本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   後期高齢者医療制度の被保険者である家族が亡くなったのですが、どのような手続きが必要ですか。
回答
後期高齢者医療制度の被保険者が亡くなった場合、後期高齢者医療制度の資格喪失の手続きが必要になるほか、葬祭を行った方(喪主)に「葬祭費」として5万円が支給されます。
死亡届と住民登録の手続きを行った上で、お住まいの区の区役所保険年金課保険係に届け出てください。

  <届出先>
   関連ホームページ3を参照

  <ご用意いただくもの>
   ・亡くなられた方の後期高齢者医療制度の保険証
   ・印鑑(喪主の方で朱肉を使用するもの)
   ・葬祭を行ったことを証明するもの(会葬礼状、葬儀の領収書等)
   ・振り込みを希望する口座(原則として喪主の方の名義)の通帳

<関連ホームページ>
県後期高齢者医療広域連合 加入・返却
県後期高齢者医療広域連合 葬祭費
区役所保険年金課保険係

<関連Q&A>
後期高齢者医療制度では、葬祭費の申請はどうすればいいですか。
後期高齢者医療制度に関する支給決定通知書(ハガキ)をなくしてしまいました。再発行できますか。


Q&A番号:146775
Q&Aよくある質問集 > 健康保険・年金

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.