本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   マイナンバーが導入されると添付書類が不要になると言われていますが、住民票の写しや戸籍の添付が全て不要になるのですか。
回答
マイナンバー制度における他都市等との間で情報をやりとりする「情報連携」の本格運用が、平成29年11月13日から開始されました。
このことに伴い、マイナンバーを用いる行政手続において、これまで提出する必要があった書類(住民票の写し、課税証明書など)が省略できるようになります。
現時点でマイナンバーが使われるのは、法律や条例で定められる社会保障や税、災害対策の分野に限られるため、それ以外の分野の行政手続では、引き続き住民票の写しなどの添付が必要になります。
なお各種手続における必要書類は、各手続の所管部署にご確認ください。

<関連ホームページ>
内閣府 「マイナンバー制度における情報連携について」

<関連Q&A>
マイナンバー制度における情報連携とは何ですか。


Q&A番号:154843
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.