本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 水道・下水道
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   トイレを水洗化したいが、トラブルがあり下水道に接続できないので、市で仲介してください
回答
 くみ取便所の水洗便所への改造工事やし尿浄化槽の廃止工事を行うにあたって、トラブルが発生して下水道に接続できない場合、「水洗化紛争仲介委員会」を開催し仲介を行う制度があります。
 「水洗化紛争仲介委員会」の委員は、弁護士、民事調停委員、不動産鑑定士の方で、それぞれの専門的な立場から、当事者の皆さんの主張を良く聞き、公正で常識的な仲介をします。
 なお、仲介は相手の方が仲介に付することを承諾した場合に限ります。相手の方が承諾しない場合、仲介することはできません。

(1)仲介の対象となる案件
・トイレを水洗化したいが、敷地が借地であり、地主が承諾してくれない場合
・トイレを水洗化するために他人の土地(隣地等)に排水設備を設置したいが、地主が承諾してくれない場合
・トイレを水洗化するために他人の排水設備に接続したいが、所有者が承諾してくれない場合
(注)案件の内容によっては、相談は受けるが仲介できない場合もありますので、ご了承ください。

(2)仲介の対象とならない案件。
・当該の紛争について、民事訴訟法に基づく係争中である場合
・当該の紛争について、過去に「水洗化紛争仲介依頼申出書」を提出したことがある場合
・既に水洗化した建築物や既設の排水設備についての紛争
・建築物の新築・改築に伴う紛争
・建築物や土地についての所有、占用、境界等に関する紛争
 

問合せ先【環境創造局管路保全課】(TEL045−671−2828)

Q&A番号:1385
Q&Aよくある質問集 > 水道・下水道

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.