本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   後期高齢者医療制度の高額療養費はどのような制度ですか。申請に必要なものは何ですか。
回答
<制度内容>
1か月(暦の1日から末日まで)の間に医療機関(病院、診療所、薬局など)の窓口で支払った金額が一定額(自己負担限度額)を超えた場合、超えた分を「高額療養費」として払い戻します。
 高額療養費の自己負担限度額は、所得額により変わります。
 保険診療分のみが対象で、差額ベッド代や入院時の食事代などは高額療養費の対象にはなりません。
 →自己負担限度額など詳細は関連ホームページ1を参照。

<申請のお知らせの送付>
 神奈川県後期高齢者医療制度の被保険者となって、初めて高額療養費の申請対象となる方には、診療月の概ね3~4か月後に、「神奈川県後期高齢者医療広域連合」から申請のお知らせを送付しています。申請書が届きましたら、必要事項を記入・押印のうえ、区役所保険年金課に提出してください。
 なお、一度申請いただくと、次回以降は、申請書にご記入いただいた口座に自動的にお振込みいたします。支給があるごとに、支給決定通知書(白地に青い文字のハガキ)を送付しますので、ご確認ください。

<申請先>
 申請先は、お知らせに記載されている市区町村の後期高齢者医療の窓口(横浜市の場合、各区保険年金課保険係)です。

<申請に必要なもの>
 ・被保険者証
 ・印鑑(朱肉を使用するもの)
 ・金融機関の預金通帳など口座番号のわかるもの
 ※領収書は不要です。

<申請先・問合せ先>
 お住まいの区の区役所保険年金課保険係
 関連ホームページ2を参照。

<関連質問>高額介護合算療養費146763 食事代146777

<関連ホームページ>
県後期高齢者医療広域連合 高額療養費
区役所保険年金課保険係

<関連Q&A>
後期高齢者医療制度の高額介護合算療養費は、どのような制度ですか。申請に必要なものは何ですか。
後期高齢者医療制度に加入しているが、入院時の食事代が安くなることはありますか。


Q&A番号:146743
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.