本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "福祉" 【353 件中 341 件から 353 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 濱ともカードで利用できるサービスはどういうものか
本事業に賛同してくださった協賛店が、独自に考えたサービスであり、高齢者に優しいサービスで事業の趣旨に沿ったサービスであれば各種サービスを受け入れています。
 
Q 民生委員には、たくさんの個人情報が入ってきますが、その取扱いについて教えてください。
 民生委員法第15条で「民生委員は、職務を遂行するに当たっては、個人の人格を尊重し、その身上に関する秘密を守り…」と守秘義務が明確に規定されています。  これは相談者との信頼関係を築くためのものであり、民生委員活動で知り得た個人の情報については、原則として第三者へ提供することはできません。
 
Q よこはま地域包括ケア計画(第7期横浜市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画)を入手したい。
市庁舎1階の「市民情報センター」で「1冊620円」で販売しています。なお、市民情報センターでは郵送による対応も行っております(実費がかかります)。     【市民情報センター】 (TEL 045-671-3600)
 
Q ユニバーサルデザイン(UD)タクシーとは、なんですか。
広い開口部にスライドステップを備え、車いすのまま乗車できるなど、障害者や高齢者に配慮された誰もが使いやすい一般タクシー車両で、一般タクシー料金で利用が出来ます。 *予約・詳細は、導入事業者に直接お問い合せください。
 
Q ヘルプマークを配り始めたのはいつからですか?
東京都では平成24年10月から、神奈川県では平成29年3月からになります。
 
Q 介護保険のサービスを利用するにあたって居宅介護支援事業者を選ぶにはどうしたらよいですか。
 区役所高齢・障害支援課の窓口や地域ケアプラザ等(地域包括支援センター)で、事業者の名簿を備えており、相談にも応じています。また、かながわ福祉サービス振興会が運営するインターネットホームページ「かながわ福祉情報コミュニティ」でも、福祉関連の最新事業者情報等を提供しています。(関連ホームページ1をご覧下さい)   利用者の意向をふまえてケアプラン(居宅サービス計画)を作成したり、個々のサービス事業…
 
Q 長寿のしおりをなくしてしまった(内容が古い)のですが、新しいのをもらえますか。
 長寿のしおりの優待は平成21年3月31日を持って終了しました。  引き続き【濱ともカード】でご利用ができます。一部利用施設やサービス内容が変更となっております。  詳しくは、【区役所高齢障害支援課】へお問い合せください。
 
Q 介護保険で利用できる施設サービスにはどのようなものがありますか。
介護保険で利用できる施設サービスには次のようなものがあります。(要支援の方は利用できません。) 1.特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)入浴、排せつ、食事の介護等、日常生活上の世話、機能訓練、健康管理および療養上の世話を行う施設です。 2.介護老人保健施設利用者が自立した日常生活を営むことができるよう、日常生活動作のリハビリ等を行いながら、在宅生活の復帰をめざす施設です。  在宅生活の復帰…
 
Q 第十回戦没者等の遺族に対する特別弔慰金とはどんな制度ですか?
今日の我が国の平和と繁栄の礎となった戦没者等の尊い犠牲に思いをいたし、戦没者等のご遺族に特別弔慰金(額面25万円、5年償還の記名国債)が支給される制度です。
 
Q 介護保険料はコンビニエンスストアでも納付できますか。
 CVS収納用バーコードが記載された納付書であればお近くのコンビニエンスストアでお納めいただくことができます。  なお、再交付を受けた納付書や滞納保険料の納付用に発行された納付書など、一部CVS収納用バーコードが記載できないためにコンビニエンスストアでお取扱いできない納付書がございます。バーコード記載の有無やお取扱い可能なコンビニエンスストアについてはお手元の納付書をご確認ください。 問い合…
 
Q 障害のある人が働く店について教えてください。
障害者の就労の場を確保し、障害者福祉に対する市民の理解を深めるため、「ふれあいショップ」を公共施設内に設置しています。 「ふれあいショップ事業」  【スタッフ】店長、障害者店員、サポート店員  【業  種】喫茶店、売店  【運営主体】社会福祉法人等(独立採算制) *障害者店員及びサポート店員の募集については、各店舗にお問い合わせください。 *各店舗の所在地、連絡先等については、…
 
Q よこはまシニアボランティアポイント事業の制度運営のための財源はどのようになっていますか。
 よこはまシニアボランティアポイント事業は、地域支援事業の介護予防事業として実施するものです。 制度上の財源構成は国23%、県12.5%、市12.5%、1号保険料25%、2号保険料27%です。(平成30年度~平成32年度)
 
Q シニアボランティアに登録するにはどうすればいいですか。
 市が開催する登録研修会を受講してください。研修会終了時にポイントカードを交付します。  その後、受入施設と活動日、活動内容、活動上の留意点等を調整をした上で、活動開始となります。  研修会の日程は、区役所、地域ケアプアザ、介護施設等にチラシを配布しておりますのでそちらでご確認ください。また、ホームページでも公開しています。
 
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.