本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 福祉
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   介護保険サービスの高額介護サービス費の払戻しに関する制度と手続きはどのようなものですか
回答
1.高額介護サービス費の払い戻し制度について

 介護保険のサービスを利用した時の1か月の利用料(かかった費用の1割(一定以上の所得がある場合は2割または3割)の自己負担分)が一定の上限額を超えたときは、その超えた額の一部が申請により高額介護サービス費として払い戻されます。 

 ただし、要介護度ごとに1か月間に使える介護サービスの利用限度額がありますので、その限度額の範囲内で自己負担した分のみが対象となります(例えば要介護5の方の場合、利用限度額は約380,000円ですので、限度額一杯利用した場合、1割負担の方は約38,000円自己負担分の一部が払い戻しの対象となります)。

 介護保険外のサービス利用分(介護保険施設利用にかかる食費・部屋代や日常生活費など)は対象外です。 

 また、福祉用具購入費、住宅改修費については対象外です。なお、同一世帯に複数の要介護者がいるときは、世帯全体の自己負担額を合算することができます。



2.高額介護サービス費として払い戻される額

  『(利用料自己負担額)-(上限額)』が払い戻されます。

  1か月当たりの上限額は世帯の所得状況によって次のとおりです。

(1)生活保護受給者…15,000円(個人)

(2)市民税非課税世帯の老齢福祉年金受給者、または前年の合計所得金額と
   公的年金等収入額の合計が年間80万円以下の方
   …24,600円(世帯)または15,000円(個人)

(3)市民税非課税世帯で上記以外の方…24,600円(世帯)

(4)上記以外の方…44,400円(世帯)

 このほか、1割負担の被保険者のみの世帯は、
 新たに自己負担額の年間上限額446,400円が設定されます。
 (平成29年8月から3年間の時限措置。
  年間上限額の適用期間は、8月1日から翌年7月31日まで。)

<問合せ先>
 お住まいの区の区役所保険年金課保険係(関連ホームページ2をご覧ください)

<関連ホームページ>
サービスの利用者負担について
問い合わせ先一覧(介護保険サービスに関する苦情について・問合せ先)

Q&A番号:520
Q&Aよくある質問集 > 福祉

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.