本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 水道・下水道
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "水道・下水道" 【70 件中 21 件から 40 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 2世帯住宅等、共同住宅各世帯に対する家事用料金の適用方法は
 アパートや2世帯住宅で、1個のメーターを2世帯以上で、家事用にご使用になっている場合、お客様の申し出により、1世帯ごとに基本料金を適用する制度です。 詳しくは、「水道局お客さまサービスセンター」へご相談ください。
 
Q 下水道事業受益者負担金制度はありますか?
本市では負担金を徴収しておりません。 詳細については次のところへ問合せて下さい。 問合せ先【環境創造局下水道事業マネジメント課調整担当】 (TEL 671ー2838)
 
Q 汚水排出量はどのように決まるのですか。
 下水道使用料の算定に用いる1か月分の汚水排出量は、水道をご利用の場合、水道局の検針による水道使用水量となります。また、井戸水などの地下水や雨水など水道以外の水をご利用の場合の汚水排出量は、その使用内容に基づいて汚水排出量を認定しています。  なお、営業活動に伴い使用される水の量が公共下水道へ流される汚水の量と著しく異なる場合は、申告により、その内容に基づいて汚水排出量を認定しています。  詳しく…
 
Q 分流式下水道のメリット・デメリットは?
メリット ・汚水は、雨水と分離して排除され、全て水再生センターで処理されるので、川や海への汚水の流出がない。 ・下水処理施設の容量は、汚水のみを対象とするので小さくて済む。 デメリット ・汚水管、雨水管の2本を布設するため、合流式に比べ建設費が高くなり、道路が狭いところや、ガス管や水道管などの他の事業の地下埋設物と競合しているところでは施工も難しい。 ・道路面に付着した汚れや…
 
Q 宅地内で水漏れしている
 水道メーターから道路側の漏水については、修理可能な場合、水道局にて無料で修理を行いますので、水道局お客さまサービスセンターにご連絡ください。  ただし、修理の際に取り壊した宅地内のタイル・レンガ・コンクリート等の復旧は、お客さまにお願いしております。(水道局では、掘削跡の埋め戻しまで施行します。)   水道メーターから蛇口までの漏水については、水道局では修理できませんので、民間の水道工事店へ…
 
Q 市民情報センターにおいて公表している、積算内訳(公表設計書)の公表期間について教えてください。
 環境創造局発注工事(下水道、公園緑地関係)については、CD-Rによる公表を試行しております。 CD-Rで公表されている工事の公表期間は、契約日の3ヶ月後の月末です。 例えば、契約…
 
Q 環境創造局では、どのようなイベントを行っていますか
 環境創造局では、環境に良い行動を実践し、ライフスタイルを見直すきっかけを見つけるためのイベント「横浜環境行動フェスタ」をはじめとする様々なイベントを開催しています。  イベントの時期や、参加の申込方法等については、広報よこはまや環境創造局ホームページ等によりご案内しています。
 
Q 自宅に「高圧洗浄による排水管洗浄を格安にて実施する」というチラシが届きました。市と関係ありますか。
このようなチラシは、排水管洗浄業者が独自に作成、配布しているもので、「水道局」や下水道を管理する「環境創造局」とは全く関係ありません。宅地内の排水設備(排水管やます等)について、横浜市が清掃を行うことはありません。 問合せ先 環境創造局管路保全課        電話 671−2828・2830
 
Q 市民情報センターにおいて公表している積算内訳(公表設計書)は、紙ではなくCD-Rなのですが、どのように閲覧したら良いのでしょうか。
センター設置の端末にて閲覧ください。  コピーをご希望の方は、市民情報センターに光学ディスクコピー機が配置されておりますで、新品のCD-R(700MB)を持参のうえ、ご自身でコピーするようお願いします。配架CD1枚につき1枚のコピー用CD-Rが必要ですのでご注意ください。 なお、上記メディア(新品のCD-R、700MB)以外ですと、コピーが出来ない場合があります。 これは光学ディスクコピー…
 
Q 電気設備工事一般仕様書(下水道設備用)は、どこで販売していますか
販売はしていません。環境創造局ホームページに掲載しており、ダウンロードすることができます。(無料)掲載先URLは、http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/kouji/shiryou/gesui/になります。
 
Q 下水処理水と鶴見川の水質を比較するとどのようになっていますか。
水の汚れ具合を示すBOD(生物化学的酸素要求量)を平成28年度の年平均値で比較すると、鶴見川の水質は千代橋で4.0mg/リットル、亀ノ子橋で3.1mg/リットル、大綱橋で2.8mg/リットル、末吉橋で1.5mg/リットル、臨港鶴見川橋で1.1mg/リットルとなっています。 それに対し、平成28年度の横浜市内の水再生センター放流水のBOD年平均値は3.2mg/リットルとなっており、鶴見川の水質とほ…
 
Q 飲食店などでオイルトラップを設置する際に、排出される水質(BOD、SS、動植物油脂類)に基準はありますか?
 横浜市下水道条例では、BOD、SS及び動植物油脂類について、BOD600mg/L、SS600mg/L、動植物油脂類30mg/Lを超え、かつ、1日の排水量が2,000立方メートル以上の事業場に対して水質基準を設定しています。  オイルトラップは、営業用調理場などからの汚水に含まれている動植物油脂類を水との比重の差を利用して浮上分離させて阻集し、動植物油脂類が汚水中に流入して管を詰まらせるのを防止す…
 
Q 横浜以外へ引っ越しますが水道の手続きは
「水道局お客さまサービスセンター」にご連絡ください。使用中止の手続きを行います。 手順としては、旧住所の料金精算をし、転居先へ請求書を送付します。また、口座振替、クレジットカード払いをご利用いただいているお客さまについては「口座振替」、「クレジットカード払い」での精算もお選びいただけます。 旧住所での現地精算をご希望の方は、「お客さまサービスセンター」にお問合せください。 使用中止の際の立会…
 
Q 横浜以外から横浜に引っ越して来ますが水道の手続きは
「水道局お客さまサービスセンター」にご連絡ください。使用開始の手続きを行います。 使用開始の際に、立会いは基本的に必要ではありませんが、オートロックマンションなどは立会いが必要となる場合があります。 なお、横浜市水道局ウェブサイトからのインターネット受付も行っております。
 
Q ハマレンガの仕様や購入方法について聞きたい
 ハマレンガにつきましては、平成7年度から製造・販売を行ってまいりましたが、平成16年度末をもちまして製造を中止いたしました。  以後、在庫レンガの販売を継続させていただいておりましたが、おかげさまで平成19年3月2日をもって、完売となっております。
 
Q トイレを水洗化したいが、トラブルがあり下水道に接続できないので、市で仲介してください
 くみ取便所の水洗便所への改造工事やし尿浄化槽の廃止工事を行うにあたって、トラブルが発生して下水道に接続できない場合、「水洗化紛争仲介委員会」を開催し仲介を行う制度があります。  「水洗化紛争仲介委員会」の委員は、弁護士、民事調停委員、不動産鑑定士の方で、それぞれの専門的な立場から、当事者の皆さんの主張を良く聞き、公正で常識的な仲介をします。  なお、仲介は相手の方が仲介に付することを承諾した…
 
Q 水道料金の減免対象者本人による手続きが困難な場合はどの様になるのでしょうか
 代理の方に、お住まいの地域の「水道事務所」へ証明する手帳等をご持参の上、来所していただく方法と、確認書類(写し)をお住まいの地域の「水道事務所」あてに郵送していただく方法がございます。 申請書を「水道事務所」より郵送することも可能です。 詳細につきましては、「水道局お客さまサービスセンター」にお問合せください。
 
Q 水道料金・下水道使用料の基本料金の減免とはどういうことですか
次の対象者の方が、基本料金の減免申請をしていただくことにより、水道料金・下水道使用料の基本料金が減免されます。 ※減免対象者 ・生活保護を受けているひとり親世帯 ・身体障害1級または2級 ・知的障害(知能指数35以下) ・ひとり親家庭等医療費助成世帯 ・特別児童扶養手当受給世帯 ・精神障害1級 ・要介護4または5 ・重複障害〈身体〉(身体障害3級かつ知能指数75以下の方/一世帯に…
 
Q 道路から水が出ている
 お客さまサービスセンターへお電話ください。特に、冬季は凍結が起こったりして大変危険です。ご協力をお願いします。
 
Q 水再生センター又は汚泥資源化センターを施設見学したい
水再生センター(又は汚泥資源化センター)では、見学を随時受け付けております。 申込手続き  【見学を希望する水再生センター(又は汚泥資源化センター)】に電話で連絡してください。  センターから見学申請書をファクシミリ等でお送りします。  申請書に必要事項を記入していただき、提出してください。  見学申請書の記載事項  住所、氏名、見学希望日時、見学目的、見学したい箇所、人数 な…
 
Q&Aよくある質問集 > 水道・下水道

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.