本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   国民健康保険で高額療養費をもらえるのはどういうときですか。
回答
 1か月(暦の1日から末日まで)の間に医療機関等の窓口(院外処方箋をもらって薬を調剤薬局から買った場合も含みます)で支払った一部負担金が世帯ごとに判定された限度額を超えた場合、超えた部分の金額があとから戻ってくる制度を高額療養費といいます。
 高額療養費の限度額は国民健康保険の加入世帯が市民税の課税世帯か非課税世帯か、医療機関等にかかった人の年齢が70歳未満か70歳以上かなど条件により変わります。
 そのため横浜市国民健康保険では、高額療養費の対象になる月(限度額以上の医療費がかかった月)の最短で2か月後の20日頃に高額療養費に該当する世帯に支給申請書兼申立書を送付します。
                                   
→限度額等の詳細については、関連ホームページ1を参照                                    
 また、後期高齢者医療制度に該当されている方にも同様の制度があります。                
                      
→関連ホームページ2を参照

<関連ホームページ>
横浜市国民健康保険 高額療養費支給制度
後期高齢者医療制度

Q&A番号:638
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.