本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   カードの表面の記載内容に変更が生じた場合どうなるのか(法定代理人による申請の場合)
回答
 住民基本台帳カード表面に記載された氏名、住所等に変更があった場合、引き続き使用できますが、カード裏面に変更事項を記載する手続きが必要になります。
 なお、電子証明書については、有効期間内であっても失効しますので、更新手続き(有料)が必要です。

【住基カードの記載内容変更方法】
<申請先>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口
<必要なもの>
・表面記載事項を変更する住民基本台帳カード
・法定代理人の本人確認資料(運転免許証、健康保険証等)
・法定代理人であることがわかる資料:戸籍全部事項証明書(謄本)等(※)
※横浜市では戸籍のコンピュータ化を行っていることから、市内に本籍のある方は、戸籍全部事項証明書の提示は省略できます。そのため、ご事情により戸籍のコンピュータ化がされていない方については、本籍が区内にないと戸籍謄本の提示が必要となりますのでご了承ください。

<ご記入いただく届出書>(窓口にあります)
・住民基本台帳カード表面記載事項変更届出書(なお、市内・区内での住所異動を届け出る際に住民基本台帳カードをお持ち頂いた場合、この表面記載事項変更届出書の提出は省略できます)

 また、平成21年4月20日以降発行した(有効期限が2019年4月19日以降のもの)顔写真入りの住民基本台帳カードの表面記載事項を変更する場合は、ICチップ内の情報も更新しますので、住民基本台帳カードの暗証番号が必要となります(暗証番号がわからない場合、暗証番号再設定の手続きが必要となりますこの場合第2、第4土曜の開庁時は取り扱うことができません。

<関連ホームページ>
住民基本台帳ネットワークシステムについて
公的個人認証サービスについて
区役所一覧

Q&A番号:145521
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.