本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   燃料電池自動車(FCV)の補助金について教えてください。
回答
 燃料電池自動車を購入する個人及び事業者に対して、経費の一部を補助します。

【お知らせ】
 令和元年度燃料電池自動車(FCV)補助事業の補助申請受付は、
令和2年2月14日(金)まで実施します。
 なお、募集期間内に補助予算額に達した場合は、期限前に受付を終了します。


1 補助対象者
(1) 横浜市内に使用の本拠の位置を置き、燃料電池自動車を購入又は所有権留保付
  ローン購入する法人又は個人
 ・購入の場合は、自動車検査証上の所有者及び使用者は申請者であること。
 ・所有権留保付ローン購入の場合は、自動車検査証上の所有者は自動車会社又は
  ローン会社等、使用者は申請者であること。
(2) 横浜市内に使用の本拠の位置を置く法人または個人に対して貸与するために
  燃料電池自動車を購入する自動車リース業者
 ・自動車検査証上の所有者はリース会社、使用者は当該車両のリースを受ける者で
  あること。
 ・賃料総額に補助金相当額部分の値下がりが反映されることを要件とします。

※ 次に該当する場合は申請できません
 ・販売促進活動(展示・試乗車等)に使用する場合
 ・市税滞納者
 ・暴力団等反社会勢力の関係者

2 補助対象車種
  国の「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」対象車両
  (平成31年4月22日現在の対象車種は、トヨタ 「MIRAI(ミライ)」、
   ホンダ「CLARITY FUELCELL(クラリティ フューエル セル)」です。
   今後、燃料電池自動車の車種が増えた場合は対象車種に追加します。)

3 補助上限額
  250,000円

(参考)国の補助額 トヨタ「MIRAI」の場合:2,020,000円、
    ホンダ「CLARITY FUELCELL」の場合:2,080,000円
    神奈川県の補助額 700,000円

4 申込方法
  申請は郵送のみで受け付けます。詳細及び申請様式のダウンロードは
 関連ホームページをご覧ください。

【問合先】
 横浜市環境創造局環境エネルギー課 電話 045-671-4225

<関連ホームページ>
環境エネルギー課補助事業のご案内

Q&A番号:154738
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.