本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
検索
カテゴリ
キーワード
*複数のキーワードは空白(スペース)で区切ってください。
矢印 "住民票・戸籍・実印" 【167 件中 101 件から 150 件までを表示】
表示件数 : 20件|50件|100件
並び順 : 閲覧回数順|新着順
Q 在留期間の更新について
在留資格の変更や在留期間の更新については入国管理局へ申請してください。 詳しい手続きについては、次の問合せ先にご確認ください。 外国人在留総合インフォメーションセンター (TEL 0570-013-904 又は 03-5796-7112)
 
Q 身分証明書(破産者等に該当しないこと、成年被後見人でないことの証明)の郵送請求手続きについて
(1)請求先 ・<送付先> 〒231-8307 横浜市中区尾上町1丁目6番地 横浜市郵送請求事務センター ・請求する場合は、請求用紙、手数料分の定額小為替(郵便局で発行)返信用封筒(返信先を記入し、切手を貼付)を同封してください。 ・なお、電話及びファクシミリでの請求はできません。 (2)証明書を請求できる方  ・請求者本人及び請求者から頼まれた(委任を受けた)代理人の方 …
 
Q 戸籍に関する届出を郵送によりすることはできますか。
戸籍の届出については、郵送によりお届けいただくこともできます。郵送でお届けいただく場合は本籍地の「区役所戸籍課戸籍担当」に届書等の必要書類をご送付ください。(行政サービスコーナー及び市役所では受付することはできません。) なお、郵送により、お届けになる場合は、次の点にご留意ください。(詳細については、「区役所戸籍課戸籍担当」にご確認をお願いします。) (1)お届けいただいた届書の内容確…
 
Q コンビニ交付は4桁と16桁の暗証番号を登録したがどちらの暗証番号を入力するのか。
 4桁の数字の利用者証明用電子証明書の暗証番号を入力します。
 
Q コンビニ交付で必要となる利用者証明用電子証明書の有効期限はどのくらいか
有効期間は、原則として発行の日後5回目の誕生日までとなります。 有効期間も満了の3か月前より更新を行うことができます。
 
Q 通知カードに同封されているマイナンバーカード申請用の封筒はいつまで使えますか。
平成27年10月のマイナンバー制度発足時に送付された通知カードに同封されている マイナンバーカード申請用の封筒は、差出有効期限が平成29年10月4日までですが、 平成31年5月31日まで、そのままお使いいただけますので、切手を貼らずに投函してください。 (差出有効期限は封筒の切手部分に記載してあります。) なお、封筒が不足している、もしくは封筒を紛失してしまった場合には、 マイナ…
 
Q 引っ越しするときは、通知カードはどうしたらよいですか。
・国内で引越しする場合 通知カードには、住所が記載されていますので、 引越しなどで住所が変わる場合は、通知カードの裏面に新しい住所を追記します。 新住所のある市町村の窓口に、転入手続の際必ず通知カードをお持ちください。 ・海外への引越しの場合 通知カードに海外転出する旨の記載をしたうえで、通知カードをお返します。 転出手続の際には忘れずにお持ちください。 再び海外転入した場合は、…
 
Q コンビニ交付で証明書のデータがマルチコピー機に残ることはないのか。
 証明書等の印刷終了後、J-LIS及びコンビニ等の事業者は証明書データを即時消去する仕様となっており、データが残ることはありません。
 
Q マイナンバーカードを受け取った後はすぐにコンビニ交付の利用はできるのか。
 マイナンバーカードを受け取った翌日から利用が可能となります。  ただし、出生や婚姻届などの戸籍届出が提出された場合、戸籍証明書に反映するまでに一定期間を要します。所用時間などの詳細は、お住まいの区の区役所にお尋ねください。
 
Q コンビニ交付はコンビニでどうやって証明を取得するのか。
申請から交付まで、ご本人がマルチコピー機を操作します。 案内画面を見ながらのタッチパネルによる簡単操作で、申請書の記入も不要です。
 
Q (本人による届出の場合)住基カードの暗証番号がわからなくなってしまった場合はどうしたらいいのか
住基カードの暗証番号がわからなくなってしまった場合は、再設定の手続きが必要です。 住基カードを新規に交付するときと同様の手続きが必要となるため、(1)免許証方式(2)文書照会方式のいずれかとなります。 【住基カードの暗証番号再設定方法】 <申請先>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口 <必要なもの> (1)免許証方式の場合 次のものをお持ちいただいた場合は、申請したその場で手続きが完了します。 …
 
Q (法定代理人による届出の場合)住基カードの返納(不要となった場合)について
住民基本台帳カードが不要となった場合、いつでも返納することができます。また逆に、付記転出でなく通常の手続きで横浜市外に転出する時や住民票コードを変更した時など、住民基本台帳カードが使用できなくなる場合には、カードは必ず返納してください。 <返納先>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口 <必要なもの> ・返納する住基カード ・法定代理人の本人確認資料(運転免許証、健康保険証等) ・法定代理人である…
 
Q 代理人が住民票コードを記載した住民票をとれるのか
住民票コードを記載した住民票の写しにつきましては、本人からの委任状をご持参いただければ、代理人申請していただくことが可能です。  ただし、受付後住民票コードを記載した住民票の写しをご本人様あてに区役所から郵送いたしますので、その場でお渡しすることができません。     成年被後見人等法定代理人の方につきましても、住民票コードを記載した住民票の写しの請求ができますので、法定代理人である証明をお…
 
Q 代理人が住民票コードの確認する方法はありますか
即日、代理人に住民票コードを確認するための住民票コード通知をお渡しすることはできません。住民登録のある区役所戸籍課登録担当の窓口で、「住民票コード確認発行依頼書」と委任状及び代理人の本人確認資料の提示により「住民票コード通知」をご本人のご自宅(住民登録地)に郵送で送付します。 (1)任意代理人の場合   ご本人が作成した委任状と任意代理人の本人確認資料の提示が必要です。住民票コード通知をご…
 
Q 電子証明書の更新(有効期限到来、住所・氏名等の変更)について(任意代理人による申請の場合)
 マイナンバーカードに格納されている電子証明書の更新は、有効期限の3か月前から受け付けています。有効期限が3か月以内となり有効期限以降も引き続きお使いになる場合は、更新の手続きを行ってください。  お引っ越しをした場合やご結婚された場合など、住所や氏名が変わると署名用電子証明書は自動的に失効してしまいます。(利用者証明用電子証明書には住所や氏名の情報は記録されていませんので、有効期限までそのまま…
 
Q 電子証明書の更新(有効期限到来、住所・氏名等の変更)について(本人による申請の場合)
 マイナンバーカードに格納されている電子証明書の更新は、有効期限の3か月前から受け付けています。有効期限が3か月以内となり有効期限以降も引き続きお使いになる場合は、更新の手続きを行ってください。  お引っ越しをした場合やご結婚された場合など、住所や氏名が変わると署名用電子証明書は自動的に失効してしまいます。(利用者証明用電子証明書には住所や氏名の情報は記録されていませんので、有効期限までそのまま…
 
Q 通知カードを受け取っていません。どうすればいいですか。
配達時に不在だったなどにより、通知カードを受け取られていない場合は、 お住まいの区役所戸籍課で保管している場合があります(※)。 受取の方法は、以下をご参照ください。 【本人が来庁する場合】 ・①又は②の本人確認資料 ①顔写真付きの住民基本台帳カード、旅券、運転免許証、 運転経歴証明書(平成24年4月以降に発行されたもの)、身体障害者手帳、在留カード等、 官公署発行の顔写真付き証…
 
Q 自分の印鑑を登録したいのですが
 お住まいの区の区役所の窓口に届出をお願いします。   登録する印鑑、本人確認資料をお持ちください。   行政サービスコーナーでは届出することができません。  なお、次の印鑑は登録できません。 (1) 住民票に記録されている氏名、氏、名又は氏名の一部を組み合わせたもので表していないもの (2) ゴム印その他の印鑑で変形しやすいもの (3) 職業、資格その他氏名以外の事項を表…
 
Q コンビニ交付の戸籍証明書は、なぜ減額しないのか?
戸籍証明書は、地方自治法の規定に基づく政令により、手数料の標準額が定められており、本市でもその額を適用しているため、減額は行っていません。
 
Q マイナンバー制度が導入後、住基カードはどうなるのか
平成28年1月以降、住民基本台帳カードの新規交付、再交付は終了いたしました。 住民基本台帳カードは、カードの有効期限内であれば利用可能です。 ただしマイナンバーカードの交付を希望する場合には、 交付の際に住民基本台帳カードは返納していただきます。
 
Q 実印をなくしたのですが
 お住まいの区の区役所の窓口に届出をお願いします。   行政サービスコーナーでは届出することはできません。  実印を紛失し、別の印鑑の印鑑証明書が必要な場合は、登録印鑑亡失の届出を行い、再度印鑑登録の申請を行う必要があります。 次の印鑑は登録できません。 (1) 住民票に記録されている氏名、氏、名又は氏名の一部を組み合わせたもので表していないもの (2) ゴム印その他の印鑑で…
 
Q コンビニ交付で取得した証明書の交換や手数料の返金は可能か
コンビニ交付で取得された証明書の交換・手数料の返金はできません。取得する証明書の内容をよくご確認の上、操作をお願いします。 証明書の内容を相談されたい方は、区の証明発行窓口や行政サービスコーナーをご利用ください。
 
Q コンビニ交付で利用できるカードは何があるのか。
 利用者証明用電子証明書の搭載されたマイナンバーカードのみです。
 
Q マイナンバーカードとは何ですか
表面に氏名、住所、生年月日、性別(基本4情報)と顔写真、 裏面にマイナンバーが記載されたプラスチック製のカードです。 マイナンバーカードは、運転免許証と同じように本人確認資料として利用できるため、 窓口などで個人番号の確認を求められた際は、マイナンバーカード1枚で、 本人確認と個人番号の確認が出来ます。 また、e-Taxの電子申請や住民票の写し等のコンビニ交付にも利用できます。 マイナ…
 
Q マイナンバーカードや住基カードに格納されている電子証明書の暗証番号を変更する場合や再設定する場合の手続き(本人による申請の場合)
 暗証番号の変更は、区役所でも申請を受け付けておりますが、「利用者クライアントソフト」を利用してご自宅のパソコンでも変更できます。「利用者クライアントソフト」について詳しくは、「公的個人認証ポータルサイト」をご覧ください。  マイナンバーカード又は写真付きの住民基本台帳カード、写真なしの住民基本台帳カードと官公署発行の顔写真付きの本人確認書類をお持ちの場合は、その場で変更・再設定ができます。写真…
 
Q コンビニ交付は、代理人・第三者からの請求や無料交付(手数料免除)は取り扱えるのか
コンビニ交付では、代理人・第三者からの請求や無料交付は取り扱えません。 代理人・第三者からの請求や無料交付で取得される方は、区の証明発行窓口や行政サービスコーナー、郵送請求事務センターをご利用ください。
 
Q 区内又は市内他区への引越しのとき、印鑑登録の住所変更の手続きをする必要はあるのか。
 区内転居・区間異動の際、住民異動届を転入する区の区役所の窓口で届け出ていただければ、印鑑登録の住所も自動的に変更されるので、手続きの必要はありません。  問合せ先は関連ホームページを参照してください。
 
Q 特別永住許可について
特別永住許可の対象者は、すでに「特別永住者」の資格をお持ちの方の子孫の方等です。 日本に在留する外国人の方が永住資格を取得する場合、大半の方が「永住者」の在留資格を取得することとなります。(「特別永住者」とは異なります)在留資格に関するお問い合わせは入国管理局にお願いいたします。 【お届け期間】 ○出生その他の事由が生じた日から60日以内 【お届け先】 ○お住まいの区の区役所戸籍…
 
Q 婚姻した場合に外国籍配偶者の氏を名乗ることはできますか。
 婚姻届と同時または婚姻の日から6か月以内に「外国人との婚姻による氏の変更届(戸籍法107条2項の届)」をすることによって外国籍配偶者の方の氏を名乗ることができます。(婚姻届だけでは氏の変更はされません。) (1)ご持参いただくもの ・外国人との婚姻による氏の変更届(戸籍法107条2項の届) 1通(届出用紙は全国共通です。)(区役所戸籍課戸籍担当で届出用紙をお渡ししています。市役所、行政サ…
 
Q コンビニ交付のマルチコピー機は、不正なアクセスで個人情報が漏えいすることはないのか
専用の通信ネットワーク、通信内容の暗号化により、不正なアクセスができないよう守られています。
 
Q マイナンバーカードや住基カードに格納されている電子証明書の暗証番号を変更する場合や再設定する場合の手続き(法定代理人による申請の場合)
 暗証番号の変更は、区役所でも申請を受け付けておりますが、「利用者クライアントソフト」を利用してご自宅のパソコンでも変更できます。「利用者クライアントソフト」について詳しくは、「公的個人認証ポータルサイト」をご覧ください。  法定代理人が官公署発行の顔写真付きの本人確認書類をお持ちの場合は、即日変更ができます。お持ちでない場合は文書照会(後日変更)となりますのでご了承ください。 <申請…
 
Q (本人による手続きの場合)一時停止した住基カードが出てきた場合どうしたらいいか
一時停止した住基カードを発見した場合、住民基本台帳カード一時停止解除届出を行うことで、見つかった住民基本台帳カードを引き続き使用することができます。 住基カードを新規に交付するときと同様の手続きが必要となるため、(1)免許証方式(2)文書照会方式のいずれかとなります。 【住基カード一時停止解除方法】 <申請先>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口 <必要なもの> (1)免許証方式の場合 次のもの…
 
Q 署名用電子証明書、利用者証明用電子証明書の発行申請を本人が行う場合
<申請場所>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口 <取扱時間>平日8時45分〜17時(第2、4土曜開庁時は取り扱いできません) <必要なもの> ・マイナンバーカード  窓口で住民基本台帳用(数字4桁)の暗証番号を確認します。 ・交付手数料(200円)  平成30年3月31日までは補助金対象となっているため無料です。平成30年4月1日以降有料となる予定です。
 
Q マイナンバーカードの紛失等届出後に、なくしたカードが見つかりました。
マイナンバーカードの紛失等の届出をされた後に、カードが見つかった場合は、カード機能の一時停止解除のため、お住まいの区役所戸籍課に届け出が必要です。見つかったカードをお持ちいただき、お住まいの区の区役所戸籍課にお越しください。
 
Q マイナンバーカードや住基カードに格納されている電子証明書の暗証番号を変更する場合や再設定する場合の手続き(任意代理人による申請の場合)
 暗証番号の変更は、区役所でも申請を受け付けておりますが、「利用者クライアントソフト」を利用してご自宅のパソコンでも変更できます。「利用者クライアントソフト」について詳しくは、「公的個人認証ポータルサイト」をご覧ください。  任意代理人が本人から依頼を受けて申請する場合は、文書照会(後日変更)となりますのでご了承ください。 <申請場所>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口 <取扱時…
 
Q (法定代理人による届出の場合)住基カードの暗証番号を変更したい場合はどうしたらいいのか
暗証番号を変更したい場合は、いつでも変更の届出を行うことができます。  なお、電子証明書の暗証番号変更については、別に手続きが必要です。 【カードの暗証番号変更方法】 <申請先>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口 <取扱時間>平日8時45分〜17時(第2、4土曜開庁時は取り扱いできません) <必要なもの> ・暗証番号を変更する住民基本台帳カード(変更前の暗証番号の入力が必要※)…
 
Q 郵送で電子証明書を取得(申請・交付手続きが)できるか
 第三者が本人になりすまして申請することや、未着・不着等のトラブルを防止するためにも、区役所窓口での申請をお願いしており、現在は郵送のお取り扱いを行っておりません。
 
Q カードの表面の記載内容に変更が生じた場合どうなるのか(法定代理人による申請の場合)
 住民基本台帳カード表面に記載された氏名、住所等に変更があった場合、引き続き使用できますが、カード裏面に変更事項を記載する手続きが必要になります。  なお、電子証明書については、有効期間内であっても失効しますので、更新手続き(有料)が必要です。 【住基カードの記載内容変更方法】 <申請先>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口 <必要なもの> ・表面記載事項を変更する住民基本台帳カー…
 
Q コンビニ交付の手数料は、なぜ手数料は250円なのか
区役所などの窓口では、職員が対面により行っていますが、コンビニ交付は、コンビニに設置されているマルチコピー機を利用者自身で操作し、証明書を取得していただきます。 そのため、窓口における人件費を勘案し、250円としました。
 
Q 電子証明書とは
 住所、氏名、性別、生年月日のほか、暗号化したデータを復号するために必要な情報等が記載されており、これらの情報が申請者本人のものであることを神奈川県知事が証明したものです。  なお、この証明書は紙に印字するものではなく、住民基本台帳カード上のICチップの中に格納されます。  有効期間は3年ですが、その期間内でも、引越しによる住所変更や結婚による改姓など、申請者の住所・氏名等電子証明書に記録され…
 
Q 土曜開庁日に、港北区戸籍課で取り扱う業務は何ですか。
土曜開庁日に、港北区戸籍課では次の業務を行います。 ○戸籍係:区役所2階 戸籍の届出、戸籍謄・抄本、除籍謄・抄本などの証明発行 ※注)他の自治体や機関への確認が必要な業務など、お取り扱いできないものもありますので事前にお問い合わせください。 ○登録係:区役所2階   印鑑登録、住民異動届、住民票の写し等各種証明書の発行        ※注)住民基本台帳ネットワークシ…
 
Q 休日開庁日に、旭区戸籍課で取り扱う業務は何ですか。
毎月第2、第4土曜の休日開庁日に、旭区戸籍課では、次の業務を行います。  ○戸籍担当:区役所1階 12番窓口       戸籍謄抄本、除籍謄抄本、戸籍の附票の写しなどの証明発行       (※本籍地が横浜市内にある方に限ります。)             戸籍関係届書の受付・審査       (※他の市区町村等に確認を要するものは、預かりになります。)  ○登録担当:区役所1階 …
 
Q 出国時の外国人登録証明書の返納について
日本から出国する場合で、再入国の許可を取得されている場合、返納は不要です。再入国許可を取得されていない場合、出国時に空港等で返納してください。なお、出国に関する区役所での外国人登録のお手続はありません。問い合わせ先は関連ホームページを参照してください。
 
Q (任意代理人による届出の場合)住基カードの返納(不要となった場合)について
住民基本台帳カードが不要となった場合、いつでも返納することができます。また逆に、付記転出でなく通常の手続きで横浜市外に転出する時や住民票コードを変更した時など、住民基本台帳カードが使用できなくなる場合には、カードは必ず返納してください。 <返納先>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口 <必要なもの> ・返納する住基カード ・任意代理人の本人確認資料(運転免許証、健康保険証等) ・委任状 <ご記入…
 
Q カードの表面の記載内容に変更が生じた場合どうなるのか(任意代理人による申請の場合)
 住民基本台帳カード表面に記載された氏名、住所等に変更があった場合、引き続き使用できますが、カード裏面に変更事項を記載する手続きが必要になります。  なお、電子証明書については、有効期間内であっても失効しますので、更新手続き(有料)が必要です。 【住基カードの記載内容変更方法】 <申請先>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口 <必要なもの> ・申請者本人自署の委任状(平成21年4月…
 
Q 行政サービスコーナーでは税証明を取得できたが、コンビニ交付では税証明を取得することはできるのか
コンビニ交付では、税証明を取得することができないため、区の証明発行窓口や近隣の行政サービスコーナーをご利用ください。
 
Q 住基カードの表面の記載内容に変更が生じた場合どうなるのか(本人及び同一世帯人による申請の場合)
 A1-1、住民基本台帳カード表面に記載された氏名、住所等に変更があった場合、引き続き使用できますが、カードのサインパネルに変更事項を記載する手続きが必要になります。 【カードの記載内容変更方法】 <申請先>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口 <必要なもの> ・表面記載事項を変更する住民基本台帳カード ・同一世帯員が届出する場合は、窓口に来る人の本人確認資料(運転免許証、健康保険…
 
Q 平成27年11~12月当時(マイナンバー制度発足時)に送付した通知カードはいつまで受け取れますか
マイナンバー制度発足当初の平成27年11月から12月にかけて郵送され、 不在等で受け取られず、区役所に返送された通知カードについては、戸籍課窓口にて交付していましたが、 平成29年10月31日(火)で交付を終了しました。 今後は、通知カード再発行手続きが必要となります(手数料500円)。 なお、マイナンバーカードの交付を希望される場合は、初回交付無料の扱いとなっています。
 
Q 土曜日、日曜日、祝日・祭日に、電子証明書を取得(申請・交付手続きが)できるか
 システムが稼働していないため、平日(祝日・祭日及び年末年始を除く月曜日〜金曜日)のみのお取り扱いになります。
 
Q (任意代理人による届出の場合)住基カードの暗証番号を変更したい場合はどうしたらいいのか
暗証番号を変更したい場合は、いつでも変更の届出を行うことができます。任意代理人による手続きの場合は、必ず文書照会方式となります。  なお、電子証明書の暗証番号変更については、別に手続きが必要です。 【住基カードの暗証番号変更方法】 <申請先>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口 <必要なもの> ?暗証番号を変更する住民基本台帳カード ?任意代理人の運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、療育手…
 
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.