本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   家庭系パソコンの廃棄方法
回答
家庭で使用しているパソコン(本体・ディスプレイ)は、製造メーカーによる自主回収・リサイクルが法律で義務づけられています。不用になったパソコンはメーカーが自主回収します。(PCリサイクルマークのない平成15年10月以前に販売されたものも対象となります)

平成15年10月1日以降に購入したパソコンには、リサイクル費用がその販売価格に含まれていますが、それ以前に購入したパソコンは、回収時に支払うことになります。お手持ちのパソコンの排出方法、金額等は、直接メーカーへお問い合わせください。

 自作パソコンや日本から撤退してしまった海外メーカーのパソコンなど、回収義務者が存在しないパソコンもリサイクルの対象となり、一般社団法人パソコン3R推進協会が回収を行っています。

 なお、プリンタ、スキャナ、キーボードなどの周辺機器やワープロはこの対象になりませんので、一番長いところが50センチメートル以上の場合は「粗大ごみ」、50センチメートル未満の場合は「燃やすごみ」として収集します。

 また、横浜市でも、平成28年5月1日より回収ボックスの投入口(30cm×15cm)に入る、長さ30cm未満のパソコンを、小型家電リサイクルとしての回収を開始しました。
横浜市の小型家電リサイクルとして排出する場合は各区役所や各収集事務所等に設置している専用ボックスに投入して下さい。

<関連ホームページ>
パソコンリサイクルについて
パソコン3R推進協会 ホームページ

Q&A番号:674
Q&Aよくある質問集 > ごみ・リサイクル

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.