本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "住民票・戸籍・実印" 【166 件中 61 件から 80 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 死亡届はどこに届出するのですか。また、届出するときに持参するものは何ですか。
ご持参いただくものと、届出先等については、次のとおりです。 (1)ご持参いただくもの ・死亡届 1通(届出用紙は全国共通です。) ・死亡診断書または死体検案書 1通(医師が作成したもの。死亡届の右半分が死亡診断書等になっていますので、そちらに証明してもらうことになります。) ・届出人(親族または同居者)の印鑑(記載された届書を持参する方は届出人以外の使者の方でも構いません。) ・火葬…
 
Q 離婚届について、どのように記入するのですか。
離婚届の主な記入欄の書き方は、次のとおりです。提出先及び持参書類等は、別項目を参照してください。 (1)届出人について ・夫・妻が署名、押印してください。(夫婦別々の印鑑で押印) ・裁判による離婚の場合は、申立人が届出人となりますので、夫か妻の一方のみが届出人となります。(離婚が成立・確定した日から10日以内に申立人の方から届出してください。成立・確定から10日以降であれば、相手方からも…
 
Q 横浜市民で、本籍地は市外にあるが、コンビニ交付サービスで、住民票、戸籍証明書がとれるか
コンビニ交付サービスは、住民票は住所登録地、戸籍証明書は本籍地の市区町村で交付を行います。横浜にお住まいですので、マイナンバーカードを持っていれば、住民票はコンビニでとれます。戸籍証明書については、本籍地のある市区町村にお問い合わせください。
 
Q 離婚届(調停等の裁判離婚)はどこに届出するのですか。また、届出するときに持参するものは何ですか。
裁判による離婚(調停・審判・判決による離婚)の届出する際、ご持参いただくものと届出先は、次のとおりです。 離婚届の書き方については、別途項目を参照してください。 (1)裁判による離婚届の際、ご持参いただくもの ・離婚届 1通(届出用紙は全国共通です。)(区役所戸籍課戸籍担当又は行政サービスコーナーで離婚届の用紙と書き方の説明書をお渡ししています。市役所では、お取扱いしていません。) ・…
 
Q 戸籍課窓口で申請する際の文書照会とはなんですか?
 マイナンバーカードや電子証明書に関する申請、印鑑登録に関する申請で官公署発行の顔写真付きの本人確認書類をお持ちではない場合には、文書照会方式での受付とさせていただく場合があります。  文書照会方式の場合は区役所の戸籍課窓口へ2回お越しいただく必要があり、最初の受付では申請書をお預かりします。その後申請した区の戸籍課から照会書というA4サイズの文書が郵送で届きますので、照会書の中の回答書欄に…
 
Q 外国籍の方との婚姻届はどのように届出するのですか。
外国籍の方との婚姻届をする場合は、相手(外国籍の方)の国籍や所在地、届出をする場所などにより必要な書類や手続きの方法が異なります。 手続きの方法について、「区役所戸籍課戸籍担当」にご確認のうえ、お届けくださるようお願いします。 また、外国籍の方が婚姻できる方であるかを証明するためのに必要となる書類(婚姻要件具備証明書等)については、各国の「大使館」または「領事館」にお問い合わせください…
 
Q マイナンバーカードの申請中に引越しをしてしまった場合、どうしたらよいですか。
・他の市区町村から横浜市に引越しした場合 前住所地でのマイナンバーカードの申請は無効となるため、 新たに横浜市で個人番号カード交付申請をしてください。 マイナンバーカード交付申請書をお渡しいたしますので、本人確認資料をご用意の上、 お住まいの区の区役所戸籍課にお越しください。 ・横浜市から他の市区町村に引越しした場合 横浜市でのマイナンバーカードの申請は無効となるため、 横浜市で…
 
Q 住民登録や戸籍の届出に、マイナンバー(個人番号)通知カード・マイナンバーカードは必要ですか。
住民登録や戸籍の届出に、マイナンバー通知カード・マイナンバーカードは必要ありません。 ただ、マイナンバー通知カード・マイナンバーカードには、 住所、氏名、生年月日、性別が記載されていますので、 戸籍の届出などによって、変更となる場合は、住民票のある (区)役所に当該カードをお持ちのうえ、お申し出ください。 運転免許証のように、裏面に追記します。 カードの記載内容に変更があったときは…
 
Q 住民基本台帳を閲覧したい
住民基本台帳の一部の写しの閲覧は、法令の規定により、次の場合に限り閲覧することができます。 ・国又は地方公共団体の機関が、法令で定める事務の遂行のために必要である場合 ・統計調査、世論調査、学術研究等公益性が高い調査研究のために必要と認められる場合等  住民基本台帳の閲覧用のリスト(一部の写し)は各区役所で自区分のみ備え付けていますので、複数の区の閲覧を希望される場合には、それぞれの区役所へ…
 
Q 除籍全部事項証明書(謄本)・個人事項証明書(抄本)、改製原戸籍謄本・抄本の郵送請求の手続きについて
(1)請求先 ・<送付先>  〒231-8307 横浜市中区尾上町1丁目6番地 横浜市郵送請求事務センター ・郵送請求する場合は、請求用紙、手数料分の定額小為替(郵便局で発行)返信用封筒(返信先を記入し、切手を貼付)を同封してください。    ・なお、電話及びファクシミリでの請求はできません。 <送付物> ・請求用紙 ・住所が記載された本人確認資料(運転免許証、健康保険証な…
 
Q 不在住証明書はどこの窓口で取れますか。
不在住証明書は、証明する日現在で「証明書の住所に住民票がない」ことを証明するものです。 該当の区の区役所で請求できます。他区の区役所や行政サービスコーナーでは取り扱っていません。郵送でも請求できます。 (1)証明書交付窓口 ・不在住証明書の対象となる区の区役所窓口でとることができます。 ・郵送で請求することもできます。電話及びファクシミリでの請求はできません。   <郵送請求の…
 
Q 本人通知制度について教えてください
横浜市では本人以外が取得した戸籍謄抄本や住民票について、偽りその他不正な手段による取得が発覚した際に、被害者に対し、その事実を通知する、本人通知制度を導入しております。
 
Q 電子証明書の更新(有効期限到来、住所・氏名等の変更)について(任意代理人による申請の場合)
 マイナンバーカードに格納されている電子証明書の更新は、有効期限の3か月前から受け付けています。有効期限が3か月以内となり有効期限以降も引き続きお使いになる場合は、更新の手続きを行ってください。  お引っ越しをした場合やご結婚された場合など、住所や氏名が変わると署名用電子証明書は自動的に失効してしまいます。(利用者証明用電子証明書には住所や氏名の情報は記録されていませんので、有効期限までそのまま…
 
Q コンビニ交付は、コンビニの店員が個人情報を扱うことはないのか
マルチコピー機の操作は利用者本人が申請から交付まで行うことになっているため、店員等の本人以外が扱うことはありません。 また、コンビニの店員は、個人情報の保護の観点から、証明書の内容や操作の補助などは行えないことになっています。
 
Q 代理人が住民票コードを記載した住民票をとれるのか
住民票コードを記載した住民票の写しにつきましては、本人からの委任状をご持参いただければ、代理人申請していただくことが可能です。  ただし、受付後住民票コードを記載した住民票の写しをご本人様あてに区役所から郵送いたしますので、その場でお渡しすることができません。     成年被後見人等法定代理人の方につきましても、住民票コードを記載した住民票の写しの請求ができますので、法定代理人である証明をお…
 
Q コンビニ交付は、コンビニにマイナンバーカードや証明書を置き忘れるリスクが高いのではないか?
マイナンバーカードについては、マルチコピー機にカードをかざし、暗証番号を入力した後に、カードを取り外さないと、証明発行の画面に遷移しない仕組みとなっています。また、マイナンバーカード及び証明書の取り忘れを防止するためにマルチコピー機の画面や音声、アラームでお知らせする機能も搭載されていますので、置き忘れのリスクは低いと言えます。 万が一取り忘れた際は、コンビニ店員が回収し、遺失物として警察に届け…
 
Q マイナンバーカードを紛失してしまいました。
マイナンバーカードを紛失された場合は、カードの悪用を防ぐため、マイナンバーカードの機能停止の手続きが必要です。機能停止については、マイナンバー総合フリーダイヤルへ電話、またはFAXにてご連絡ください(FAXは聴覚障害のある方専用となっています)。一時機能停止後は、お住まいの区役所戸籍課に「紛失届」の届け出が必要です。 【連絡先】※機能停止手続きは24時間受け付けています。 マイナンバー総合…
 
Q 戸籍の附票の写しを郵送してもらえますか
 戸籍の附票の写しは郵送で請求できます。  戸籍の附票の写しを郵送で請求する場合は、請求用紙、手数料(1通300円)分の定額小為替(郵便局にて購入)または「現金」(現金書留)、切手を貼った返信用封筒を同封のうえ、本籍地の区役所の戸籍課へ送付してください。   第三者からの戸籍の附票の写しの請求については、原則必要な方のみ交付します。使いみちを請求書に記入し、「使いみちが確認できる資料」…
 
Q コンビニ交付のメリットは何かあるのか
コンビニ交付は、区役所等が開いていない休日や夜間でも、全国約53,000店舗、市内約1,200店舗で、朝の6時30分から夜11時まで利用できることのほか、住民票などの4つの証明書は窓口より50円安くなることや、利用者自身が操作して証明書を取得するため、申請書の記入が不要になるなど、市民の皆様の利便性が向上します。
 
Q コンビニ交付の手数料はいくらか。
 住民票の写し、住民票記載事項証明書、印鑑登録証明書、戸籍の附票の写しは1通250円となります。  戸籍証明書は窓口で取得する場合と同じ450円となります。
 
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.