本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   母子家庭に対する医療費助成の制度について教えて下さい。
回答
横浜市では母子家庭・父子家庭・養育者家庭の方が病気やけがで医療機関に受診したときに、保険診療の自己負担額を助成するひとり親家庭等医療費助成事業があります。

<対象者>
横浜市内に住所があって,国民健康保険,社会保険などの健康保険に加入しているつぎの方が対象となります。
 ●ひとり親家庭の父又は母及び養育者
 ●ひとり親家庭の父又は母及び養育者に扶養されている18歳になった日以後最初の3月31日までの児童(中程度以上の障害にある場合,高等学校等に在学中の場合は20歳未満まで)

<この制度で言う「ひとり親家庭」とは>
 ●父又は母が死亡又は生死不明の場合 ●−父母が婚姻を解消している場合
 ●父又は母が重度の障害の状態にある場合(身体障害者福祉法による2級程度以上)
 ●父又は母が1年以上児童を遺棄している場合
 ●父又は母が法令により1年以上拘禁されている場合 …などの家庭をいいます。

<申請の方法>
児童扶養手当証書、健康保険証、印鑑
児童扶養手当証書をお持ちでない方は
●戸籍謄本 ●前々年分の所得証明書 ●身体障害者手帳等
をお持ちの上、お住まいの区役所保険年金課に申請して下さい。

詳しくはお住まいの区の区役所保険年金課保険係にお問い合わせください。

問い合わせ等詳細は関連ホームページを参照して下さい。

<関連ホームページ>
ひとり親家庭等医療費助成事業

Q&A番号:1126
Q&Aよくある質問集 > 健康・医療・衛生

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.