本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   23価肺炎球菌ワクチンの助成は、誰が受けられますか?
回答
23価肺炎球菌ワクチン接種には、定期接種と任意接種があります。それぞれ条件が異なりますので、ご自身がどちらに該当するかをご確認ください。


【定期接種対象者】

 過去に23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがなく、市内に住民登録がある、以下の①または②方

  ①■平成31年度(2019年度)■
     各年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、 95歳、100歳、101歳以上※になる方
     ※101歳以上が含まれるのは平成31年度のみです。

   ■平成32~35年度(2020~2023年度)■
     各年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、 95歳、100歳、になる方

  ②接種日現在60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓、呼吸器の機能、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫機能に1級相当の障害のある方



【任意接種対象者(障害がある方)】

 10月1日を基準日として、次の(1)(2)又は(3)(4)に該当する方
  ※ただし、脾臓摘出患者の方又は公害医療手帳の交付を受けている公害被認定患者の方は対象外です。

(1) 横浜市内に住民登録がある方で、満5歳以上60歳未満の方

(2) 身体障害者手帳の交付を受けた方のうち、心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう若しくは直腸、小腸、ヒト免疫不全ウィルスによる免疫又は肝臓のいずれかの機能の障害に該当する方

(3) 横浜市内に住民登録がある方で、満60歳以上65歳未満の方

(4) 身体障害者手帳の交付を受けた方のうち、ぼうこう若しくは直腸、小腸又は肝臓のいずれかの機能の障害に該当する方と、心臓、じん臓、呼吸器又はヒト免疫不全ウィルスによる免疫のいずれかの機能の障害に該当する者のうち、2級~4級に該当する方

<関連ホームページ>
定期接種について
任意接種について

Q&A番号:146660
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.