本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   国民健康保険で、鍼灸、あんまマッサージなどの治療が受けられる場合は、どのような時ですか。
回答
(1)あんまマッサージ
 あんま・マッサージ・指圧師の施術のうち、医療上必要があって行われるマッサージが療養費の支給対象となります。筋まひ・間接拘縮等の症状の改善が目的である医療マッサージに限定され、疲労回復や慰安目的、疾病予防のためのマッサージ等は支給対象になりません。歩行困難であるため在宅で施術を受けた場合の、往療料も一定の条件を満たすときに支給対象になります。
(2)鍼灸
 慢性病であって保険医療機関の治療を受けても所期の効果が認められなかったり、今までの治療経過から効果が現れていない場合に、医師が鍼灸の施術の必要性を認め、同意した場合に限って保険が適用されます。対象病名は(1)神経痛、(2)リウマチ、(3)頚腕症候群、(4)五十肩、(5)腰痛症、(6)頚椎捻挫後遺症となっています。歩行困難であるため在宅で施術を受けた場合の、往療料も一定の条件を満たすときに支給対象になります。
 申請により、支払った金額のうち保険適用される額(7割・8割)が払い戻されます。

 <申請先・問合せ先>
  お住まいの区役所保険年金課保険係。関連ホームページを参照。

 <申請に必要なもの>
(1)療養費支給申請書
(2)医師の同意書
(3)国民健康保険鍼灸マッサージ師施術明細書(明細書・領収書)
(4)国民健康保険証※
(5)高齢受給者証※(前期高齢者の場合)
(6)印鑑(世帯主名で朱肉を使うもの)
(7)預金通帳又は振込先の確認できるもの
(ゆうちょ銀行の場合、振込用の店名・預金種目・7桁の口座番号が必要となります)
※70歳以上の方で被保険者証兼高齢受給者証をお持ちの方は、(4)(5)の代わりに被保険者証兼高齢受給者証をお持ちください。

<関連ホームページ>
横浜市国民健康保険 療養費
区役所保険年金課保険係

Q&A番号:659
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.