けたい。訪問販売などで、うっかり契約してしまったが解約したい。
横浜市消費生活総合センター(横浜市港南区上大岡西1−6−1ゆめおおおかオフィスタワー4・5階)へ電話で相談してください。 電話045−845−6666 FAX045−845−7720  月〜金曜日は午前9時00分から午後6時、土・日は午前9時00分から午後4時45分(祝日・休日、年末年始(12/29〜1/3)を除く毎日)
 
Q 青葉区内の地域要望の提出について
毎年6月頃、連合町内会長会を通じて、地域要望の提出を依頼しています。(連合未加入の自治会・町内会には直接依頼しています。)連絡先 【青葉区広報相談係】(TEL 978−2221)(FAX 978−2411)
 
Q 住居表示を実施しても郵便番号は変わらないですか
 町名が新しくなる地区は、郵便番号が変わる可能性があります。実施日の1か月前にお配りする資料の中に、ご案内のチラシを入れます。 詳しくは、お宅を配達区域としている郵便局にお問い合わせください。
 
Q 自治会町内会を法人化したいのですが、どうすればよいでしょうか。
自治会町内会の法人化の認可は、その自治会町内会が所在する区の区長が行います。 必要な書類は次のとおりです。 (1)認可申請書(様式1) (2)自治会町内会の規約(新・旧) (3)認可を申請することについて総会で議決したことを証する書類 [総会議事録など] (4)構成員名簿(様式2) (5)保有資産目録又は保有予定資産目録(様式3・4) (6)良好な地域社会の維持及び形成に資する地域…
 
Q 公証相談を受けたいのですが
 市役所1階の市民相談室で、横浜市民(横浜市在住)を対象に、公正証書(遺言、任意後見契約、賃借契約など)について、公証人による面接での相談を行っております。 ・相談時間は25分以内で、相談料は無料です。 ・第1・3金曜日(祝日及び年末年始の休庁日を除く)の午後1時〜3時で実施しています。 ・相談予約は、相談したい日の1週間前の金曜日(祝日の場合は翌日以降の平日)から電話及び市民相談室窓口で受…
 
Q 相談したいのですが
(1)市役所1階市民相談室では、市政に関する相談のほか、横浜市民(横浜市在住)を対象に法律相談をはじめとする各種の専門相談を実施しています。 相談は無料です。市政一般相談及び交通事故相談以外の専門相談は、すべて予約制での面談相談です。 ・市政一般相談(月〜金、8:45〜17:15) 市政の相談、案内、お問い合わせ等について、市職員による相談 ・法律相談(月〜金、9:00〜12:00、13:0…
 
Q 入院・入所中の病院や老人ホームで不在者投票をする方法
入院・入所中の病院や老人ホームなどで、不在者投票ができます。(県の選挙管理委員会が指定した施設に限ります。)病院・老人ホーム等で不在者投票を行う場合は、施設の長に投票用紙を請求してください。施設の長が代理で選挙管理委員会へ投票用紙の請求を行い、投票用紙は施設の長あてに交付します。選挙人は、施設の長(不在者投票管理者)の管理のもとで投票を行います。<不在者投票の方法>(1)施設の長(不在者投票管理者…
 
Q 登記相談の司法書士について
・すぐに相談したい。  司法書士会又は所管の法務局や出張所にお問合せ下さい。 ・司法書士に電話で相談したい。    市では司法書士による電話相談は行っていません。  神奈川県司法書士会では、テレホン相談を実施しています。(TEL 641−1348) ・司法書士による法律相談を受けたい。司法書士が法律相談しているところを知りたい。  司法書士の法律相談については、市では実施していません。  司法書士…
 
Q 市民意識調査とは何ですか。どのようなことを聞かれますか。
 市民意識調査は、横浜市が昭和47年度から毎年行っているアンケート調査です。この調査では、生活意識や市政に対する満足度・要望などをお伺いします。調査の結果は、今後の市政運営や政策立案の基礎資料として活用しています。
 
Q 緑区役所に行きたい。
(1)電車の場合は、JR横浜線・市営地下鉄グリーンライン、中山駅から南口へ出てバスロータリーの奥の通りを右の方角へ進みます。左手に和菓子屋(亀屋万年堂)がありますので、その角を左に曲がります。交差点「緑区役所前」を直進すると、緑区役所正面入口があります。駅からの所要時間は5分程度です。 (2)車の場合は、長津田方面から向かう場合、県道山下長津田線を中山方面(東方向:鴨居方向)に進みます。左側…
 
Q 市会運営委員会とは何をする委員会ですか。
 市会運営委員会は5人以上の会派から選出された委員16人で構成され、議会を円滑に運営するため設置されています。 市会運営委員会では年4回開催される定例会の日程を決定したり、本会議の進行の確認や請願・陳情等の審査なども行います。 なお、詳細については、議会局議事課(TEL 671−3043)までお問い合わせください。
 
Q 区役所の第2・第4土曜日開庁について
○開庁時間  9時〜12時 ○主な取扱内容 <戸籍課>  戸籍の届出の受付・審査、転入・転出などの住民異動届、印鑑登録及び証明、戸籍全部・個人事項証明書、住民票の写し など <保険年金課>  国民健康保険・介護保険・後期高齢者等保険関係の転入、転出、その他届出、国民年金の異動届、保険料免除申請 など <こども家庭(障害)支援課>  児童手当申請・受付、母子健康手帳の交付 ※他都市…
 
Q 2 特別相談 (4) 旭区特別相談のメニュー
2 特別相談(4)旭区特別相談(法律相談以外)のメニュー 旭区・広報相談係の特別相談(法律相談を除く) 1交通事故相談(示談の方法、保険金請求など)【先着順】第2水曜午前9時〜午後4時 2行政相談(国や特殊法人の仕事の苦情)【先着順】第1木曜午後1時〜3時 3司法書士相談(不動産などの各種登記手続き)【予約制】第1・3水曜午後1時〜4時 4民事調停相談(簡易裁判所で扱う、金銭貸借・近…
 
Q 消火器の有効期限はありますか
 業務用消火器の標準的な使用期限は、製造からおおむね10年です。消火器を安全にお使いいただくために、10年を経過した消火器は交換するか、耐圧性能点検(水圧試験)を行ってください。  一般住宅用の住宅用消火器の標準的な使用期限は、業務用消火器とは異なり、製造からおおむね5年です。本体に使用期間または使用期限が表示されていますので、期間内での交換を行ってください。
 
Q 防犯灯の蛍光灯が切れているので交換してほしい。
蛍光灯の防犯灯の維持管理については、自治会・町内会が行っておりますので、役員の方にお尋ねください。 ただし、電柱に設置されていて灯具脇に黄色のプレートが取り付けられているLED灯の防犯灯や、鋼管ポール(独立柱)に管理用シール及び黄色いプレートを付けたLED灯の防犯灯の維持管理については、横浜市が行っておりますので、市民局地域防犯支援課【671−3709】又は各区地域振興課へ御連絡ください。
 
Q 港北区のキャラクター「ミズキー」について教えて下さい。
港北区制70周年を記念して平成21年(2009年)に誕生した、港北区のマスコットキャラクターです。詳細については、区役所広報相談係 045-540-2222までお問合せください。
 
Q&Aよくある質問集 > その他

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.