本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   後期高齢者医療制度に加入しているが、入院時の食事代が安くなることはありますか。
回答
<制度の内容>
 後期高齢者医療制度では、市民税非課税世帯の方が入院された場合、申請により「限度額適用・標準負担額減額認定証」(減額認定証)を交付します。この証を入院時にあらかじめ医療機関に提示すれば、自己負担限度額の適用と併せて食事代などが減額されます。
 やむを得ず、減額認定証を提示せずに支払いを済ませた場合は、お住まいの区役所保険年金課保険係で、食事代などの差額分の払い戻しを申請できます。
→詳細は関連ホームページ1を参照



<申請先・問合せ先>
お住まいの区の区役所保険年金課保険係
関連ホームページ2を参照

<申請に必要なもの>
◆減額認定証の申請の場合
(1)被保険者証
(2)印鑑(朱肉を使うもの)
(3)過去1年間に91日以上入院している方は、そのことが確認できるもの(病院の領収書等)

◆食事代などの差額を申請する場合
(1)被保険者証
(2)印鑑(朱肉を使うもの)
(3)金融機関の預金通帳など口座番号がわかるもの
(4)入院時の領収書

<関連ホームページ>
県後期高齢者医療広域連合 入院時食事療養費・生活療養費
区役所保険年金課保険係

<関連Q&A>
後期高齢者医療制度の高額療養費はどのような制度ですか。申請に必要なものは何ですか。
病院から「後期高齢者医療制度の減額認定証をとってくるように」と言われました。申請は、どのようにすればよいですか。
後期高齢者医療制度に関する支給決定通知書(ハガキ)をなくしてしまいました。再発行できますか。


Q&A番号:146777
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.