本文へジャンプ - トップメニュー|検索
Q&Aよくある質問集 > その他
 
Q&Aよくある質問集
横浜市コールセンター
 
質問   遊水池と調整池の違いはなんですか。
回答
 「横浜市開発事業の調整等に関する条例」第18条2項5号による、河道への負担を増加させない措置が必要な河川流域において、洪水の発生を防止し雨水の流出を抑制するために設置する池を「雨水調整池」といいます。また、同条例第18条2項6号による開発事業区域周辺の排水施設の整備状況が十分でない場合には、その周辺で溢水を発生させないため、排水を一時的に貯留する池を「遊水池」といいます。
なお、従前は開発面積1ha以上で設置された雨水流出抑制施設を遊水池、開発面積1ha未満で設置されたものを、調整池と呼んでいました。この名称は、過去に遊水池等の設置指導が開発面積に応じてそれぞれ違う部署で行っていた経緯によるものです。

問合せ先【道路局河川部河川計画課開発協議担当】
(TEL045−671−2898)

Q&A番号:1398
Q&Aよくある質問集 > その他

お問合せは「横浜市コールセンター」へ - 2005年04月01日作成
ご意見・お問い合わせ - callcenter@city.yokohama.jp - 電話: 045-664-2525 - FAX: 045-664-2828
©2005 - 2015 City of Yokohama. All rights reserved.