本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "健康・医療・衛生" 【227 件中 1 件から 20 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 薬局(医薬品販売業含む)開設の手続を教えてほしい。
横浜市内に薬局等を開設される方は、当該区の福祉保健センターで手続ができます。詳しくは以下にお問い合わせ下さい。 <連絡先> 青葉区福祉保健センター生活衛生課食品衛生担当 (TEL 978-2464) 旭区福祉保健センター生活衛生課食品衛生係 (TEL 954-6166) 泉区福祉保健センター生活衛生課生活衛生係 (TEL 800-2443) 磯子区福祉保健センター生活衛生課食品衛生係…
 
Q 看護師・保健師・助産師・准看護師の免許申請について教えてほしい。
横浜市にお住まいの方は、市内すべての区の福祉保健センターで手続ができます。詳しくは以下にお問い合わせ下さい。 <連絡先> 青葉区福祉保健センター生活衛生課食品衛生担当 (TEL 978−2463) 旭区福祉保健センター生活衛生課食品衛生係 (TEL 954−6166) 泉区福祉保健センター生活衛生課生活衛生係 (TEL 800−2443) 磯子区福祉保健センター生活衛生課食品衛生係 (T…
 
Q 診療所・施術所の開設をしたいが、どこに問合せをすればよいか。
横浜市内に診療所を開設される方は、事前に健康福祉局医療安全課へご相談ください。 (TEL 671−2414) 施術所を開設される方は、当該区の福祉保健センターで手続ができます。詳しくは以下にお問い合わせ下さい。 <連絡先> 青葉区福祉保健センター生活衛生課(医務薬務担当)(TEL 978−2463) 旭区福祉保健センター生活衛生課(医務薬務担当)(TEL 954−6166) 泉区福…
 
Q 横浜市浴場協同組合作成の銭湯マップに掲載されている銭湯が廃業となっていた
銭湯マップは横浜市浴場協同組合で作成しているものになります。 詳細については、組合にお問い合わせください。 連絡先:045-231-3341
 
Q 横浜市立大学附属病院で受けた診療に対する疑問や不安に関する相談、医療スタッフ等について意見がある。
附属病院では、患者相談窓口を設置しております。医療コーディネーター(看護師)が常駐し、患者さんやご家族の様々なご相談をお聞きしています。 【受付時間】平日 9:00~16:30 【受付場所】附属病院2階 総合案内横(「かかりつけ医案内」コーナー内)
 
Q 横浜市立大学附属センター病院で受けた診療に対する疑問や不安に関する相談、医療スタッフ等について意見がある。
センター病院では、かかりつけ医・患者相談窓口を設置しております。 医療コーディネーター(看護師)2名が常駐し、患者さんやご家族の様々なご相談をお聞きしています。 【受付時間】平日 8:45~17:00 【受付場所】センター病院 本館1階ロビー
 
Q 「港北区ウォーキングマップ」はどこでもらえますか?
「港北区ウォーキングマップ」は港北区役所地域振興課(4階45番窓口)で配布しています。 また地区センターや地域ケアプラザなどの施設でも配布していますが、数に限りがありますので、事前にお電話でお確かめの上お越しください。 【港北区地域振興課】045-540-2240
 
Q 横浜市における被爆者援護事業について教えてもらいたい。
 本市では、被爆者の方に対する援護費の支給(10,000円/年)、はり・きゅう・マッサージ療養費の助成(3,000円/月額が限度)及び被爆者の子に対する医療費助成を行っております。  詳しくはホームページをご確認いただくか、各区福祉保健センター健康づくり係もしくは健康福祉局保健事業課へお問い合せ下さい。  なお、被爆者健康手帳に関する事項や各種手当など、その他の援護事業については神奈川県にて所…
 
Q 民泊サービスの提供を始めたいが、どうしたらいいですか。
 自宅の一部やマンションの空き室などを活用して宿泊施設を営業する場合、旅館業法に基づく旅館業の許可を受けるか、住宅宿泊事業法に基づく宿泊事業の届出を行う必要があります。  旅館業の営業許可については、宿泊サービスを提供する施設の所在地の【区福祉保健センター生活衛生課】にお問い合わせください。  なお、住宅宿泊事業法の届出については【健康福祉局生活衛生課】が窓口ですので、お問い合わせください。
 
Q 急な病気やけがで、医療機関へ行くか救急車を呼ぶか迷っています。
「横浜市救急相談センター」へ電話でお問い合わせください。音声案内に従って番号を押すと、次のサービスにつながります。(24時間・年中無休) プッシュ1番 医療機関案内 その時受診可能な、医療機関案内を行います。 聴覚障害者の方は専用ファックス 045-242-3808に送付してください。FAX受付後に医療機関と調整の上、折り返しいたします。 プッシュ2番 救急電話相談  看護師が、症状に基…
 
Q 難病患者が受けられる医療費助成や福祉サービスの受付窓口はどこですか。
お住まいの区役所の高齢・障害支援課が、ご相談や手続きの窓口となります。 医療費助成(指定難病医療費助成制度)については、お住まいではない(お勤め先や学校の近くなど)区役所の高齢・障害支援課でも書類を受け付けることができます。郵送で申請手続きをする場合は、神奈川県庁に送ってください。 更新の手続きも同様です。 送り先 〒231-8588(住所の記載は不要です)     神奈川県がん・疾病…
 
Q 肝炎の治療への医療費助成を受けたいのですが
□肝炎治療医療費助成制度  B型・C型肝炎の治療について、申請書が受理された日の属する月の初日から  治療予定期間に応じて、1年または7か月間医療費の助成が受けられます。  ■対象  ・市内にお住まいの方  ・C型ウイルス性肝炎の根治を目的とするインターフェロン治療(少量長期投与を除く)  及びインターフェロンフリー治療並びにB型ウイルス性肝炎に対して行われるインターフェ  ロン…
 
Q 心身障害児・者歯科診療事業について教えてほしい。
<概 要> 心身障害児・者の歯科治療を、横浜市歯科保健医療センター及び横浜市歯科医師会に所属している歯科診療所(心身障害児・者歯科診療協力医療機関)の協力を得て実施しています。 <対象者> 心身障害児および心身障害者 <内  容> (1) 横浜市歯科保健医療センターで、毎週月~土曜日の午前9時から午後5時まで診療を実施しています。 (2) 各区の…
 
Q 訪問歯科診療事業について教えてほしい。
<概要>  在宅の寝たきり高齢者等で、歯や口腔内の治療(むし歯、歯周病、入れ歯の修理等)が必要な人に対し、歯科医師が各家庭を訪問し、在宅訪問歯科診療を行います。 <対象者> 原則として、在宅で寝たきりの高齢者(65歳以上)の方等で、歯科診療所への通院が困難な人。 <受診方法> 訪問診療は、予約制。 <問い合わせ>   各区高齢支援課または高齢・障害支援課…
 
Q 難病患者のための医療費の助成制度はありませんか。
□指定難病医療費助成制度(神奈川県事業)  原因不明で治療方法が確立していない、いわゆる難病のうち、厚生労働大臣が定める疾病を、「指定難病」といいます。指定難病については、治療が極めて困難であり、かつ、その医療費も高額に及ぶため、患者さんの医療費の負担軽減を目的として、一定の認定基準を満たしている方に対して、その治療に係る医療費の一部を助成しています。平成26年12月31日までは56疾病の難病に…
 
Q 難病患者のための医療費の助成以外に金銭的な補助制度はありませんか?
 療養生活で様々な困難を抱えていらっしゃる特定疾患の患者に対する療養扶助費は、昭和50年から給付を開始し、平成16年度に廃止されたため、神奈川県事業である特定医療費(指定難病)医療費給付制度以外で、横浜市独自の補助金制度はありません。  難病患者は、疾病の種類や病状(重症度)によって、ほぼ日常生活が営める方から常に生活全般に介助が必要な方まで、必要なサービスは様々です。このため、一律の現金給…
 
Q 外出支援サービスにおいて、行き先が市外の場合には、送迎をしてもらえないのでしょうか。
原則として市内ですが、区によって異なります。お住まいの区の社会福祉協議会に御相談ください。 * 市境の区などでは、必要に応じ、市外への送迎も行っています。
 
Q 外出支援サービスにおける距離の起算場所は、どこからになるのでしょうか。
区社会福祉協議会の車両保管場所から、距離を算定します。
 
Q 外出支援サービス事業(難病患者)を利用できるのはどんな人でしょうか。
■外出支援サービス(難病患者)の対象者  ・市内に居住する方  ・単独で一般の交通機関を利用しての外出が困難な方(主に車イス利用者)  ・障害者総合支援法で定める332疾病にり患している方   上記のすべてにあてはまる方で、居宅から医療機関、福祉施設・団体でのサービス利用、行政機関での手続きの送迎について利用できます。(事前登録が必要です)ただし、高齢者施策(介護保険制度の通院等乗降介助等…
 
Q 難病患者向けの相談会などはありませんか。
■難病相談事業(難病講演会・交流会の実施)  各区役所(福祉保健センター)で、専門医や福祉関係者を講師とした難病医療講演会や、患者と家族同士の情報交換のための交流会を実施しています。  日程が決まり次第、開催予定を下記ホームページに掲載しています。 【横浜市難病講演会・交流会】  http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/nanbyo/kouenkai/…
 
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.