本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   焼却炉を設置したり、撤去・解体する時はどうすればいいのですか。
回答
(1)焼却炉の設置について
 事業所に焼却炉を設置する場合は、施設の規模に応じて「大気汚染防止法」、「ダイキシン類対策特別措置法」及び「横浜市生活環境の保全等に関する条例」の届出及び許可申請が必要で、各法令に定める廃棄物焼却炉に関する設置基準、ばい煙排出基準及びダイオキシン類排出基準を満足したものでなくてはなりません。基準に合致しない「設備の整っていない簡易な焼却炉」は使用できません。一般家庭で使用される焼却炉は、基準に合致しない「設備の整っていない簡易な焼却炉」の範疇のものであり使用は自粛してください。従って、家庭から出るごみは、必ず、市のごみ収集にお出しください。
(2)焼却炉の撤去・解体について
 焼却炉を撤去・解体する場合には、「横浜市生活環境の保全等に関する条例」において、施設の規模ごとに指導基準を定めております。詳細については、横浜市ホームページでも確認できます。

問い合わせ先
【環境創造局大気・音環境課】TEL 671-3843、4227
 市役所本庁舎となり、関内中央ビル8F

<関連ホームページ>
環境創造局 開発・規制指導 大気悪臭

Q&A番号:1262
Q&Aよくある質問集 > 住宅・生活環境

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.