本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 公共交通
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   アイドリングストップすべき時をどのように定め、その他環境対策としてどのようなことを心がけていますか
回答
次の場所では、エンジンを停止することを原則としています。
車庫内及び起終点において停車中のとき
バスターミナル等において乗客取扱中。
アイドリングストップの他、無用な暖気運転や空ぶかしを厳に慎むとともに、走行中は正しいレンジの選択など、環境に配慮した運転操作を心掛けます。また、環境対策のために導入されている機器(アイリングストップ装置、ハイブリッド、DPF装置)等について、正確な操作を行います。アイドリングストップ装置は必ず機能させることにより、各停留所や信号待ちでの停車の場合等も、装置の機能どおり、アイドリングストップします。

<関連ホームページ>
横浜市交通局 環境対策バス車両の導入

Q&A番号:27440
Q&Aよくある質問集 > 公共交通

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.