本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   署名用電子証明書、利用者証明用電子証明書の発行申請を法定代理人が行う場合
回答
 署名用電子証明書については、本人の意思を表す署名として用いられることから、原則として15歳未満の方と成年被後見人の方には発行しておりません。
 利用者証明用電子証明書の発行については、ご本人ではなく法定代理人からの申請を受け付けております。法定代理人とは法律(民法)の規定によって定められた代理人のことで、親権者・成年後見人です。
 法定代理人が官公署発行の顔写真付きの本人確認書類をお持ちの場合は、即日発行ができますが、お持ちでない場合は、文書照会(後日発行)となりますのでご了承ください。

<申請場所>お住まいの区の区役所戸籍課登録担当窓口
<取扱時間>平日8時45分〜17時(第2、4土曜開庁時は取り扱いできません)

<必要なもの(即日発行の場合)>
・法定代理人の官公署が発行した顔写真付きの本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)
・法定代理人だとわかる書類(戸籍全部事項証明書(謄本)、登記事項証明書等)
 ※本籍地が横浜市内にある場合には、戸籍全部事項証明書(謄本)は不要です。
・申請者本人のマイナンバーカード
 窓口で住民基本台帳用(数字4桁)の暗証番号を確認します。
・交付手数料(200円)
 平成30年3月31日までは補助金対象となっているため無料です。平成30年4月1日以降有料となる予定です。  

<必要なもの(文書照会の場合)>
【申請時】
・法定代理人の本人確認書類(健康保険証等)
・申請者本人のマイナンバーカード
【回答時】
・署名又は記名押印のある回答書 
・法定代理人の本人確認書類(健康保険証等)
・法定代理人だとわかる書類(戸籍全部事項証明書(謄本)、登記事項証明書等)
 ※本籍地が横浜市内にある場合には、戸籍全部事項証明書(謄本)は不要です。
・申請者本人のマイナンバーカード
 窓口で住民基本台帳用(数字4桁)の暗証番号を確認します。
・交付手数料(200円)
 平成30年3月31日までは補助金対象となっているため無料です。平成30年4月1日以降有料となる予定です。

<関連ホームページ>
公的個人認証サービスについて
区役所一覧

<関連Q&A>
署名用電子証明書、利用者証明用電子証明書の発行申請を本人が行う場合
署名用電子証明書、利用者証明用電子証明書の発行申請を任意代理人が行う場合
戸籍課窓口で申請する際の文書照会とはなんですか?
電子証明書申請の持ち物のうち、官公署発行の顔写真付きの本人確認書類とは具体的にどういったものがありますか?


Q&A番号:145511
Q&Aよくある質問集 > 住民票・戸籍・実印

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.