本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   マイナンバーカードの受取に必要なものは何ですか。
回答
マイナンバーカードの受取は原則申請者ご本人が区役所窓口にお越しいただく必要があります。

《必要な持ち物》
【申請者本人が受け取る場合】
①交付通知書
②通知カード
③本人確認書類2点
※「官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類」1点と
 「本人の氏名と住所又は氏名と生年月日が確認できる書類」1点
④住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

【法定代理人が受け取る場合(申請者が15歳未満のこども又は成年被後見人の場合)】
※交付の際、申請者本人の同行が必要です
※通学のため、申請者本人が同行しないことは認められておりません

①交付通知書
②通知カード
③申請者本人及び法定代理人の本人確認書類
④住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
⑤代理権を証する書類(申請者が15歳未満の場合は戸籍謄本(※)、
 成年被後見人の場合は成年後見登記事項証明書)
 (※)横浜市内に本籍があり、平日に来庁可能な場合、戸籍謄本は不要です。
    ただし、横浜市内に本籍があっても、第2・第4土曜日に来庁される場合は
    戸籍謄本が必要になる場合がありますので、お住まいの区の区役所戸籍課にお問い合せ下さい

【任意代理人が受け取る場合】
※マイナンバーカード申請者ご本人が、病気、身体の障害などやむを得ない理由により、
 交付場所(区役所)にお越しになることができない場合に限り、代理人(任意代理人)の方が
 カードを受け取ることができます
※お仕事が多忙、通勤・通学のため、区役所にお越しになれない場合は、やむを得ない理由には該当しません

①交付通知書
②通知カード
③申請者本人及び任意代理人の本人確認書類
④住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
⑤病気、障害その他やむを得ない事由により申請者本人の来庁が難しいことを示す疎明資料
(病院・施設の入所証明書類、障害者手帳、医師の診断書など)
  ※障害者手帳をお持ちであっても、その手帳の記載内容から、ご本人が病気や身体の障害その他やむを得ない
   事情から、区役所への来庁が難しいと認めることができない場合では、任意代理人による
   カードの受取はできません。


・交付通知書を紛失した場合について
交付通知書がない場合でも、事前予約の上(※事前予約不要区を除く)、
通知カード及び本人確認書類を必ずご持参頂ければ、カードを交付することができます。
事前予約がお済みでない場合や、通知カードを紛失し、運転免許証などの顔写真付き本人確認書類を
用意することが難しい場合は、交付通知書の再発行が必要になります。
お住まいの区の区役所戸籍課にお問い合せ下さい。

・通知カードを紛失した場合について
紛失届を記入して頂くことで、マイナンバーカードの交付が可能です。
マイナンバーカード受取の際、認印をご持参ください。

<関連ホームページ>
市民局窓口サービス課「マイナンバーカードの受け取り方法について」
市民局窓口サービス課「カード申請者本人が15歳未満・成年後見制度を利用している場合」
市民局窓口サービス課「カード申請者本人が病気、身体の障害などやむを得ない理由により、区役所にお越しになることができない場合」

Q&A番号:154886
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.