本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > その他
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   パートナーシップ宣誓制度について知りたい。
回答
1 制度概要
 お互いを人生のパートナーとして、相互に協力し合う関係であることを宣誓した、性的少数者や事実婚の方に対して、横浜市が「パートナーシップ宣誓書受領証」及び「パートナーシップ宣誓書受領証明カード(希望者のみ)」を交付する制度です。

2 宣誓の要件 
次の全てに該当する性的少数者や事実婚の2人。
・成年に達していること
・横浜市民であること。または一方の方が市民で、他方の方が転入を予定(3か月以内)していること
・婚姻していないこと
・宣誓者以外の方とパートナーシップ関係がないこと
・近親者などでないこと

3 宣誓場所
 市民局人権課
 ※区役所での予約受付、宣誓はありません。

4 予約受付
宣誓には予約が必要です。
電話またはメールで市民局人権課(045-671-2718)へ宣誓日の予約をしてください。
なお、宣誓等には1時間程度かかります。

5 必要書類
・現住所を確認する書類(住民票の写しまたは住民票記載事項証明書)
・現に婚姻していないことを証明する書類(戸籍抄本等)
・本人確認ができる書類(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等)

※その他はホームページをご参照ください。

<関連ホームページ>
横浜市パートナーシップ宣誓制度

Q&A番号:11
Q&Aよくある質問集 > その他

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.