本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   精神科クリニックにかかっていますが、医療費の助成制度はありますか。
回答
 指定医療機関において、精神疾患の継続的な通院治療を行う場合に、医療費の一部が公費で負担されます。(ただし、所得に応じて月額の自己負担額に上限が設けられます。) 
 自己負担は原則1割です。(ただし、所得に応じて月額の自己負担額に上限が設けられます。) 
 なお、一定所得以上の世帯(市町村民税額(所得割)23万5千円以上)に属する方で「重度かつ継続」に該当しない場合には、公費負担の対象外となります。
  ※原則として事前申請が必要です。また、継続申請は3か月前から可能です。
 また、重度障害者医療費助成制度として、平成25年10月1日より、精神障害者手帳(1級)が交付されている方に医療費(入院は除く)を助成します。

【対象者】 通院により精神疾患の治療を受けている方
【必要なもの】 医師の診断書、市民税額等を証明するもの、健康保険証、印鑑(詳しくは窓口へお問い合わせください。)
【窓口】 各区福祉保健センター

<関連ホームページ>
障害福祉のあんない
自立支援医療・精神通院医療
重度障害者医療費助成

Q&A番号:145428
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.