本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "福祉" 【363 件中 161 件から 180 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 市外へ転出する予定ですが、介護保険の手続きは必要ですか。
①65歳以上の市民の方  住所地の区役所保険年金課へ転出の届出をお願いします。「要介護認定」を受けている場合は、転入先の市町村で必要となりますので、「介護保険受給資格証明書」の交付を受けてください。 ②40歳から64歳までの「介護保険被保険者証」が交付されている市民の方  住所地の区役所保険年金課へ転出の届出をお願いします。「要介護認定」を受けている場合は、転入先の市町村で必要となります…
 
Q 福祉バスを利用したいのですが、どうしたらいいですか。
利用には次の条件を満たしていることが必要です。 (1)対象団体  ・横浜市内の障害者当事者団体、福祉施設、障害者関係事業の実行委員会(市域又は区域を対象にしており、市社協または区社協が参画している実行委員会に限る) (2)利用目的  ・研修会、見学会、レクリエーション事業、その他障害児・者の福祉向上に必要な事業   ※ただし、よこはまふれあい助成金の交付を受けている事業には使えません…
 
Q (1)継続交付の福祉特別乗車券はいつ届きますか?(2)継続交付のタクシー利用券はいつ届きますか?
10月以降も資格が継続する方については8月末頃に(1)普通郵便で負担金納付書を(2)簡易書留郵便で新券を送付します。 問合せ 健康福祉局障害福祉課(TEL671-2428、FAX671-3566)
 
Q 横浜市で高齢者や障害者等を対象にボランティアの移動サービスを始めたいのですが、どのような手続きが必要ですか。
NPO法人等が、単独で公共交通機関を利用することが困難な高齢者や障害者に対して、自家用車を使用して、ボランティア輸送を行うものを、福祉有償運送(福祉有償移動サービス)といいます。 福祉有償運送を行う場合には、登録を行う必要がありますが、登録申請に先立ち、横浜市が開催する「横浜市福祉有償移動サービス運営協議会」で協議し、合意されていることが必要です。 協議申請に先立ち、まずは横浜市福祉有…
 
Q 夫婦で特別養護老人ホームの二人部屋に入れるのか。その場合部屋代はどうなるのか。
 横浜市内の特別養護老人ホームの入所の判定は、「横浜市特別養護老人ホーム入所指針」に基づき、行われています。その指針においては、申込みをされた方、一人ひとりのお体の状態などに応じて、入所の必要性を個々に判定し、必要度の高い方から順番に入所していただくことになっています。 ご夫婦でも、お二人をご一緒に判断することはしておりません。 なお、もし仮に二人部屋にご夫婦で入所できた場合は、部屋代は多床室の料…
 
Q 新しく福祉用具を開発したので、介護保険の福祉用具として登録したいのですが。
 介護保険の福祉用具(福祉用具貸与(レンタル)・福祉用具購入)に、登録制度はありません。介護保険の福祉用具(福祉用具貸与(レンタル)・福祉用具購入)として対象となる福祉用具は、介護保険法や告示等に示されています。そのため、介護保険法や告示等にあてはまるものが対象となります。 対象となるか判断に迷う場合は、お住まいの区の区役所保険年金課保険係まで御相談ください。 1.福祉用具貸与(レンタル)  …
 
Q 子供の学費等の生活資金の貸付制度があると聞いたのですが、どのような制度ですか。
【概要】  低所得者、障害者、高齢者世帯に対して、一時的に資金を貸し付けることを通じて、世帯の自立支援を図る「生活福祉資金」があります。 【貸付の種類】  総合支援資金、福祉資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金があります。  *資金の種類は変更されることもあります。 【貸付条件】  低所得世帯(おおむね市町村民税非課税程度)  世帯により貸付できる資金が決まっています。 …
 
Q 障害者がJRに乗る際、割引を受けられる制度はありますか。
JRでは、乗車料金の障害者割引制度をおこなっています。 (1)対象者と割引内容は次のとおりです。・第1種障害者がひとりで100km以上乗車する場合 普通乗車券・12歳未満の第1種障害者が介護者と一緒に乗車する場合 普通乗車券、回数乗車券、急行券(特急券を除く)、定期乗車券(介護者のみ)・12歳以上の第1種障害者が介護者と一緒に乗車する場合 普通乗車券、回数乗車券、急行券(特急券を除く)、定期乗車券…
 
Q 今までは介護保険料は特別徴収されていましたが、市外から引越してきたら、なぜ特別徴収されないのですか
 特別徴収の対象となる方は、年額18万円以上の老齢年金・退職年金・障害年金・遺族年金を、その年度の4月に受給している方で、年金受給のために届け出ている住所が横浜市内の方です。 このため、市外から転入された場合は、前住所地での特別徴収が中止され、新しい住所地ではいったん普通徴収となります。 なお、住所を異動したことについて、年金保険者に届出をしておけば、原則として翌年度からはあらためて特…
 
Q 身体障害者補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)を使いたいがどうすればいいのか。
在宅の身体障害者の自立と社会参加を促進するために身体障害者補助犬を給付します。また、使用中の身体障害者補助犬の医療費を給付します。 [対象者]  日常生活に著しい支障がある視覚障害者、肢体不自由者及び聴覚障害者で身体障害者手帳を持っている方 [窓口]給付に関して 神奈川県障害福祉課 TEL 210−1111(代)    医療費に関して 住所地の区役所福祉保健センター
 
Q 現金など福祉関係に役立つ寄付をしたい
横浜市社会福祉協議会では、誰もが住み慣れた地域社会で、その人らしい暮らしを実現できるよう、市内の社会福祉団体・障害者団体やボランティア団体等の行う活動を、よこはまふれあい助成金により支援しており、この助成金制度に対するご寄付(主に「よこはまあいあい基金」「障害者年記念基金」へのご寄付)を広く募集しています。 また、横浜市社会福祉協議会が行う事業に対する寄付は「福祉基金」が受入窓口となります。…
 
Q ETCを使っているのだが、有料道路通行料金の割引は受けられるか。
有料道路通行料金の障害者割引制度の対象者であれば、ETCを利用して専用レーンを通過した場合にも割引が適用されます。 ただし、ETCカードの名義が障害者本人の場合に限ります。 事前にETC車載器の購入とセットアップ、ETCカードの作成を行ってから、申請してください。 申請時に必要な書類  ・障害者手帳  ・車検証  ・ETC車載器セットアップ申込書・証明書 ・ETCカード ・(障害者本人が運転する…
 
Q 介護保険負担限度額認定証が送られてきたが、今までよりも負担が高くなっている。
 年金の受給状況等、所得の変動によって、負担限度額の段階が変わったことが考えられます。  詳しくは、区役所保険年金課にご確認ください。
 
Q 介護保険料では減免されるが、敬老パスでは土地の譲渡・住宅の買い替えなどによる減免制度はないのか
介護保険料の「土地建物の譲渡により合計所得金額が増えた被保険者に対する減免」を受けている場合、敬老パスについても減免制度が適用されます。適用するに当たりお住まいの区の保険年金課で介護保険料の減免の手続きを行う必要があります。詳しくは、お住まいの区の保険年金課または高齢・障害支援課へお問い合わせください。
 
Q 中途失明者のための社会適応訓練について知りたい。
病気や事故のために失明された方の社会復帰の促進を図るため、生活身上、援護措置に関する助言・指導、感覚訓練、点字指導.家庭訓練等おこないます。 詳細については、横浜訓盲院にお問合せください。 (TEL 045−641−3939) (FAX 045−641−1175)
 
Q 今度70歳になるが、敬老パスはいつから使えるのか
 誕生日の前日から御使用いただけます。なお、敬老パスの交付には御本人からの申請が必要となります。
 
Q 敬老パスは通勤でも使えるのか。
 お使いいただけます。使用目的での制限はございません。
 
Q 外国籍の人が民生委員になれないのは、なぜですか。
 民生委員の推薦にあたっては、民生委員法第6条で当該市町村の選挙権を有する者と規定されています。
 
Q 同じ区内で転居しましたが、介護保険の手続きは必要ですか。
1 65歳以上の市民の方  住所地の区役所保険年金課へ転居の届出をお願いします。    <届出に必要な書類>  交付されている「介護保険被保険者証」をお持ちください。  2 40歳から64歳までの「介護保険被保険者証」が交付されている市民の方  住所地の区役所保険年金課へ転居の届出をお願いします。  <届出に必要な書類>  交付されている「介護保険被保険者証」をお持ちください。  3 上記以外の市…
 
Q 横浜市福祉のまちづくり条例施設整備マニュアルはどこで販売していますか。また、いくらですか。
建築物編のみ、横浜市役所1階市民情報センターで1部1,080円(税込み)で販売しています。 その他の施設(道路、公共交通機関の施設等)については、横浜市ホームページよりダウンロードしてご利用ください。 (横浜市ホームページ) http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/chifuku/fukumachi/jorei/06.html
 
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.