本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > その他
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "その他" 【406 件中 181 件から 200 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 法律相談ではどこまで相談できるか
 市役所1階市民相談室では、横浜市民(横浜市在住)を対象に、法的な問題を抱えた市民の皆様が問題解決の参考にできるよう、法律の専門家である弁護士による法律相談を行っております。  問題に対しての対処方法や法的手段の手続きの仕方、解決に向けて専門家に依頼するべきかどうかなど、今後の対応について弁護士からアドバイスを受けられます。  この法律相談においては、契約書や答弁書等書類の作成は行いません。弁…
 
Q 2 特別相談 (4) 旭区特別相談のメニュー
2 特別相談(4)旭区特別相談(法律相談以外)のメニュー 旭区・広報相談係の特別相談(法律相談を除く) 1交通事故相談(示談の方法、保険金請求など)【先着順】第2水曜午前9時〜午後4時 2行政相談(国や特殊法人の仕事の苦情)【先着順】第1木曜午後1時〜3時 3司法書士相談(不動産などの各種登記手続き)【予約制】第1・3水曜午後1時〜4時 4民事調停相談(簡易裁判所で扱う、金銭貸借・近…
 
Q 横浜市消防職員の採用について、教えて下さい。
横浜市消防職員の採用には、「大学卒程度」と「高校卒程度」の2種類があります。 平成27年度は、「大学卒程度」を、消防【一般方式】、消防【新方式】、消防(救急救命士)の3区分により試験を実施しております。 また「高校卒程度」は、消防、消防(救急救命士)の2区分により試験を実施しております。 例年、「大卒程度」は5月頃、「高卒程度」は8月頃から受付を開始します。 職員採用の詳細につきましては、…
 
Q 住民監査請求を行えば、請求対象となった財務会計上の事務は是正されるのか。
請求者の主張に理由があると認められると監査委員が判断したときは、市長その他の職員に対し、期間を示して必要な措置を講ずべきことを勧告します。市長その他の職員は、勧告を尊重する義務を負うものとされていますが、勧告には法的拘束力や強制力はありません。したがいまして、結果として、請求対象となった財務会計事務が是正されない場合も考えられます。このような場合には、住民訴訟を提起して事務の是正を図ることができま…
 
Q 横浜市のコンプライアンス上の問題について話したい
コンプライアンスの取組は、各区局において、コンプライアンス担当課を中心にすすめていますので、具体的なお話については、その事務を所管する区局のコンプライアンス担当課(総務担当課等)がお伺いします。
 
Q 福祉保健活動拠点(ぱれっと旭)を利用するには、どのようにしたらいいですか。
<施設概要>  福祉保健活動拠点は、地域での住民の自主的な福祉活動・保健活動のためご利用いただける場です。 <利用方法>  はじめて利用される場合は、事前に書類を提出し、利用登録をしていただきます。 <利用申込み>  利用希望月の6ヶ月前の1日から、使用日の前日まで、窓口でお渡しする  「利用許可申請書」への記入・提出により予約申込みを受け付けます。  電話では正式な申込みはできませ…
 
Q 住居表示実施の一か月前に横浜市から配られる資料の内訳を教えてください
 住居表示のしおり・案内図(各建物の旧住所と新住所が記載)、町名板、住居番号表示板(青いアルミ板)・ボンド(表示板取付用)・はがき50枚(新住所お知らせ用)・郵便番号変更のお知らせチラシ(変更となる場合のみ)です。  住居の変更をお知らせする通知書(16歳以上の方に6通)は、別にお送りします。  住居表示実施地区内に本籍を置かれている方には、住居表示実施後、区役所戸籍課戸籍担当から本籍更正通知…
 
Q 「広報よこはま」視覚障害者向けのものを入手したい
市版の点字版と録音版、区版は録音版を希望者へお送りしています。希望する場合は、市民局広報課へお客様のお名前、住所、電話番号を連絡してください。
 
Q 議会だよりは、いつ発行されるのですか。
「ヨコハマ議会だより」は、定例会ごとに年4回(2月、5月、8月(改選期は7月)、11月)発行しています。 発行月の初旬に広報よこはまと一緒に配布されます。  問合せ先【議会局総務課】 (TEL 671−3041)
 
Q 地籍調査の実施地区が知りたいのですが。
 横浜市では、昭和33年度より地籍調査を開始し、現在市域面積の約38%が実施済です。  市域内の地籍調査実施地区については、下記<関連ホームページ>をご参照ください。
 
Q 海難にあった事実を報告したことを、証明してほしいのですが
船長の住所又は、船舶が海難にあった場所を所管する区の区役所総務課庶務係で発行します。 ※船舶の種類によっては、証明できない場合もありますので、御不明な点がございましたら、区役所総務課庶務係に事前にお問合せをお願いいたします。 問合せ先【各区役所総務課庶務係】
 
Q 住民監査請求したが棄却されてしまった。このことに不満だがどうしたらよいのか。
監査結果に不満がある場合、住民訴訟を提起することにより裁判所の判断を受けるという手段があります。なお、住民訴訟については、提起する期間に制限があります。詳細については、お問い合わせください。 問い合わせ先【監査事務局監査管理課】(TEL 045−671−3361)(FAX 045−664−2944)
 
Q 法律相談について教えて欲しい(中区)
・中区役所では第1~第3火曜日の午後1時から午後4時に法律相談を開催。 ・予約制 ・予約は相談日当日の午前9時から電話で受け付けます。中区在住・在勤以外の方は、9時30分からの受付となります。 ・予約の電話番号は、224-8123です。 ・予約は先着順で6名です。 ・費用は無料です。 ・弁護士との相談時間はお一人当たり30分です。
 
Q 請願の紹介議員は何人必要か教えて下さい。
請願の紹介議員は、1人以上となっています。(1人でも構いません)
 
Q 自宅の近くに雨水流出抑制施設があるのですが、誰が管理しているのですか。
雨水調整池等が設置されている場合は、雨水調整池付近に、名称や規模等が記載された看板が設置されています。その看板の管理者欄に記載されている方が雨水調整池を管理されている方になります。 問合せ先【道路局河川部河川管理課協議指導担当】 (TEL045−671−2898)
 
Q 「広報よこはまみどり区版」にお知らせを掲載してほしい。
広報よこはまの各区版の編集方針は、各区で少しずつ異なります。 緑区では後援などで区が関わっている事業については、所管課経由でお申し込みいただいています。 限られた紙面のため、市の事業の記事の掲載分量が多い場合は、不掲載になることがあります。 ご了承いただきますようお願いします。 なお、区民の地域活動および文化・スポーツ等の推進に関する情報を掲載するコーナーの「区民のまど」は、2018年…
 
Q 人権問題・差別問題について、相談したい。
次の2箇所に相談窓口があります。 1 横浜地方法務局 人権擁護課  ア 住所 横浜市中区北仲通5−57 横浜第二合同庁舎5階  イ 電話番号 (TEL 641−7926)  ウ 曜日・時間 月〜金 午前8時30分〜午後5時15分    人権擁護委員又は横浜地方法務局職員が、面接又は電話で相談に応じています。     混雑時には予約制となる場合がありますので、電話でお問い合わせくださ…
 
Q 青葉区民会議について知りたい
区役所の広聴のための区民による組織で、自治会推薦、団体推薦、公募の委員で構成されています。詳しくは、青葉区民会議のホームページをご覧ください。連絡先 青葉区広報相談係(TEL 978−2221)(FAX 978−2411)
 
Q 消防団員になる方法を教えて下さい。
消防団員になるには。横浜市内に居住し、勤務し、 又は在学している人ならば、男性でも女性でも入団できます。 問い合わせ・連絡先については、 ・必要資格等に関するお問合せは、 【消防局消防団課】(TEL 334−6403) ・入団手続きに関するものは、下記各区消防署庶務課まで。 【鶴見消防署】(TEL 503−0119) 【神奈川消防署】(TEL 316−0119) 【西消防署】(TE…
 
Q 電子入札の問い合わせ先はどこですか?
電子入札ヘルプデスク(電話045-662-7992)(午前9時から午後5時まで(土、日、祝日及び年末年始は除く) )です。 また、市役所での所管課は財政局契約部契約第一課(電話045-671-3805)です。
 
Q&Aよくある質問集 > その他

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.