本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 子育て・赤ちゃん・子ども
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "子育て・赤ちゃん・子ども" 【84 件中 1 件から 50 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 医療機関乳幼児健康診査について教えてください。
母子健康手帳交付時にお渡しする医療機関乳幼児健康診査受診票で、1歳までに3回、受診票に記載されている次の期間で健康診査が受診できます。 (1) 1回目   生後0か月〜3か月(4か月未満) (2) 2回目   生後5か月〜8か月(9か月未満) (3) 3回目   生後9か月〜12か月(13か月未満) <受診できる医療機関> 市内の医療機関乳幼児健康診査(無料育児相談)実施医療機関でのみ受…
 
Q 幼稚園就園奨励補助金について教えてください。
私立幼稚園に在園する園児の保護者に対して、横浜市から「就園奨励補助金」がでます。 ●補助対象 : 横浜市内に住民登録があり、かつ、お住まいで私立幼稚園に在園している園児。(横浜市外の私立幼稚園も含みます。園児の国籍は問いません。) 子ども・子育て支援新制度の施設型給付を受ける幼稚園・認定こども園に在園する場合は対象外です。 ●申込み方法 : 申込みは幼稚園に入園してからです。幼稚園に入園後、6…
 
Q 【保育所入所】空き状況(募集状況)を確認したいのですが。
ヨコハマはぴねすぽっと(こども青少年局ホームページ)でご覧いただけます。 http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/unei/index2.html
 
Q 子どもの予防接種の受け方について教えてください。
(1)横浜市が実施している予防接種について(定期予防接種)    ヒブ、小児用肺炎球菌    四種混合※1(百日せき、ジフテリア、破傷風、不活化ポリオ)    (三種混合※2(百日せき、ジフテリア、破傷風)、不活化ポリオ)    BCG、麻しん風しん混合、水痘※3、日本脳炎、二種混合(ジフテリア、破傷風)    子宮頸がん予防      ※1 平成24年11月1日から、従来の三種混合…
 
Q 予防接種の予診票(接種券)を紛失してしまいました。再発行してもらえますか。
福祉保健センターで、未接種の予防接種の予診票(接種券)をお渡しします。 ・予防接種の記録を確認しますので、「母子健康手帳」及び「年齢の確認できる書類(健康保険証等)」をご持参ください。なお、母子健康手帳を紛失された場合は、接種歴を口頭でお伝えください。 ・問い合せ先は関連ホームページを参照してください。
 
Q 子どものための手当はありますか。(児童手当はどんな制度ですか。)
市内に住所があり、中学校修了前までの児童を養育してしている方に児童手当を支給します。請求方法など詳しくは、関連ホームページをご参照ください。 【問合せ先】横浜市こども青少年局こども家庭課手当給付係 平日9:00〜17:00 TEL045-641-8411
 
Q 妊婦健康診査を市外の医療機関で受診したいのですが(里帰り出産等)。
妊婦健康診査が市外の医療機関でも実施できるように、市外の医療機関には、妊婦健康診査に関する契約をしていただけるよう、お願いしています。 ご希望の医療機関が横浜市妊婦健康診査契約医療機関となっているかどうかは、医療機関またはこども青少年局こども家庭課まで、お問い合わせください。 受診される医療機関が横浜市妊婦健康診査契約医療機関以外の場合は、妊婦健康診査費用補助券は使用できませんのでご注意ください。…
 
Q 乳幼児健康診査(健診)について教えてください
お子さんの発育や発達を成長の節目で確認し,子育てを応援する目的で、4か月・1歳6か月・3歳の計3回、お住まいの区の福祉保健センターにおいて無料で行っています。 乳幼児健康診査では、診察、歯科検診(4か月を除く)、身体測定、育児相談等を行います。また、健診の結果、必要なお子さんには病院や専門機関を紹介しています。 問合せ先  【こども青少年局こども家庭課】(TEL 045−671−2452 ) …
 
Q 横浜市の幼稚園について教えてください。
横浜市内の幼稚園はすべて私立幼稚園で、公立幼稚園はありません。 ●入園方法 : 各幼稚園の入園については、各自でご希望の幼稚園に直接お問い合わせください。次年度の入園については、毎年10月中旬が願書配布、11月1日が入園受付です。 ●各幼稚園の情報 : 各幼稚園の住所、電話番号、保育料などの情報については、本市のホームページ「横浜市こども青少年局」(http://www.city.yokoha…
 
Q 【保育所入所】引き落とし口座を変更したいのですが。
新規のお申し込みと同様の手続きとなりますので、口座振替依頼書(区役所窓口や保育所で配付またはこども青少年局保育運営課から郵送)に必要事項を記入し、金融機関へ御提出ください。
 
Q 【保育所入所】保育料の引落日に口座残高が不足していて引き落としができなかったのですが。
引き落としができなかった場合、翌月20日頃に「督促状付納付書」をお送りします。再振替はできませんので、指定の納期限までに金融機関窓口にてお支払いください。
 
Q 産前産後ヘルパーを利用したいが、どこに申し込んだらいいか
申請するときは、お住まいの区のこども家庭支援課まで申請書を提出してください。
 
Q 子どもの予防接種を横浜市外で受けるには、どうしたらよいですか?
(1)予防接種法に基づく予防接種(ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合、三種混合、不活化ポリオ、BCG、麻しん風しん混合、水痘、日本脳炎、二種混合、子宮頸がん予防)を市外で受ける場合   横浜市長から、滞在先市町村長宛(又は接種を実施する医師宛)の「予防接種実施依頼書」が必要です。   (依頼書の提出先等については、あらかじめ滞在先市町村へお問合ください。)   ・申込先:住所地の福祉保健…
 
Q 母子健康手帳(母子手帳)は、どこでいただけますか。
お住まいの区の福祉保健センターで交付しています。 平日8:45〜17:00、第2・第4土曜日9:00〜12:00に福祉保健センターこども家庭支援課までいらしてください。交付の際には、現在の体調や通院先の医療機関等、所定の用紙に記入していただきますので、できるだけご本人(妊婦)が来所されますよう、お願いします。 また、受付時に窓口で、①個人番号の確認 ②本人確認 を行いますので、以下の書類をお…
 
Q 妊婦健康診査を受診したら有料でした。無料ではないのですか。
妊婦健康診査は、母子健康手帳交付時にお渡しする妊婦健康診査費用補助券(以下「補助券」)で健診費用補助を行っています。妊婦健康診査が有料だった場合は、次のことが考えられます。 (1) 補助券を使用しましたか。補助券を使用しないで受診された場合は全額自己負担となります。あらかじめ医療機関に補助券を使用することをお伝えください。 (2) 補助の対象 : どの回の健診にもご利用いただける補助券を14枚…
 
Q 【保育所入所】次男、次女の場合は第2子の保育料が適用されますか?
認可保育所・幼稚園・認定こども園に入所中のお子さまの中で第1子、第2子と数えます。在園児がお一人だけの場合は、次男・次女でも第1子の保育料が適用されます。
 
Q 横浜市の保育所の種類や、保育時間などの保育内容は?
○教育・保育施設・事業所の種類と数   横浜市内には、市立保育所82か所(公設民営2か所含む)、民間保育所638か所の合計720か所の保育所があります。(平成29年4月現在)  そのほか、認定こども園、幼稚園、小規模保育事業、家庭的保育事業等の教育・保育施設・事業があります。 教育・保育施設・事業所の一覧→http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/u…
 
Q 視聴覚検診について教えてください。
4歳児(当年度に5歳になる児童)を対象に、視覚及び聴覚異常を早期に発見するための検査を社会福祉法人青い鳥 小児療育相談センターに委託して無料で行っています。 <実施方法> 家庭でできる「視力と聴力の調査票」をお渡し、ご家庭で目と耳の検査をお願いしています。小児療育相談センターでは、この「視力と聴力の調査票」の書面診査を行い、その結果、要検査対象者については、ご連絡のうえ、小児療育相談センター検…
 
Q 子どもに関する相談をしたい。
児童相談所では、18歳未満のお子さんのことでしたら、どなたからでも専門のスタッフが相談をお受けします。 相談受付時間:月〜金(祝日・休日・年末年始を除く)午前8時45分〜午後5時00分 中央児童相談所:南区浦舟町3−44−2(TEL 260−6510)(FAX 262−4155)           所管区域:鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区 西部児童相談所:保土ケ谷区川辺町5−10(T…
 
Q 医療機関乳幼児健康診査を市外の医療機関で受診したいのですが(里帰り出産等)。
医療機関乳幼児健康診査は、市外の医療機関では、実施していません。 医療機関乳幼児健康診査は、医療機関乳幼児健康診査受診票に記載されている次の期間で、1歳までの間に3回受診することができます、横浜市内のお近くの乳幼児健康診査(無料育児相談)実施医療機関で受診してください。 (1) 1回目   生後0か月〜3か月(4か月未満) (2) 2回目   生後5か月〜8か月(9か月未満) (3) 3回目…
 
Q (港北区)保育園の空き状況・待機者数について教えて下さい。(年齢ごとも)
保育所の入所状況についてはこども青少年局のページで見ることができます。 なお、港北区の保育所の空き状況は”http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/sabisu/hoiku/”からご覧ください。
 
Q 里帰り出産をする予定です。里帰り先で上の子どもの乳幼児健康診査(健診)を受けたいのですが。
横浜市民が里帰り先の市町村で乳幼児健康診査を受ける場合は、横浜市が里帰り先の市町村あてに文書で依頼をする必要があります。まずは、お住まいの区の福祉保健センターにご連絡ください。 問合せ先  【こども青少年局こども家庭課】(TEL 045−671−2452 )
 
Q 母子健康手帳(母子手帳)をなくしてしまいました。再度いただけますか。
横浜市に在住し、妊娠中から出産、就学前までのお子さんをお持ちの方であれば、お住まいの福祉保健センターで再交付します。 平日8:45〜12:00、13:00〜17:00に福祉保健センターこども家庭支援課までいらしてください。 なお、今まで受けた予防接種等の記録はできませんので、御了承ください。母子健康手帳再交付時に印鑑は必要ありません。 問い合わせ先  【こども青少年局こども家庭課】 (TEL 0…
 
Q 【保育所入所】ひとり親家庭の保育料は無料ですか?
入所月1日のお子さまの年齢と世帯の課税額によって異なりますので、無料とは限りません。
 
Q 【保育所入所】保育料はいくらですか。
保育料は、世帯にかかる市民税額、お子さまの支給認定区分、きょうだいの状況等によって横浜市が設定した階層区分に応じて決定します。ヨコハマはぴねすぽっと(こども青少年局ホームページ)でご覧いただけます。 http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/unei/kosodate/19hoikuseido.html
 
Q 特別乗車券(母子支援施設入所・児童扶養手当受給要件)の交付希望届出書の提出期限を過ぎてしまったが、どうしたらよいか
○ お住まいの区のこども家庭支援課(瀬谷区は高齢・障害支援課)でお手続きをしてください。 ○ 手続きの際には、児童扶養手当受給世帯の方は、同封の交付希望届出書(提出用)のほかに、 児童扶養手当証書(有効期限内のもの)を、母子生活支援施設入所世帯の方は、母子生活支援施設所長が発行する在所証明書及び「4月1日以降特別乗車券を利用する方の写真(上半身、正面、無帽で縦30㎜、横24㎜のもの)」をご持参…
 
Q 放課後児童クラブを新しく開設したい。手続き方法を教えてください。
放課後児童健全育成事業は、地域の理解と協力のもとに組織される、放課後児童クラブを運営する運営委員会等に補助をし、実施しています。運営委員会は、   自治会・町内会の代表者、民生委員・児童委員、青少年指導員、小学校の代表者 を必須構成員として組織していただいています。委託要件は次のとおりです。   ア 良好な衛生環境及び安全性を備えた、事業のための施設を確保していること。   イ 事業の委託…
 
Q 子育てサポートシステムに参加したいが、説明会はいつあるのか?
子育てサポートシステムの入会説明会は、各区支部事務局が毎月開催しております。 日程につきましては、インターネットのホームページで「横浜子育てサポートシステム入会説明会」(http://yokohama.famisapo.jp/meeting-event/)をご覧になるか、【各区支部事務局】にお問い合わせください。 【区支部事務局一覧】 鶴見区地域子育て支援拠点わっくんひろば・・・(TE…
 
Q 医療機関乳幼児健康診査を受診しました、領収書でお金を戻してもらえますか。
医療機関乳幼児健康診査では、領収書をお預かりして、お金をお戻しする、償還払いは行っていません。 医療機関乳幼児健康診査の公費負担は、母子健康手帳交付時にお渡しする医療機関乳幼児健康診査受診票 請求用とともに医療機関から請求を受け、医療機関に支払っています。 問い合わせ先  【こども青少年局こども家庭課】 (TEL 045−671−2452)
 
Q 保育所等の利用申請方法は? 利用の決定方法は?
まずは、各区役所こども家庭支援課で配布または横浜市こども青少年局ホームページ「ヨコハマはぴねすぽっと」に掲載の横浜市保育所等利用案内をご覧ください。 ○利用申請方法 ・利用を希望する月により申請締切日が異なります。 ・4月1次利用申請は、前年の10月から11月に一斉に受け付けます。原則専用封筒による郵送申請(認定利用調整事務センター宛)となります。 ・4月2次申請または5月以降の利用申…
 
Q 先天性代謝異常症等の検査について教えてください
横浜市では、平成23年10月1日から19疾患の検査を行っています。  先天性代謝異常等を持った赤ちゃんは、生まれたときは全く健康に見えても、放っておくと知的障害が発生したり、時には生命の危険にさらされる場合もあります。 検査を行い、これらの病気を早期に発見し、適切な治療を続ければ障害などの発症を未然に防ぐことができます。 検査の方法は、生後5〜8日の間に新生児の足裏から少量の血液を採取して行います…
 
Q はまっ子ふれあいスクールのアシスタントパートナーになりたいのですが。
アシスタントパートナーの採用は、各はまっ子ふれあいスクールの運営委員会が行っていますので、募集に関するお問い合わせは直接各運営委員会へお願いします。
 
Q 【保育所入所】いつから口座引き落としになりますか。
通常月末までに金融機関へ申し込みされた場合は、翌月の保育料から引き落としされます。ただし、4月は申込数が増加しますので、口座振替開始までに2、3か月程度かかります。
 
Q 緊急に保育所で子供を預かってもらえますか?
突発的に起きてしまう保護者の病気・事故または急な出張などで、緊急にお子さんを預けなければならなくなった時、保育所で一時的に預かることが出来ます。夜間・宿泊も含め、24時間365日対応します。・実施施設 あおぞら保育園 住所 神奈川区六角橋5−35−15 (TEL 045−488−5250) (FAX 045−488−5520) 港南はるかぜ保育園 住所 港南区日野8−31−36 (TEL 045−…
 
Q (緑区)みどりっこ親子の居場所はなまるはどんなところですか。
親子が気軽に集まり、自由に時間を過せる場所です。また、子育てに関する情報収集・交換もできます。(1)所在地   横浜市緑区三保町2160-5 第二旭屋ビル2階   電話/ファックス 045−932−9122    JR横浜線・市営地下鉄グリーンライン 中山駅 南口 徒歩5分(2)開館時間   10:00〜16:00(3)休館日   土、日、祝日、年末年始ほか(4)対象者   未就学児(おもに0〜3…
 
Q はまっ子ふれあいスクールでの事故への対応はどのようになっていますか。傷害保険への加入は?
パートナーは、子どもたちが楽しく安全に遊べるように配慮しますが、万一事故が発生した場合は、パートナーが必要な応急処置を行うと同時に、保護者へ連絡し、迎えに来ていただきます。緊急の場合は、パートナーが医療機関へ連れて行きます。医療機関へかかった場合には、傷害見舞金制度が適用されます。
 
Q 瀬谷区内の放課後児童クラブについて
 瀬谷区内には、現在7ヶ所のクラブがあります。入所については、各クラブへ直接連絡して下さい。 【瀬谷区内放課後児童クラブ】 (1)瀬谷子供ホーム     瀬谷3−10−24(TEL:489-9406) (2)瀬谷第二学童保育    下瀬谷2−25−4(TEL:302-8988)  (3)南瀬谷なかよしホーム  宮沢1−26−2 (TEL:303-9336)  (4)三ツ境なかよし学童…
 
Q 市外から転入してきました。子どもの予防接種に関する手続はどうしたらよいですか。
横浜市が実施する予防接種を無料で受けるためには、横浜市発行の「予診票(接種券)」が必要です。 ・住所地の福祉保健センターで、未接種の予防接種の予診票をお渡しします。 ・予防接種の記録を確認しますので、「母子健康手帳」及び「年齢の確認できる書類(健康保険証等)」をご持参ください。なお、母子健康手帳を紛失された場合は、接種歴を口頭でお伝えください。 ・問い合せ先は関連ホームページを参照してくださ…
 
Q 母子健康手帳(母子手帳)について教えてください
母子健康手帳は、お母さんとお子さんの健康記録としてつくられた手帳です。 妊婦健康診査、乳幼児健康診査などの診察や保健指導を受ける際には、必ず持参し、必要に応じ書き入れてもらうことやお母さん・お子さんの健康状態、健康診査結果などの覚え書きとして使用ができます。 この手帳は、就学前までのお子さんの健康記録として使用ができますので、お子さんの健康診断の参考になりますし、予防接種の記録としても役立ちますの…
 
Q 緑区内の放課後児童クラブ(学童保育クラブ)について
緑区内には現在10カ所のクラブがあります。入所については、直接クラブへ連絡してください。 各クラブの連絡先 霧が丘学童保育クラブ  045−921−4231  竹山学童クラブ  090−4836−0838  十日市場学童保育所  045−982−5437  中山学童保育「なかよしの家」  045−933−8901  長津田学童保育クラブ  045−983−1383  長津田南学童保育…
 
Q (港北区)乳幼児の歯科検診をやっているそうですが、どうすれば利用できますか?
 「乳幼児歯科相談」(http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/sabisu/kodomo/nyusika.html) があります。予約は045−540−2340。福祉保健センターこども家庭支援課へ。内容の問合せは540−2362〜2363にお願いします。
 
Q 放課後キッズクラブやはまっ子ふれあいスクールへの参加はどのようにすればよいのですか。
参加できるのは、原則としてその学校に通っている1〜6年生です。事前に各放課後キッズクラブまたは、はまっ子ふれあいスクールに申込みをしてください。参加当日は受付を済ませてから遊びます。授業終了後にそのまま参加することもできますし、一時帰宅してから参加することもできます。帰宅するときには、帰宅する旨をスタッフに伝えてから帰ります。ただし、地域の事情等により一時帰宅が認められない場合等もありますので、申…
 
Q 妊婦健康診査を受診しました、領収書でお金を戻してもらえますか。
妊婦健康診査の公費負担は、母子健康手帳交付時にお渡しする妊婦健康診査費用補助券を委託医療機関で利用していただくようになります。横浜市と未契約の市外医療機関で受診された場合や妊婦健診費用が補助券額面金額に満たず医療機関で補助券をご利用できなかった場合につきましては助成制度をご利用ください。   問い合わせ先  【こども青少年局こども家庭課】 (TEL 045−671−2455)
 
Q 横浜市に引っ越してきました。他の市町村でいただいた母子健康手帳(母子手帳)は、使用できますか。
就学前までのお子さんの健康手帳として、他の市町村で交付された母子健康手帳(母子手帳)を引き続きご使用ください。 なお、乳幼児健康診査、予防接種など市町村によりサービス内容が異なりますので、お住まいの福祉保健センターにお問い合わせをしていただきますよう、お願いします。  問い合わせ先  【こども青少年局こども家庭課】 (TEL 045−671−2455)
 
Q (都筑区)区役所で用事を行う間、子どもを一時的に預かってくれる場所はありますか。
 お子さま連れの来庁者が各窓口で安心して手続きができるようにするために、都筑区役所2階、15番窓口隣に「つづきっ子ランド」というお子さまをお預かりするスペースがあります。利用時間は、平日9時30分~15時30分で、お預かりする時間は概ね30分間です。ご利用方法は、まず申込書を記入していただき、用件が終了したら引取証と引き換えにお子さまをお引き取りいただきます。なお、公会堂・図書館など区役所以外の施…
 
Q 住んでいるの区以外で、乳幼児健康診査(健診)は受けられますか。
乳幼児健康診査では、診察や身体測定のほかに、育児に関する地域情報をお伝えしたり、精密検査等が必要なお子さんには専門医療機関をご紹介したり、その後のご相談にご対応させていただくなどをお住まいの区の福祉保健センターが担当しています。 そのため、乳幼児健康診査はお住まいの区の福祉保健センターでお受けいただきますようお願いしています。  事前にお知らせした日程が合わない場合は、別の健診日で受けることもでき…
 
Q 放課後キッズクラブやはまっ子ふれあいスクールではどこで遊んで、どんな遊びができるのですか。
(どこで遊ぶの?) 小学校内の多目的スペースや体育館、校庭などで遊びます。(どんな遊びができるの?) 室内では:ブロック、ドミノ、オセロ、囲碁、将棋、お絵かき、ぬりえ等 校庭、体育館では:ドッジボール、サッカー、一輪車、縄跳び、竹馬等
 
Q (緑区)歯つらつ1歳児の1日コースと2日コースの違いについて教えてください。
「歯つらつ1歳児」は、1歳のお子さんを対象としたむし歯予防の講座です。(1)申し込み方法   開催日によって、お子さんの対象と受付開始日が違います。   広報、チラシ等で確認して、電話又はファックス等で緑区こども家庭支援課へお申し込みください。   電話番号 045−930−2361  ファックス045−930−2435(2)持ち物   お子さんの歯ブラシと母子健康手帳をお持ちください。 (3)1…
 
Q 放課後キッズクラブやはまっ子ふれあいスクールへお弁当を持参することはできますか。
土曜日や長期休業中、給食のない日に参加する場合は、一時帰宅する場合を除いてお弁当が必要となります。
 
Q 一時的に保育所に預けたいときは?
市内約230か所の保育所で一時保育を行っています。 利用料・利用時間などを各実施園へお問い合わせのうえ、直接お申し込みください。 一時保育の実施園は、一覧表に掲載しています。 http://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/unei/kosodate/ichijiannai.html →一覧表へのリンクがあります。 ○週3日ほど   パートで働く、職業訓練…
 
Q&Aよくある質問集 > 子育て・赤ちゃん・子ども

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.