本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   今月70歳になりますが、医療費の自己負担割合の変更はあるのですか。
回答
 70歳の誕生日が属する月の翌月(ただし1日生まれの方はその月)から、2割又は3割の自己負担で受診することとなります。
 誕生日の翌月からは(1日生まれの方は誕生日の月から)、「被保険者証兼高齢受給者証」を医療機関等の窓口に提示してください。

注)3割負担となる条件は次のとおりです(該当しない場合は2割)。
注)令和元年7月1日以前に70歳年齢到達の方で高齢受給者証をお持ちの方は、7月31日までは被保険者証と高齢受給者証を医療機関の窓口に提示してください。

 同一世帯の国民健康保険加入者である70歳以上の方。(以下「高齢者」)のうち、当該年度(4月から7月は前年度)の住民税の課税標準(各種控除後の所得)が145万円以上ある方が一人でもいる世帯は3割負担となります。
 ただし、課税標準による判定で3割負担となった世帯でも、高齢者の前年(1月から7月は前々年)の収入金額の合計が、次の要件を満たすときは、基準収入額の適用申請を行うことにより、2割負担とすることができます。
  ・世帯内の高齢者が1人であるとき、383万円未満
  ・世帯内に高齢者が2人以上いるとき、520万円未満

 なお、次のすべての条件を満たし、基準収入額の適用申請を行った場合も2割負担とすることができます。
  1 国民健康保険に加入している70歳以上の方が世帯に1人である。
  2 同一世帯に国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行された方(後期高齢者医療制度に移行した日から継続して同一世帯に属している方に限ります。)がいる。
  3 1の方と2の対象となる方全員の収入額合計が520万円未満である。

 制度の詳細は関連ホームページを参照してください。

<関連ホームページ>
横浜市国民健康保険 70歳以上の方の医療費

Q&A番号:620
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.